妊娠したばかりですが、お腹が痛いです!【妊娠初期の腹痛】

妊娠中の悩み 妊娠中の症状

結論ですが

かかりつけに受診を相談しましょう。
まだ受診していなければ早めに産婦人科を受診しましょう。

この記事は妊婦さん向けに書いています。
妊娠中のさまざまな疑問、不安などが解決できればとおもっています。
今回は「妊娠初期におなかが痛くなった」場合、どうすればいいのか悩んでいる人に対しての記事です。

とくに、お腹の痛みの原因・検査・治療についての基本的なことを説明していきます。

この記事のまとめ

  • とくに異所性妊娠は命をおとす可能性があり見逃せない病気です。
  • 流産の可能性は意外と高いです。
  • 妊娠中にたまたま腹痛をきたす病気の可能性を想定します。

妊娠初期の腹痛

結論ですが妊娠初期にお腹が痛い場合には

  • かかりつけに受診を相談しましょう。
  • まだ受診していなければ早めに産婦人科を受診しましょう。

妊娠初期にお腹が痛い場合には、かかりつけに受診を相談しましょう。
妊娠初期には、妊娠に伴う変化によって生理痛のような痛みをきたすこともあります。しかし、腹痛をきたす重大な病気がみつかる場合があります。
かかりつけに連絡して、痛みに関する情報をつたえて「すぐに受診するべきか」「受診するとしたらどこの医療機関を受診するべきか」「家で様子をみて大丈夫なのか」確認することが大切です。

自分で市販の妊娠検査をして確認しているだけで、まだ産婦人科を受診していない場合は、かならず早めに受診しましょう。

「妊娠検査が陽性=正常妊娠」ではないです。

たしかに、妊娠反応が陽性だと正常妊娠のことが多いです。
しかし、妊娠検査が陽性の場合は他の病気の可能性もあります。
たとえば異所性妊娠など命をおとしうる病気が隠されている場合もあります。

まだ産婦人科を受診していない場合は、かならず早めに受診しましょう。

腹痛の原因

妊娠初期の腹痛の原因として、命を落とす可能性があり見逃してはいけない「異所性妊娠」、意外と頻度がおおい「流産」などあります。

腹痛の原因となる婦人科疾患として「卵巣腫瘍茎捻転」「卵巣腫瘍破裂」「子宮筋腫」などあります。

また、妊娠中にたまたま腹痛をきたす「虫垂炎」「憩室炎」「尿路結石」などの病気がおこってしまうことも想定します。

異所性妊娠

異所性妊娠は、大量出血から命を落とす可能性があり見逃してはいけない疾患です。
とくに、妊娠反応が陽性にもかかわらず子宮内に赤ちゃんの袋が見えていない場合は「異所性妊娠」をうたがいます。
異所性妊娠で、妊娠成分が破裂すると、お腹の中に大量多量をきたし、場合によっては命を落とす可能性もあります。異所性妊娠は見逃してはいけない疾患です。

流産・切迫流産

妊娠週数が浅い(妊娠22週未満)うちに赤ちゃんが出てしまうことを「流産」といいます。流産になりそうな状態を「切迫流産」といいます。
皆さんが思っているより、流産の頻度は高いです。
自然流産率は約15%であり、単純計算すると6-7回妊娠したら1回は流産を経験することになります。なお、原因不明のことがおおいです。

婦人科疾患

卵巣腫瘍や子宮筋腫など卵巣や子宮が腫れている場合、腹痛の原因になることがあります。
卵巣が腫れて卵巣腫瘍がある場合、それが捻じれてしまうと「卵巣腫瘍茎捻転」となり激しい腹痛を来します。
また、卵巣腫瘍が大きくなって破裂すると「卵巣腫瘍破裂」となり激しい腹痛を来します。
また、もともと「子宮筋腫」がある場合、妊娠にともなうホルモンや血流が変わることによって、子宮筋腫の部分が痛くなることがあります。また、筋腫の形によっては捻じれてしまたり、感染することによって腹痛を来すこともあります。

その他

妊娠中にたまたま腹痛をきたす病気がおこってしまう可能性もかんがえておく必要があります。妊娠する女性の年齢をかんがえると、腹痛の原因として「虫垂炎」「憩室炎」「尿路結石」などが比較的おおいです。
みつかった場合は、産婦人科の病気ではないので、他の科に診察をおねがいすることになります。

腹痛の検査

妊娠初期の腹痛の原因を紹介してきました。
それらを診断するためにどういった検査をおこなうか説明していきます。

視診・触診

お腹をみて、触ったりして痛みの部位を確認します。
押して痛むのか、離したときに痛むのか、押したときにお腹に力が入るのか、評価します。

エコー

腟口からエコーの器械を挿入したり、お腹の上からエコーを当てて検査します
とくに「赤ちゃんの状態」「子宮・卵巣・卵管などに異常がないか」「腹水の有無」などを確認します。

腟鏡診

「腟鏡(クスコ)」という器械を用いて、腟内や子宮の入り口付近を観察します。
出血の有無などを確認します。

妊娠検査

妊娠したときに「hCG」というホルモンが出てきます。
妊娠反応では、おしっこに「hCG」というホルモンが存在するか確認します。
必要があれば血液検査で「hCG」を測ります。
とくに「異所性妊娠」や「流産」を診断するときに用いられます。

尿検査

おしっこに血液がまざっていないか、おしっこに感染がないかなど検査します。

血液検査

炎症反応などを評価します。

治療

腹痛の原因にはさまざまあります。
そのうち代表的な病気の治療法を紹介します。

異所性妊娠

異所性妊娠の場合は基本的に手術をおこないます。
条件がそろえば、手術でなく「MTX」という薬を使う治療をおこなうこともあります。

流産

残念ながら流産となってしまった場合は、赤ちゃんが流れるのをおさえる方法はないので、自然にみていきます。
また、赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまって、そのまま残ってしまった場合「稽留流産」といいます。「稽留流産」はそのままにしておくと、感染や死産児症候群という合併症をおこす場合があるので、どこかで時期をきめて手術をする必要があります。

卵巣腫瘍茎捻転

卵巣腫瘍が捻じれてしまった場合、そのままにしておくと卵巣腫瘍の組織が壊死してしまう場合があるので、手術をする必要があります。
妊娠中の手術ということで、おなかの中の赤ちゃんを考慮して安全して妊娠が継続するために、手術方法や使用するくすりなど注意しなければいけないことがあります。

まとめ

妊娠初期にお腹が痛い場合には、

かかりつけに受診を相談しましょう。
まだ受診していなければ早めに産婦人科を受診しましょう。

とくに異所性妊娠は命をおとす可能性があり見逃せない病気です。
受診をして確認してもらいましょう。

また、流産の可能性は意外と高いです。
みなさんが思っているよりも流産の頻度は多いです。

妊娠中にたまたま腹痛をきたす病気がおこる可能性なども想定して、診察などおこないます。

繰り返しになりますが、
妊娠初期にお腹が痛い場合には、

命をおとす可能性のある病気がかくれていることもあるため、かかりつけに受診を相談しましょう。
まだ受診していなければ早めに産婦人科を受診しましょう。