生理のいたみがひどいです、なんとかしてほしいです!!【月経痛】

月経の悩み

結論ですが

生理のいたみがひどくて困っている場合は産婦人科を受診して相談しましょう。

この記事は「生理痛がひどくて困っている」女性向けに書いています。
この記事を読むことで「生理痛がひどいときにどうするのか」がわかります。

毎回、生理がくるたびに痛みがひどくてイヤになることありませんか?

痛みがひどすぎて、仕事が大変だったり、洗濯やそうじなどの家事をするのも大変だったりするかとおもいます。
生理の痛みがひどくなると、痛みでぐったりして、なにも出来ずに1日が終わってしまうなんてことも…

生理休暇をもうけている職場もあるようですが、生理のつらさはなかなか人にはいえないし、まだまだ日本は受け入れてくれるような社会ではないように感じます。

今回、生理の痛みがひどい場合、どのような治療や検査がおこなわれるのか説明していきたいと思います。

この記事のまとめ

  • 生理痛の原因はおもに、子宮の「炎症」と「けいれん」であり、それらをおさえることで痛みがやわらぎます。
  • 生理痛の治療は、「鎮痛剤」「ピル」「漢方」などがあります。その他、「子宮内避妊具」「鎮痙薬」などがあります。痛みのあきらかな原因がわかれば、その治療を優先しておこないます。
  • 生理痛の原因は、「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの子宮やそのまわりの病変、「クラミジア」「淋菌」「一般細菌」などの感染症などがあります。他にも「子宮頚管狭窄」「月経への不安」などが原因となることもあります。

月経痛をおさえるためには

生理の痛みをおさえることをかんがえるうえで、生理の痛みはなぜおこるのか理解しておく必要があります。

結論をいうと
生理痛の原因はおもに、子宮の「炎症」と「けいれん」です。

生理のときに、プロスタグランジンなど炎症をひきおこす物質が分泌されて生理の痛みをひきおこします。

また、生理は厚くなった子宮内膜が剥がれおちて、子宮の外に出てくることでおこります。
月経血が子宮の外に出てくるときに「子宮のけいれん」がおこり、痛みをひきおこします。

つまり、生理の痛みをおさえるためには
痛みの原因である子宮の「炎症」や「けいれん」をおさえるということが重要になります。

月経痛の治療

生理の痛みをおさえる方法として「NSAIDs」とよばれる種類の「鎮痛剤」があり、使用することがおおいです。

また、「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンの成分をふくむくすりである「ピル」や、症状や兆候である「証」を判断して使い分けられる「漢方」などがあります。

その他、「子宮内避妊具」を子宮内に挿入して留置する方法や、「鎮痙薬」をつかう方法、はっきりとした痛みの原因がわかればそれを治療する方法などがあります。

鎮痛剤

生理のときの痛みをおさえる方法として「NSAIDs」とよばれる種類の「鎮痛剤」があり、使用することがおおいです。

これは、生理痛の原因である「炎症」をおさえることで痛みをおさえてくれます。

ドラッグストアなどで売られている市販の生理痛のくすりの中にも、このNSAIDsというタイプのくすりが多いです。

ピル

「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンの成分をふくむくすりであるピルをつかうことがあります。

もともとピルは、妊娠をしないためにのむくすり「経口避妊薬(OC)」として使われていました。

じつはピルをのんでいるひとは、生理痛をやわらいだり、生理の量がすくなくなるなどの生理の症状をやわらげる効果もあることがわかってきました。

それを利用して、生理の痛みをおさえるために使われることがあります。

なお、ピルはのんでいる間は一時的に子供ができない状態になりますが、のむのをやめたらとくに問題なく妊娠することは可能です。

漢方

女性の3大漢方とよばれる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」があります。

「証」をみてこれらを使い分けるとともに、実際に効果があるかどうかによって調整していきます。

ほかにも月経の痛みをおさえる効果がある「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」などがつかわれます。これは、こむらがえりなどにも使われるくすりで、子宮の筋肉のけいれんに対して効果があります。

その他

子宮内避妊具

子宮の中に挿入する「子宮内避妊具」があります。「避妊用リング」とよばれることもあります。

その中で、ノボノルゲストレルとよばれる黄体ホルモンを放出するタイプのものがあり、生理の痛みをやわらげる効果や、生理の量をすくなくする効果があります。

基本的に「子宮内避妊具」を挿入している状態だと妊娠しないです。
しかし、「子宮内避妊具」をぬいて抜去すると、妊娠できる状態にもどります。

鎮痙薬

「ブチルスコポラミン」という「鎮痙薬」があります。

このくすりによって、生理の痛みの原因である「子宮のけいれん」がおさえられ、痛みがおさえられます。

このくすりは、腸がうごきすぎて痛むこと(腸のぜん動痛)への治療によく使われます。

原因への治療

のちほど説明しますが、生理の痛みの原因はさまざまあります。

原因がわかった場合は、基本的には原因に対する治療を優先しておこないます。

月経痛の原因

生理の痛みの原因として、内診やエコー検査などで「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの「子宮やそのまわりの病変」がないか確認します。

子宮やおなかの中などの感染症がないかどうか、「クラミジア」「淋菌」「一般細菌」などのおりもの検査をしたり、感染したときに上昇する白血球やCRPなどの「炎症反応」を血液検査で評価したりします。

その他、子宮の入口がせまくなってしまう「子宮子宮頚管狭窄」、生理への不安やネガティブな感情から生理痛をつよく感じてしまうことなどがあります。

子宮やそのまわりの病変

生理の痛みの原因として、まずは内診やエコー検査などで「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの「子宮やそのまわりの病変」がないか確認します。

病変をみとめた場合、必要におうじてCTやMRIなどのさらなる画像検査をしてくわしく評価していきます。

「子宮筋腫」は子宮にコブができる疾患です。
子宮筋腫の場所・大きさ・性状などを確認します。

「子宮腺筋症」は子宮が腫れておおきくなる疾患です。
子宮内膜の成分が子宮内に入り込んで子宮が腫れておおきくなります。

「子宮内膜症」は子宮内膜の成分が子宮以外の場所にみとめ、病変の「かたまり」(内膜症性病変)をつくる疾患です。病変の周囲が癒着をおこし、生理のたびに病変が炎症をおこし生理痛の原因となります。

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」いずれも、症状が生理痛だけであれば、さきほど説明した生理痛をおさえる治療をおこないます。

ただし、

  • どうしても痛みがおさえられない場合
  • 他の症状(不妊・圧迫症状など)がともなう場合
  • 悪性のものがうたがわしい場合

などでは、
病変を除去する手術や根本的な手術、最終的には生理痛のおおもとの原因である子宮を摘出する手術をふくめ検討します。

感染症

子宮やおなかの中などの感染症がないかどうか、「クラミジア」「淋菌」「一般細菌」などのおりもの検査をしたり、感染したときに上昇する白血球やCRPなどの「炎症反応」を血液検査で評価したりします。

「クラミジア」「淋菌」は、性行為などで感染し、子宮の入口から卵管、おなかの中にかけて感染がひろがっていきます。

じつは「子宮の入り口→子宮の中→卵管→おなかの中」へとつづく通り道があるため、感染がひろがっていきます。

感染によって、子宮や卵管卵巣のまわり、おなかの中に炎症をきたし、腹痛の原因となります。生理以外の腹痛の原因であることがおおいですが、生理痛を助長することもあります。

また、子宮自体に細菌が感染すると炎症をきたし腹痛の原因となります。
とくに「子宮筋腫」「子宮腺筋症」などの子宮病変がある場合に細菌感染がおこりやすいです。

その他

子宮の入口がせまくなってしまう「子宮頚管狭窄」、生理への不安やネガティブな感情から生理痛をつよく感じてしまうことなどがあります。

生理は、厚くなった子宮の内膜が剥がれおちて起こります。

子宮の入口がせまくなる「子宮頚管狭窄」があると、厚くなった子宮内膜である月経血を子宮の外にうまく出せずに、生理のときに痛くなります。
子宮の入口を拡張する処置などをおこないます。

また、生理痛もふくめて「痛みの感じ方」には個人差があります。
同じ痛みの程度でも、すごく痛く感じてしまう人もいれば、まったく平気な人もいます。
一般的に、痛みによわい人、痛みにつよい人がいるかと思います。

毎月くる生理への不安やネガティブな感情から、生理のときの痛みを増強させてつよく感じてしまうことがあります。
こうした場合、心理的なサポートも必要になってきます。

まとめ

生理痛の原因はおもに、子宮の「炎症」と「けいれん」であり、それらをおさえることで痛みがやわらぎます。

生理痛の治療は、NSAIDsなどの「鎮痛剤」、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の合剤の「ピル」、証によって使い分けられる「漢方」などがあります。
その他、「子宮内避妊具」「鎮痙薬」などがあります。

痛みのあきらかな原因がわかれば、その治療を優先しておこないます。

生理痛の原因は、「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの子宮やそのまわりの病変、「クラミジア」「淋菌」「一般細菌」などの感染症などがあります。他にも「子宮頚管狭窄」「月経への不安」などが原因となることもあります。

生理痛がひどくて困っている場合、無理せずに産婦人科を受診しましょう。
産婦人科はこまっている人の味方です。

勇気をもって受診して、うまく産婦人科を活用してましょう。
「月経痛」に悩まされず、充実した毎日がおくれることを願っています。