「子宮頸がん」のない世界を目指して!【予防できるがん】

子宮頸がん予防

 

結論ですが

「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」で子宮頸がんを予防することができます。

この記事は「自分の体のこと」「健康のこと」を考えているすべての女性向けに書いています。
この記事を読むことで「子宮頸がんの予防法」がわかります。

じつは、子宮頸がんは予防できるがんです。
すべての女性が正しい知識をもって行動すれば、「子宮頸がん」のない世界は実現することができます。

今回の記事では「子宮頸がんの予防」について説明していきたいとおもいます。

この記事のまとめ

  • 日本において「子宮頸がん」は若い女性で増えてきています。
  • 子宮頸がんのほとんどはHPVというウイルスが原因であり、「HPVワクチン」で子宮頸がんを予防することができます。
  • 「定期的な子宮頸がん検診」で子宮頸がんを予防することができます。
  • 「子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」の組み合わせで、子宮頸がんのほとんどが予防可能です。

日本において「子宮頸がん」は若い女性で増えてきています。

子宮頸がんは、近年若い女性で増えています。とくに20代・30代での増加が著しいです。
子宮頸がん検診が開始されて、一時減少していましたが、近年は残念ながら増加に転じています。
国立がん研究センターのデータでは、1年間に「約11000人」が子宮頸がんと診断され、「約2900人」が子宮頸がんで死亡しています。

じつは、子宮頸がんは予防できるがんです。
すべての女性が正しい知識をもって行動すれば、「子宮頸がん」のない世界は実現することができます。

「HPVワクチン」で子宮頸がんを予防することができます。

子宮頸がんの多くは、性交渉などによって「HPV(ヒト・パピローマウイルス)」というウイルスが子宮の入り口近い部分(子宮頸部)に感染することをきっかけに発生します。
HPVが持続感染すると、「異形成」という前がん病変を経て、「微小浸潤がん(いわゆる子宮頸がん)」に進行します。

「HPVワクチン」はHPVの感染自体を予防することで、「子宮頸がん」や前がん病変である「異形成」の発生を防ぐことができます。
現在日本で接種できるHPVワクチンは「2価ワクチン」(HPV16型・18型の感染予防)と「4価ワクチン」(HPV 6・11・16・18型の感染予防)があります。
HPVには多くの型があり、100種類以上が知られています。
「HPV 6型・11型」はがん発生には関与しませんが、「HPV16型・18型」は子宮頸がんになるリスクが非常に高く、日本における子宮頸がん症例の「約60%」で検出されています。
単純計算ですが、日本においてHPVワクチン接種すると子宮頸がんは「約60%」減ることになります。

「定期的な子宮頸がん検診」で子宮頸がんを予防することができます。

子宮頸がん検診を定期的に受けるだけで、がんが予防出来るってすごくないですか!?

これはどういうことなのか説明していきます。

くりかえしになりますが、子宮頸がんのほとんどは「HPV」と呼ばれるウイルスによる感染が原因です。
子宮頸部(子宮の入り口に近い部分)にHPVが感染し、持続感染すると「異形成」という前がん病変となります。
さらにHPVが感染している状態が続くと、「微小浸潤がん」という状態となります。

「微小浸潤がん」よりも進行した状態を「子宮頚がん」と呼びます。

HPVの感染から子宮頚がんになるまでは、数年から十数年かかると言われています。HPVの感染から子宮頚がんになるまでに時間的猶予があることがポイントになります。

つまり、「子宮頚がん検診」では、前がん病変である「異形成」を見つけて、それがガンに進行しないように早めに治療するということで、「子宮頸がん」の予防につながります。

「子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」の組み合わせで、子宮頸がんのほとんどが予防可能です。

「子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」の組み合わせることで、子宮頸がんの予防効果がさらに発揮されます。

くりかえしになりますが、「HPVワクチン」によってHPV16・18型が原因の子宮頸がんは予防することができ、日本における子宮頸がんの約60%減ることになります。

そして、この「HPVワクチン」でカバーされていない他の型のHPV感染に対しては、「子宮頸がん検診」を定期的に受診することで、そのほとんどを前がん病変のうちに診断・治療でき、子宮頸がんへの進展は防げることになります。

「HPVワクチン」の接種に関していうと、副反応に関しての過剰な報道などによって、現在ワクチン接種が普及できていない状態です。
先進国において子宮頸がんの患者数が低くなっている中、増加しているのは日本くらいであり、問題となっています。

子宮頸がんは、「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」によって撲滅できるガンです。正しい知識と行動によって子宮頸がんを予防していきましょう。

まとめ

  • 日本において「子宮頸がん」は若い女性で増えてきています。
  • 子宮頸がんのほとんどはHPVというウイルスが原因であり、「HPVワクチン」で子宮頸がんを予防することができます。
  • 「定期的な子宮頸がん検診」で子宮頸がんを予防することができます。
  • 「子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」の組み合わせで、子宮頸がんのほとんどが予防可能です。

自分自身の健康を守れるのは自分自身のみです。

そもそも産婦人科受診はハードルが高いと思いますが、正しい知識と行動によって子宮頸がんを予防していきましょう。

すべての女性が正しい知識をもって行動すれば、「子宮頸がん」のない世界は実現することができます。