安全な性行為のために

結論ですが、

安全な性行為のために、「望まない妊娠の防止」「性感染症の予防」「性行為後の排尿」が重要です。

この記事は「健康に関心のある」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「安全な性行為」についてわかります。

性行為を安全におこないたいです!

このような意見にお答えします。

性行為は、本来こどもをつくる行為です。

・男女の快楽を求めて…
・スキンシップ…
・愛情表現…

などなど性行為を通じて、さまざまな意味付けもされます。

欧米では比較的オープンですが、日本では性行為は内緒でおこなうものだという風潮があります。

そのため、性に関する知識が不十分なまま、性行為をおこなうケースが多いように感じます。

では、性行為を安全におこなうためにどうすればいいのでしょうか?

ということで、今回は「安全な性交のために」ついて説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.望まない妊娠の防止

安全な性行為のために、「望まない妊娠の防止」が重要です。

性行為は、こどもをつくる行為です。

ただし、今はこどもを欲しくないけれど、性行為を行いたいと思うことがあるでしょう。

そのときには、「望まない妊娠」を防止するために「避妊」に関する知識が必要になります。

避妊法には、大きく分けて「普段の避妊」と避妊に失敗したときの「緊急避妊」の2つの方法があります。

普段の避妊法はいくつかありますが、「避妊効果」の高い「経口避妊薬」「子宮内避妊具」「不妊手術」、また性感染症の感染予防効果もある「男性用コンドーム」の併用をオススメします。

基本的には普段から避妊することが大切ですが、避妊に失敗した場合には「緊急避妊」をおこないましょう。

緊急避妊法は「LNG単回投与法」「ヤッぺ法」「銅付加子宮内避妊具」などがあります。

2.性感染症予防

安全な性行為のために、「性感染症予防」が重要です。

性感染症を予防するために「コンドーム着用」「HPVワクチンの接種」「不特定の相手と性行為しない」「タオルなどの共有を避ける」ようにしましょう。

「コンドーム着用」は、性感染症を予防するだけでなく、望まない妊娠を防止することも出来ます。
また、「HPVワクチン」(4価・9価)によって、性感染症の尖圭コンジローマを予防することができます。
相手が性病を持っている可能性があり、感染リスクが高まるため「不特定の相手と性行為しない」ようにしましょう。
さらに、タオル類やカミソリ・歯ブラシなど体液や血液が付着している可能性のあるものは共用をしないようにしましょう。

3.性行為後の排尿

安全な性行為のために、「性行為後の排尿」が重要です。

性行為をおこなうと、尿道から細菌が入り、膀胱炎になりやすいです。
とくに女性の場合は尿道の長さが短く、膀胱炎にかかりやすいのです。

性行為を行った後は、排尿をすることによって、細菌が洗い流されるため、膀胱炎を防ぐことができます。

性行為後の膀胱炎を防ぐために、「性行為後の排尿」を行うようにしましょう。

まとめ

今回は「安全な性行為のために」ついて説明しました。

とくに、性活動性の高い若い年代、生活のために性行為を職業としている人などでは、性行為の回数が多いため、性行為にともなうリスクが高くなります。

是非とも「安全な性行為」を実践して、「望まない妊娠」や「性感染症」「性行為後の膀胱炎」などを防いで、ご自身の身を守りましょう。

この記事によって、「安全な性行為のために出来ること」に対する理解が深まり、性行為によってツライ思いをする人が一人でも減って、多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。