ミレーナについて

結論ですが

ミレーナとは、黄体ホルモンが長期にわたって放出される器具であり、子宮の中に留置して使用します。

この記事は「月経による症状で悩まされている」女性に向けて書いています。
女性特有の悩み・不安・疑問などが解決できるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「ミレーナ」についてわかります。

ミレーナって何ですか?

このような疑問にお答えします。

月経の量が多かったり、月経の痛みがひどい場合に、婦人科を受診するかと思います。

色々とくすりを飲んだけど、なかなか効果がないということもあります。

そんなときに、今回紹介する「ミレーナ」という器械を子宮の中に挿入する方法が選択肢としてあります。

子宮の中に入れるなんてコワイ…
効果は期待できるかしら…
自分にも使えるかしら…

など不安や疑問に思うでしょう。

ということで、今回は「ミレーナ」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.ミレーナとは

ミレーナとは、黄体ホルモンが長期にわたって放出される器具であり、子宮の中に留置して使用します。

ミレーナは、黄体ホルモンが長期にわたって放出される器具です。
黄体ホルモンが子宮内膜に持続的に作用することによって、子宮内膜が厚くなるのを抑えられます。
すると、月経自体は「月経の量が減少する」「月経の痛みを改善する」、「避妊」などの効果があります。

2.ミレーナの効果

過多月経

ミレーナには、月経の量をおさえる作用があり「過多月経」に効果があります。

ミレーナから放出される黄体ホルモンの作用によって子宮内膜が薄くなるため、月経量もおさえられます。すると、過多月経も改善します。

月経困難症

ミレーナには、月経痛などをおさえる作用があり「月経困難症」に効果があります。

ミレーナから放出される黄体ホルモンの作用によって、子宮内膜が薄くなったり、炎症反応を抑えたりする作用があり、月経の痛みをおさえられます。すると、「月経困難症」が改善します。

避妊効果

ミレーナによって避妊効果を得られます。

ミレーナから放出される黄体ホルモンの作用によって子宮内膜が薄くなって受精卵の着床を妨げるからです。
また、子宮の入り口の粘膜を変化させて、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ効果もあります。

それらの効果によって、妊娠の成立を妨げ、避妊効果を得られるのです。

3.ミレーナの使い方

挿入時期

ミレーナは「月経初日から月経7日目まで」に挿入します。

ただし、月経の量が多いときにミレーナを挿入すると、月経とともにミレーナが出てきてしまう場合もあります。なので、個人的には月経量が少なくなる「月経4日目から月経7日目まで」を目安に挿入するようにしています。

挿入前の検査

ミレーナを挿入する前に、「エコー検査」を行い、必要に応じて「感染症」「妊娠反応」などの検査をおこないます。

エコー検査で、子宮の形状の異常がないか、子宮の内腔は問題ないかなど確認し、ミレーナが挿入可能か判断します。
また、腟内や子宮の入り口に感染症がある場合、ミレーナによって感染を広げてしまう可能性があります。感染症が疑わしい場合、事前に検査をおこないます。
また、妊娠の可能性がある場合には、妊娠検査を必ず行います。

挿入方法

エコーで子宮の状態を確認してから、クスコ(腟鏡)をかけて子宮の入り口を確認し、ミレーナを子宮の中に挿入します。

まずは、エコーで子宮の中を妨げる病変がないか確認して、ミレーナを挿入できるか確認します。そして、子宮の向きや子宮の長さなどを確認してから、クスコ(腟鏡)をかけて子宮の入り口を確認し、ミレーナを子宮の中に挿入します。

4.ミレーナの合併症

子宮損傷

ミレーナ挿入によって子宮損傷する場合があります。

ミレーナを挿入するときに、細長い器械が子宮の中に入ります。そのときに、子宮が損傷し出血が起こったり、子宮の壁に穴があいてしまう場合などがあります。

感染症

ミレーナ挿入によって感染症が起こる場合があります。

子宮の中にミレーナなどの人工物が入ると、そこに感染して感染症を起こす場合があります。

不正出血

ミレーナ挿入によって不正出血が起こる場合は多いです。

ミレーナに含まれる黄体ホルモンの影響であり、効果が安定したら出血は改善してきます。
ただし、3-4ヵ月くらい長期に不正出血が持続する場合や毎日出血が続く場合もあります。
心配な場合には、診察を受けるようにしましょう。

異所性妊娠

ミレーナ挿入後、異所性妊娠が起こる場合があります。

ミレーナが挿入されると、子宮内膜は薄くなり受精卵の子宮内への着床は防がれます。
ただし、受精卵が卵管などの子宮の中以外の場所に妊娠してしまう「異所性妊娠」が起こる場合があります。
妊娠が疑わしい場合には、受診して相談するようにしましょう。

5.ミレーナ挿入後の流れ

ミレーナの位置を確認

ミレーナを挿入した後は、ミレーナの位置がずれたり、自然に抜けてしまうことがあります。

ミレーナを挿入したら、定期的にエコーでミレーナの位置を確認します。エコーで確認しにくい場合は、腹部レントゲン検査でミレーナの位置を確認するようにします。

症状の改善を確認

ミレーナ挿入によって症状が改善するか確認します。

とくに「過多月経」の場合は、出血量が改善したか、貧血の状態を血液検査などで確認します。また、「月経困難症」の場合には、月経痛が改善したか、痛み止めの使う頻度などを確認します。

その他

ミレーナによって合併症が起こった場合には、ミレーナを抜去するようにします。

また、ミレーナの使用期限は「5年間」です。ミレーナを挿入して5年間経ったら、入れ替えるもしくは抜去するようにします。

まとめ

今回は「ミレーナ」について説明しました。

月経による症状の悩みは大変です。

月経の量が多い…
月経の痛みがひどい…

など月経の症状で悩んでいる場合には婦人科を受診するようにしましょう。

内服薬で効果がいまいちという場合、「ミレーナ」という選択肢があります。

とくに、妊娠出産も終わって、閉経する時期の前に月経による症状がひどくなったときに、ミレーナを留置する場合が多いです。

婦人科を受診すれば、月経の症状を改善するため、さまざまな方法を相談することができます。
あなたの日々の生活がより快適になるようお手伝い出来れば幸いです。

この記事によって「ミレーナ」の理解が深まり、一人でも多くの人の役に立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。