妊娠ですが漢方薬を使っても良いですか?【妊娠中の漢方薬】

結論ですが

妊娠中も安全に使える漢方薬と注意が必要な漢方薬があります。

この記事は「妊娠中の女性」に向けて書いています。
妊娠中のさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「妊娠中の漢方薬」についてわかります。

妊娠したら、くすりを全く使ってはいけないと思ってはいないですか?

実は、妊娠中も安全に使えることがわかっている薬は多くあります。
しかし、妊娠中の安全性がわかっていない薬もあるため、実際にはくすりを使う場合には担当医と相談する必要があります。
むしろ、症状があったときに薬を使わずに我慢してしまうことで、自分の健康状態が悪くなってしまい、赤ちゃんへ影響してしまうことがあります。

薬には良い面も悪い面も多少の差はありますが持っています。それは妊娠していない時でも同じです。昔から、「クスリはリスク」とも言われています。

実際の現場では、くすりの良い面と悪い面を比べて考えたうえで薬を使うかどうか判断する流れになってきます。
くすりを使う原則を踏まえたうえで、「漢方薬」などのくすりをどのようにして使うか判断していくことになります。

今回、「妊娠中の漢方薬」について説明していきたいと思います。

この記事のまとめ

  • クスリはリスク
  • 良い面と悪い面を比べて薬を使うか決める
  • 必要のない薬は使わない。必要な薬はしっかり使いましょう。
  • 妊娠中に漢方薬を使う場合には「証に応じて使うこと」「妊娠中の病態を考慮すること」「慎重投与の生薬に注意する」ことが大切です。

クスリはリスク

くすりには、「良い面」と「悪い面」の両方あり、昔から「クスリはリスク」とも言われています。たとえ、妊娠している人も妊娠していない人も薬を使う場合は知っておきたいことになります。

薬がもたらす作用の中で、その期待される効果を「効用」といい、それ以外の好ましくない作用のことを「副作用」と呼ばれています。薬の種類によって多少の差はありますが、さまざまな「副作用」が起こる可能性があります。
たとえば、外部から入ってきた薬を異物として認識して攻撃してしまう「アレルギー反応」による「発熱」「発疹」「かゆみ」などの症状がおこることがあります。また、重症化すると「血圧低下」「呼吸困難」などの症状がおこる「アナフィラキシーショック」を来たすこともあります。他には、「肝臓機能障害」「腎臓機能障害」などがあります。

良い面と悪い面を比べる

原則として、くすりは「良い面」と「悪い面」を比べて実際に使用するか判断します。
市販されている薬などでは、「副作用」の頻度が極めて低いので、あまり問題になることはないので、普段気にせず使用する人が多いです。
医療機関であつかう処方薬などの場合は、副作用の頻度が高くなるものがあります。
しっかりと薬の「良い面」と「悪い面」を比べて、使用すべきかどうかを検討する必要があります。

 

必要のない薬は使わないこと

原則としては、妊娠中でなくてもそうですが「必要のない薬は使わないこと」が基本です。
くすりには「良い面」もあれば「悪い面」もあります。必要のないくすりであれば、使わないようにしましょう。
逆に「母体に必要だと判断される薬は、必要十分量を使うこと」も同じように大事です。母体の健康が児の健康にもつながります。症状がひどく生活に支障があるようであれば、我慢しないで必要な薬を使うようにしましょう。
ただし、明らかにお腹の中の赤ちゃんや妊娠経過に影響を与えると判明している薬がいくつかあります。それらを使うかどうかは専門的な判断を要するので、必ず担当医と相談するようにしましょう。
そして、はじめて受診するときには、かならず妊娠している旨を担当医に伝えて、安全な薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠中の漢方薬の注意点

漢方薬は副作用が少なく、比較的安全に使える薬です。そして古来から使われており、長年の安全性に関する経験が蓄積されています。
ただし、くすりを使うことの原則に加えて、妊娠中の漢方薬を使うことにあたって注意すべきことがあります。
具体的に言うと、「証に応じて使うこと」「妊娠中の病態を考慮すること」「慎重投与の生薬に注意する」などがあります。順番にみていきましょう。

「証」に応じて使う

原則として、漢方薬は「証」に応じて使います。
「証」とは、その人の体質のことであり、体力や病気に対する抵抗力の指標となります。症状を聞いたり、診察をおこなって「証」を見定めて、その人に合った漢方が処方されます。
漢方薬といえども適応を誤れば、「副作用」や「有害事象」が起こるため、注意が必要です。

妊娠中の病態を考慮する

「陰血」が不足する

お腹の中の赤ちゃんの発育によって、母体は「陰血」が不足します。
すると「口渇」「便秘」「体熱感」「めまい」など生じやすいです。
「補陰血」に留意します。母体は「陰血」をさらに少なくし、内熱を生じるため「清熱養血」が必要です。

「気うつ」に注意

お腹の中の赤ちゃんの発育によって、母体の気の運行・流れが妨げられ「気うつ」が生じます。「倦怠感」「食欲不振」「手足がだるい」など生じやすいです。

「水滞」に注意

妊娠は水分代謝に影響を与え、「水滞」がおこります。
すると「神経過敏」「不眠」「胸腹部膨満感」「吐き気・おう吐」など生じます。
妊娠中は、過度の「発汗」「瀉下」「利尿」は禁じられています。また、「行気去痰」に留意します。

「腎虚」「脾胃虚」に注意

妊娠中は、「腎虚」や「脾胃虚」の症状である「腰痛」「むくみ」「歯痛」「耳鳴り」など生じます。「補脾胃」に留意します。

慎重投与の生薬に注意する

妊娠中の病態に応じて、漢方を使うことになります。
とくに、「補陰血」「行気去痰」「補脾胃」に留意するとともに、「清熱養血」が必要であり、過度の「発汗」「瀉下」「利尿」をしないようにします。
妊娠中の慎重薬として「紅花」「牛膝」「大黄」「桃仁」「附子」「芒硝」「牡丹皮」などの生薬があります。

「漢方スクエア」 HPより抜粋

まとめ

  • クスリはリスク
  • 良い面と悪い面を比べて薬を使うか決める
  • 必要のない薬は使わない。必要な薬はしっかり使いましょう。
  • 妊娠中に漢方薬を使う場合には「証に応じて使うこと」「妊娠中の病態を考慮すること」「慎重投与の生薬に注意する」ことが大切です。

くすりには良い面も悪い面もあります。
妊娠中でなくても、それは意識したうえで薬を使うかどうか判断しましょう。

妊娠をした場合、くすりを使うことを必要以上に恐れてしまう人もいます。
もちろん必要のないくすりは使わないことは大切ですが、必要なくすりは我慢しないでしっかり使うことも大事です。

添付文書をみると、漢方薬のほとんどは妊娠中は慎重投与するように記載されています。
それでは、使える漢方薬がなくなってしまいます。
実際の妊娠中の漢方薬の影響に関していうと、お腹の中の赤ちゃんの「先天異常」のリスクはないと考えられおり、実際の報告もないです。
ただし、妊娠中に注意すべきこととして「流産早産」の可能性があります。

実際に妊娠中に漢方を使う場合には、担当医と相談して使っていくことが大切です。
もし、妊娠する前から使っている漢方薬があったり、妊娠中の症状を和らげるために使いたい漢方薬があれば、相談してみるようにしましょう。

この記事によって「妊娠中の漢方薬」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です