妊娠中はシートベルトをしなければいけないですか?【妊娠中の運転】

妊娠中の悩み 妊娠中の生活

結論ですが

妊娠中でもしっかりとシートベルトを装着しましょう

この記事は「妊娠中の女性」に向けて書いています。
妊娠中のさまざまな疑問、不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「妊娠中の車の運転」についてわかります。

妊娠したら今まで普通に生活していた景色がいっきに変わります。
そして妊娠すると気を付けなければいけないことが多すぎて混乱してしまう人も多いです。

妊婦さんはシートベルトは着けなくてもいいという噂を聞くこともあるかと思います。結論をいうと、妊娠中でも必ずしっかりとシートベルトを装着するようにしましょう。

では、今回は「妊娠中のシートベルトふくめ車の運転」について説明します。

この記事のまとめ

  • 母児ともに死亡率低下が期待できるため妊娠中でも必ずシートベルトを正しい方法で装着しましょう。
  • 万が一の事故のときに子宮のダメージが抑えらるようにシートベルトは子宮を横断しないように装着しましょう
  • 基本的に妊娠中だからといって車の運転を制限する必要はないですが、妊娠中は何がおこってもおかしくないということは頭の中に入れておきましょう。

妊娠中もシートベルトを装着しましょう

妊娠中はシートベルトしなくてもいいは誤解です

妊娠中もそうでない時もシートベルトが着用するようにしましょう。
道路交通法(26条3の2)において「負傷もしくは障害のため又は妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上又は健康保持上適当でない者が自動車を運転するとき」はシートベルトの着用義務が免除されると記載があります。
これが拡大解釈されて妊娠中はシートベルトを装着しなくてもいいと思っているようです。
たしかに多胎妊娠でお腹が大きすぎてシートベルトの着用が難しい場合、大量出血など緊急事態によってシートベルトの着用が困難な場合などが上記に該当するかと思います。このような緊急事態では、乗用車でなく救急車を利用するのが適切だと考えられます。

シートベルト着用で母児死亡率が低下します

交通事故を起こしたときに、シートベルト着用していることで母児死亡率が低下するというデータがあります。
とくに交通事故によって、お腹を強く打撲して「常位胎盤早期剥離」「子宮破裂」を引き起こしてお腹の中の赤ちゃんが死亡してしまったり、骨盤骨折や外傷性気胸など母体に「重症外傷」が起こり母体死亡につながります。
万が一事故がおこったときに、シートベルトを着用することによってダメージを抑え重症化することを防ぐことができます。
運転席だけでなく助手席や後部座席に座るときにも必ずシートベルトは装着するようにしましょう。

シートベルト着用妊婦は交通事故遭遇率が低い

実は、シートベルトをしっかりと着用する妊婦さんは、着用しない妊婦さんに比べて、そもそも交通事故に遭遇する確率が低いというデータがあります。
車に乗るときには必ずシートベルトをすることを心がけましょう。逆に、シートベルトをしないくらい心の余裕がなかったする場合には、交通事故に遭遇する確率が上がるので、緊急性がなければ運転自体控えることも考えましょう。

シートベルトは正しい方法で装着しましょう

せっかくシートベルトするのであれば正しい方法で着用しましょう。正しくシートベルトが装着できていないと、万が一の事故にあったときに体へのダメージを抑える効果がいまいちとなり、重症な外傷となる可能性が高くなります。

このように、シートベルトが子宮を横断しないようにしましょう。
ベルトが子宮を横切ってしまうと、事故にあったときにシートベルトが直接子宮にダメージが加わることになってしまい、腹部に強い衝撃が加わることになります。
「肩ベルト」は胸の間を通し、子宮の横をとおすようにします。そして「腰ベルト」は腰の低い位置において、子宮を横切らないようにしましょう。

そもそも妊娠中に車の運転はしてもいいですか?

妊娠中は何がおこってもおかしくない

妊娠中は何がおこってもおかしくないです。
何が起こった場合に備えて、できれば妊婦さん一人の運転ではなく他に同乗者がいたり、可能であれば他の人に運転してもらった方が良いでしょう。

体調が悪い場合には運転を控えましょう

妊娠中は体調が悪くなることが多くなります。体調が悪い場合には運転を控えましょう。
また、長時間の運転は体に負担がかかります。さらに妊娠中は「血栓」という血液のかたまりができやすいため、長時間の運転で同じ姿勢になることは避けましょう。長時間の運転となる場合には定期的に休息を入れるようにしましょう。

遠方への運転はオススメしません

また、何かあったときにかかりつけの産婦人科を受診できないような遠い場所への運転はオススメしません。
基本的に妊娠中だからといって車の運転を制限する必要はないですが、妊娠中は何がおこってもおかしくないということは頭の中に入れておきましょう。

まとめ

母児ともに死亡率低下が期待できるため妊娠中でも必ずシートベルトを正しい方法で装着しましょう。

万が一の事故のときに子宮のダメージが抑えらるようにシートベルトは子宮を横断しないように装着しましょう

基本的に妊娠中だからといって車の運転を制限する必要はないですが、妊娠中は何がおこってもおかしくないということは頭の中に入れておきましょう。

妊婦さんはシートベルトは着けなくてもいいという噂を信じて、シートベルトを着用していない人は意外と多いです。
自分自身だけでなく、お腹の中の赤ちゃんの命を守る意味でも、必ず車に乗るときにはシートベルトを正しい方法で着用するようにしましょう。
そして、運転席のときだけでなく、助手席や後部座席に座るときにも必ずシートベルトをするようにしましょう。

この記事によって、万が一の事故にあったときに悲しい思いをするような人が一人でも少なくなることを願っています。