富裕層は知っている「健康」の大切さ【ヘルスケア総論】

ヘルスケア

結論ですが

人生をよりよくするために「健康」であることが大切です。

この記事は「健康について考えたい」ひと向けに書いています。
この記事を読むことで「健康の大切さ」がわかります。

突然ですが、「健康」とはなんでしょうか?

考えていくと意外と難しいです。
「健康」という言葉を耳にしたり、使ったりすることがあると思いますが、あらためて「健康ってなにか」といわれるとよくわからなくなってしまいます。

  • 健康は良いこと
  • 年を重ねてもいつまでも健康でいたい
  • 病気にならないで健康でいたい
  • 毎日が健康でいきいきとしていたい
  • あの人は健康的でいいね

など「健康」にはポジティブな印象があるかとおもいます。


これからは人生100年時代です。
長い人生をよりよく過ごすために「健康」について知ることが大切です。

今回の記事では「健康」について説明していきたいとおもいます。

この記事のまとめ

  • そもそも健康とはなにか?
  • 健康でないとどうなるのか?
  • 健康になるために何をすればいいのか?

そもそも健康とはなにか?

健康とは何かについていうと実はかなり難しいです。
何となく健康に過ごすとか、あの人は健康的だとか表現されますが、イメージとして何となくわかりますが、健康という言葉を定義しようとすると難しいです。

そして専門家たちも「健康」というものをどう定義するべきか長年試行錯誤しています。

WHO憲章で定義されている健康は
「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態にあることであり、単に疾病または虚弱ではないということではない
とされています。

「身体的」に良い状態とは、からだを動かすことができることです。
「精神的」に良い状態とは、自分で考え行動などができることです。
「霊的」(spiritual)に良い状態とは、信じている宗教や信条などが良いということです。
「社会的」に良い状態とは、社会の中でうまく生活していくことが出来るということです。

健康でないとどうなるのか?

健康であることが、「仕事」「家事」「育児」「介護」など様々な活動を営むうえで大前提となります。また、日常生活を行ったり、スポーツなどの様々な「趣味」を楽しむうえでも重要となってきます。

さきほどの健康の定義をもとに、健康が侵されてしまったら…について考えていきます。

身体的な健康が侵されてしまったら、うまく体を動かすことができなくなります。

精神的な健康が侵されてしまったら、意欲が低下して何もする気がなくなってしまったり、自分の頭で考えて行動することができなくなります。

霊的(spiritual)な健康は、無宗教の日本ではあまり想像つかないかと思います。
霊的な健康が侵される極端な例ですが、他の人を傷つけて命を奪うことが良しとする宗教や信条とするようなテロ集団のような集団が挙げられます。
他人の健康を害するおそれ、ひいては自分自身の健康を害することにつながる可能性があり、社会的にも治安的にも問題となります。

社会的な健康が侵されてしまったら、社会という仕組みのなかで生活できなくなるということです。

昔から、人間は集団生活をしてきました。社会という仕組みの中でお互いを支えあって生活をしてきました。
現代では多少かたちは変わっていますが、社会の中でうまく生活するということが、一生物としての人類が生存し、種の繁栄する等の観点でとても重要になっています。

結局、社会でうまく生活することが出来るために「身体的」「精神的」「霊的」健康が前提となります。
しかし、「身体的」「精神的」「霊的」健康が侵されてしまっても、社会的なサポートなどによって補うことも可能です。

たとえば、あしが不自由で車いす生活をしている人に対して、バリアフリーな社会になることによって、とくに障害を感じることなく生活可能となったりします。
身体・精神障害者に対する、生活支援・就労支援などで生活ができるようになっていたりします。

社会全体の意識改革・仕組み作りによって、より多くの人が社会生活を可能になるという視点も重要になってきます。

健康になるために何をすればいいのか?

健康になるためには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。

健康増進

健康増進とは、健康を増進させて「生活の質」(QOL)や「健康寿命」などを高めていくことです。
オタワ憲章では「人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセスである」とされています。
つまり、医療者主体でなく、患者自身や住民が主体となって取り組むことが大切です。

とくに、「運動」「食生活」「睡眠」「心身の体調管理」などが当てはまります。
昔からよくいわれるように、適度な運動習慣・栄養バランスのとれた食生活・十分な睡眠・規則正しい生活などが健康を増進するために大切です。

疾病予防

疾病予防は、健康を阻害する可能性のある疾病を予防しようという考えです。
疾病の発症自体を防ぐ「1次予防」、疾病の重症化を防ぐ「2次予防」、疾病による後遺症を防ぐ「3次予防」に分けられています。

また、健康を阻害する「メタボリックシンドローム」「ロコモティブシンドローム」「認知機能障害」という3大因子があり、それらを予防することが大切になります。

まとめ

そもそも健康とは「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態にあることであり、単に疾病または虚弱ではないということです。

「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)に良い状態が「社会的」健康の前提となります。逆に「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)健康を侵されてしまっても、社会的なサポートなどによってそれらを補うことも可能です。

健康に過ごすためには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。

富裕層は、自分のからだ・健康というものに価値をとても置いています。
健康のためには「お金」や「時間」を惜しまないです。

健康であることが、「仕事」「家事」「育児」「介護」など様々な活動をおこなう上で前提となります。

長い人生をよりよく生きるために、「健康」についてあらためて考えてみてはいかがでしょう。