ミレーナの効能・効果【3つ】

結論ですが、

ミレーナの効能・効果として、「月経困難症」「過多月経」「避妊」があります。

この記事は「ミレーナ」女性に向けて書いています。
医療・健康に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ミレーナの効能効果」についてわかります。

ミレーナには、どのような効能・効果がありますか?

このような疑問にお答えします。

ミレーナとは、黄体ホルモンを長期間にわたって放出する子宮内に留置する器具のことです。

ミレーナは、もともと「長期の避妊」の目的で使用されていました。

しかし、レボノルゲストレルという黄体ホルモンが子宮に直接作用することによって、「避妊効果」以外にも、「月経の量を抑える」「月経の痛みをやわらげる」などの効果があるため、それらに対する治療として注目されていました。

ということで、今回は「ミレーナの効能・効果」について説明したいと思います。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

ミレーナの効能効果1:月経困難症

ミレーナには「月経困難症」を改善する効果があります。

ミレーナは、黄体ホルモンを放出します。
黄体ホルモンが子宮に作用すると、子宮内膜が薄くなり、月経量は少なくなります。
月経量が少なくなると、月経の時に子宮内膜が排出される痛みも和らぎます。
さらに、黄体ホルモンの作用によって、炎症がおさえられるので、月経の痛みは改善します。

つまり、ミレーナによって、月経量が少なくなり、炎症がおさえられて、月経痛などの「月経困難症」の症状が改善するのです。

ミレーナの効能効果2:過多月経

ミレーナには「過多月経」を改善する効果があります。

くりかえしですが、ミレーナは、黄体ホルモンを放出します。
黄体ホルモンが子宮に作用すると、子宮内膜が薄くなります。
通常の月経では、妊娠に備えて子宮内膜は厚くなりますが、ミレーナによって子宮内膜が薄くなると月経の量は少なくなります。

つまり、ミレーナから放出される黄体ホルモンによって、子宮内膜は薄くなり、月経の量が少なくなり「過多月経」を改善するのです。

ミレーナの効能効果3:避妊

ミレーナには「避妊」効果があります。

くりかえしですが、ミレーナは、黄体ホルモンを放出します。
黄体ホルモンの作用によって子宮内膜が薄くなって受精卵の着床を妨げます。

また、黄体ホルモンの作用によって子宮の入り口の粘膜を変化させて、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ効果もあります。

なお、ミレーナの効果は「5年間」持続しますので、長期の避妊に向いています。

つまり、ミレーナから分泌される黄体ホルモンによって、子宮内膜は薄くなり、粘液の性状を変えて、「避妊」効果が得られるのです。

まとめ

今回は「ミレーナの効能・効果」について説明しました。

月経の痛みがひどい…
月経の量が多い…
長期間、避妊したい…

このような悩みの場合、「ミレーナ」という選択肢があります。

実際に「ミレーナ」を使う場合には、メリット・デメリットがありますので、気軽に担当の医師に相談するようにしましょう。

日々の生活がより快適になるようお手伝い出来れば幸いです。

この記事によって「ミレーナの効能・効果」について理解が深まり、一人でも多くの人の役に立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。