子宮内膜症っていわれました【子宮内膜症】

婦人科の病気

結論ですが

子宮内膜症の治療は、「症状の程度」「病変の部位」「今後の子供の希望」「年齢」など総合的に判断して行われます。

この記事は「病気を指摘された」女性に向けて書いています。
女性特有の病気に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「子宮内膜症」についてわかります。

月経の痛みがひどい場合、子宮内膜症の可能性があることを説明される場合は多いです。

子宮内膜症があるかどうかは、明らかな卵巣の腫れや内膜症病変があればエコーなどの画像検査で診断することは可能です。
しかし、小さい子宮内膜症の病変の場合は手術をしてお腹の中を実際に見てみないとわからないことが多いです。

今回「子宮内膜症」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織の病変が子宮内以外の部位に生じる疾患です。
  • 子宮内膜症によって「月経痛」「下腹部痛」「不妊」などの症状がおこります。
  • 子宮内膜症の治療は、「症状の程度」「病変の部位」「今後の子供の希望」「年齢」など総合的に判断して行われます。

子宮内膜症ってどんな病気ですか?

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織の病変が「卵巣」「腹膜」「子宮の周り」など子宮内以外の部位に生じる疾患です。内膜症病変が卵巣に生じた場合、卵巣の中にチョコレートのような液体がたまって卵巣が腫れる「チョコレートのう胞」が認められます。
子宮内膜症は女性ホルモンによって悪化するため、女性ホルモン分泌量が多い20歳代から30歳代に多く認められます。月経とともに病変は悪化するので、月経が来なくなる「妊娠」や「閉経した後」は病変の発生は減少します。

子宮内膜症はどんな症状がおこりますか?

月経痛

子宮内膜症は月経とともに病変は悪化します。月経を重ねるごとに月経痛もひどくなっていきます。

下腹部痛

子宮内膜症によって、子宮や卵巣・卵管まわりが腸や腹膜と癒着してくっついてしまいます。
すると、慢性的な腹痛とくに骨盤痛を来したり、性交渉や排便をするときに痛くなってしまいます。

不妊

妊娠が成立するためには、「精子」と「卵」が受精して「受精卵」となって子宮内に着床する必要があります。子宮内膜症によって、とくに卵管まわりが癒着してくっついてしまうと、「精子」や「卵」「受精卵」の通り道が妨げられてしまい「不妊」の原因となります。

子宮内膜症はどんな検査をおこないますか?

内診

両手を使って、「お腹」からの腹診と「腟口」からの内診指の両方から挟み込むようにして「子宮」や「卵巣」などを診察します。
とくに「子宮が後ろに傾いているか」「子宮の動きが良いか」「子宮や子宮のまわりを押して痛みが生じるか」「卵巣が腫れているか」など確認します。

エコー

エコー検査で「子宮が後ろに傾いているか」「卵巣が腫れているか」など確認します。卵巣が腫れている場合、子宮内膜症による腫れなのか詳しく評価するために「MRI」など追加の画像検査をおこないます。

血液検査

子宮内膜症にともなって「CA125」という腫瘍マーカーが上がるので測定します。ただし、「CA125」は卵巣がん・すい臓がんなどの悪性疾患でも上がるので、あくまで補助的に検査することになります。

子宮内膜症はどんな治療をおこないますか?

子宮内膜症の治療は、痛みなどの症状の程度、病変の部位、今後の子供の希望、年齢など総合的に判断して行われます。

対症療法

子宮内膜症にともなう症状があれば、それを落ち着かせる「対症療法」をおこないます。たとえば、月経痛や下腹部痛など「痛み」があれば「痛み止め」や「漢方」などを使用します。

低用量ピル

低用量ピルは月経に関係した症状をおさえる効果が期待できます。内膜症にともなう月経痛などの症状が改善されます。また、低用量ピルは内膜症の病変自体を縮小し改善する効果もあります。

黄体ホルモン

月経は子宮内膜が厚くなって、それが剥がれてきて起こります。黄体ホルモンであるプロゲスチン製剤をつかうと、子宮内膜が厚くなるのを抑え月経は来なくなるので、子宮内膜症は改善します。

偽閉経療法

閉経して月経が来なくなると子宮内膜症は改善します。GnRHアゴニストというくすりを使い、閉経とおなじようなホルモン環境にすることで子宮内膜症の改善を期待します。

手術

子供を希望する場合は、子宮内膜症病変のみ「摘出術」もしくは「焼灼術」がおこなわれます。とくに子宮内膜症によって「チョコレートのう胞」を認める場合は「卵巣のう胞摘出術」が行われます。

子供を希望しない場合は、根本的治療となる「子宮全摘出術および両側卵巣・卵管摘出術」がおこなわれます。ただし、閉経前の年齢であれば、更年期障害や骨量やコレステロールなど将来の健康への影響を考えて正常側の卵巣は残す場合が多いです。

まとめ

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織の病変が子宮内以外の部位に生じる疾患です。

子宮内膜症によって「月経痛」「下腹部痛」「不妊」などの症状がおこります。

子宮内膜症の治療は、「症状の程度」「病変の部位」「今後の子供の希望」「年齢」など総合的に判断して行われます。

「子宮内膜症」に対して正しい知識をつけて、対策をして備えることが大切です。

この記事によって「子宮内膜症」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。