妊娠していますが、予防接種をうけていいですか?【妊娠中の予防接種】

妊娠中の生活

結論ですが

予防接種には「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類ありますが、妊娠中は基本的に「生ワクチン」の接種はおこないません。

この記事は「妊娠中の女性」に向けてに書いています。
この記事を読むことで「妊娠中の予防接種」についてわかります。

たとえば、冬の流行時期にさしかかった場合、妊娠中だけどインフルエンザの予防接種をうけていいものか悩む人は多いかとおもいます。
予防接種を接種することによって、予防可能な病気を予防すること、病気にかかってしまっても重症化を防ぐということが重要です。

 しかし、妊娠中に予防接種をうけて、おなかの中の赤ちゃんに影響がでないか心配するかとおもいます。

ちなみに、これから赤ちゃんが生まれてきた場合、そのこどもが成長するにつれて様々な必要な予防接種を受けることになります。
妊娠中の今のうちに予防接種に対しての知識を深めることは大切です。

今回は「妊娠中の予防接種」について説明していきたいと思います。

この記事のまとめ

  • 予防接種には生ワクチンと不活化ワクチンの2種類あります。
  • 妊娠中は、基本的に生ワクチン接種は行いません。授乳中は、生ワクチンと不活化ワクチンのいずれも接種可能です。
  • 予防接種の計画は、医師と相談することが大事です。

予防接種の種類

予防接種には主に「生ワクチン」をつかうものと「不活化ワクチン」をつかうものの2種類あります。
妊娠中の場合は「生ワクチン」の接種は、理論上ワクチンの成分であるウイルスが胎児に移行する危険性があるため、通常は行いません。
また、「不活化ワクチン」は「有益性」が「危険性」を上回ると判断された場合に摂取が可能です。医療介入はなんでもそうですが、「有益性」と「危険性」を天秤にかけておこなうかどうか決めます。それは妊娠していない場合も同様です。

妊娠中の予防接種

妊娠中の場合は「生ワクチン」の接種は基本的におこないませんが、「不活化ワクチン」の接種は「有益性」が「危険性」を上回ると判断された場合におこなうことができます。
たとえば、インフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」です。
妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合、母体が重症化してしまうリスクがあります。また、インフルエンザ感染によって「流産」や「早産」につながることがあります。
それらを予防するために、インフルエンザの流行時期の前には是非ともワクチンを打っておきたいところです。

授乳中の予防接種

また、お産がおわって赤ちゃんに授乳している場合は、「生ワクチン」と「不活化ワクチン」ともに母乳の安全性に影響を与えないため、いずれも使うことができます。
ちなみに「生ワクチン」である風疹ワクチンは母乳に分泌されることが確認されており、児に対して無症候性感染を起こすことが知られています。しかし、実際に心配な影響を与えることはなく安全に予防接種をうけることが可能です。

妊娠中の検査で、風疹の抗体価が16倍以下だった妊婦さんは、むしろ産後にワクチン接種がすすめられます。
次回の妊娠時における風疹にかかってしまうリスクを少なくすることにつながります。また、風疹の抗体が高いひとがひとりでも増えれば、社会全体として風疹に対する免疫力があがることにつながります。
つまり、風疹に対する抗体陽性率が上昇すれば、社会全体として風疹に罹患する人が少なくなることにつながり、パンデミックの予防につながります。
風疹の抗体価が低い人は是非ともワクチン接種をしておきたいところです。

予防接種を安全に受けるためには

妊娠をしていない場合も、予防接種にはある一定確率で副作用がおこる可能性があります。
くすり全般的にもいえることですが、予防接種によって、発熱・かゆみ・発疹などのアレルギー反応がおこることがあります。また、重症化すると呼吸困難や血圧低下などのアナフィラキシーショックをおこることがあります。
妊娠の有無、授乳の有無にかかわらず、しっかりと問診票に記入し必要な質問に答えて、安全に予防接種が可能かどうか判断してもらいましょう。
予防接種を希望する場合は、安全に接種できるか医師に相談することが大切です。

なお、生ワクチンと不活化ワクチンは以下のとおりです。

まとめ

予防接種には「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類あります。

妊娠中は基本的に「生ワクチン」の接種は行いません。授乳中は「生ワクチン」と「不活化ワクチン」のいずれも接種することが可能です。

予防接種を希望する場合は、医師と相談することが大事です。

予防接種の進歩によって、おおくの感染症を制御することが可能になってきています。
新型コロナウイルスによる感染で社会的な打撃をうけている現在、新型コロナウイルスに対するワクチン開発が一つの武器になるかと思います。

新型コロナウイルスの感染が制御されて、一日でもはやく感染が収束されることを願っています。