妊娠中ですがB型肝炎の検査が陽性といわれました【母子感染症】

妊娠の異常

結論ですが

妊娠のB型肝炎の検査が陽性の場合、「B型肝炎の活動性」「妊婦自身の肝臓機能」を検査し、「赤ちゃんへの感染予防」を行います。

この記事は「妊娠中の女性」に向けて書いています。
妊娠中のさまざまな疑問、不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「妊娠中のB型肝炎」についてわかります。

妊婦健診では、血液検査でB型肝炎の抗原の検査をおこないます。
その検査結果でひっかかってしまった場合について説明します。

B型肝炎ウイルスの感染がわかった場合には「妊婦自身の肝臓が大丈夫か確認する」「赤ちゃんへの感染を予防する」という2つの視点が大事になってきます。

今回は、「妊娠中のB型肝炎」について説明していきたいと思います。

この記事のまとめ

  • 妊娠初期のB型肝炎ウイルスの検査「HBs抗原」が陽性の場合、追加検査をしてB型肝炎の活動性をしらべます。
  • 妊婦さん自身の肝臓が大丈夫なのか専門医に診察してもらいます。
  • B型肝炎の母子感染予防のために、赤ちゃんが産まれたあとに「B型肝炎ワクチン」と「B型肝炎グロブリン」の注射をします。

B型肝炎ウイルスの感染の妊婦の対応

B型肝炎ウイルスの感染がわかった場合には、「妊婦自身の肝臓が大丈夫か確認すること」「赤ちゃんへの感染を予防すること」という2つの視点が大事になってきます。

そもそもB型肝炎ウイルスって何なのか、どんな検査をおこなっているのか、どんな追加の検査をおこなうのか、検査が陽性だった場合どのように対応するのかという順でみていきます。

B型肝炎ウイルスって何ですか?

B型肝炎ウイルスは感染すると肝臓に炎症がおこします。
感染が継続すると、「慢性肝炎」→「肝硬変」→「肝がん」という変化をおこします。無治療で放置しておくと「肝がん」になってしまう可能性があるため、しっかりと対応することが大切です。
肝臓は沈黙の臓器といわれ、多少のダメージをうけても症状があらわれにくいことが多いです。症状はないけど、検査をしてはじめて肝臓の異常がわかることが多いです。
ちなみに、急性肝炎などの肝機能障害によって、「全身倦怠感」「食欲不振」「黄疸」などの症状が現れます。重症化して肝機能不全になると、「腹水」がたまったり、「意識障害」などの症状が出てきます。

妊婦健診で行われるB型肝炎の検査は何ですか?

妊娠初期にほぼすべての妊婦さんに血液検査をおこないます。
そこで「HBs抗原」というB型肝炎ウイルスの検査がおこなわれます。HBs抗原が陽性の場合のほとんどがB型肝炎をもっている「キャリア」ということになります。
つぎにB型肝炎ウイルスがどの程度の活動性をもっているのか追加の検査をおこないます。血液検査で、「ALT」「AST」などの肝機能検査や、「HBe抗原」B型肝炎ウイルスのDNA量」などのB型肝炎ウイルスの検査をおこないます。
B型ウイルスの活動性が高いようであれば、妊娠中でもB型肝炎に対する治療も考慮しなければならないです。また、赤ちゃんへの感染リスクも高くなるので、後ほど説明する母子感染予防策もしっかりとおこなう必要があります。

妊婦自身の肝臓の評価

B型肝炎ウイルスの感染がわかった場合には、消化器内科(とくに肝臓を専門としている専門医)に紹介して診察していただきます。必要があれば妊娠中でも治療をすることが重要です。
妊婦自身の治療でB型肝炎の病状をおさえることが、赤ちゃんへの感染予防にもつながります。

赤ちゃんの感染予防

感染経路

成人におけるB型肝炎ウイルスの感染経路は、血液や性行為を介して感染する「水平感染」がほとんどです。とくに「針の使いまわし」や、「輸血」による血液を介する感染が多いです。
一方、赤ちゃんにおけるB型肝炎ウイルスの感染経路は、産道感染による「垂直感染」がほとんどです。陣痛が来る前の胎内での感染は報告はありますがごくまれです。また、赤ちゃんが産まれたあとに、血液などを介して感染する「水平感染」の可能性もあります。

赤ちゃんへの感染予防

B型肝炎の母子感染予防は、1995年から国家事業として確立されておこなわれています。適切に予防対策をとられた赤ちゃんに感染はほとんどみとめられていません。
じつは分娩方法は帝王切開の必要はなく経腟分娩で大丈夫ですし、母乳感染は否定的であり母乳栄養を制限する必要はないです。

具体的な感染予防法

①「HBs抗原検査が陽性」の場合には、生後できるだけ早く(できれば出生後12時間以内)に「B型肝炎ワクチン」と「B型肝炎グロブリン」の注射をします。
②③そして、生後1カ月・生後6カ月で「B型肝炎ワクチン」の注射をします。
つまり「B型肝炎ワクチン」は計3回、「B型肝炎グロブリン」は1回おこないます。

そして、生後9-12カ月でB型肝炎の検査(HBs抗原・HBs抗体)をおこないます。
「HBs抗原が陽性」の場合は、B型肝炎のさらなる検査が必要であり、専門医療機関に紹介します。
「HBs抗原が陰性」の場合でも、「HBs抗体が陰性」の場合には、抗体をつけるために追加の「B型肝炎ワクチン」の注射をおこないます。
「HBs抗原が陰性」の場合で、「HBs抗体が陽性」の場合には、B型肝炎の予防成功と判断します。

まとめ

妊娠初期のB型肝炎の検査である「HBs抗原」が陽性の場合、「肝機能」や「HBe抗原」などの追加検査をしてB型肝炎の活動性をしらべます。

「HBs抗原」が陽性の場合、妊婦さん自身の肝臓が大丈夫なのか専門医に診察してもらいます。

B型肝炎の母子感染予防のために、赤ちゃんが産まれたあとに「B型肝炎ワクチン」と「B型肝炎グロブリン」の注射をします。

妊婦健診では様々な検査がおこなわれます。
今まで健康で病院を受診したことのない人の場合、検査がたくさんで驚くかと思います。そして、検査でひっかかってしまった場合、それが何を意味しているのかその場で理解するのはかなり難しいかと思います。

妊娠中の場合はとくに、妊婦自身の健康にくわえて、赤ちゃんに影響をあたえるもの、妊娠・分娩経過に影響することも検査することになるので、検査自体も多くなりますし、理解するのも大変になります。
とはいえ、自分自身だけでなく赤ちゃんを守る意味でも、少なくとも検査がひっかかった項目に関してはしっかりと理解するようにしましょう。

この記事によって、「B型肝炎」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。