カウフマン療法とは?

結論ですが

カウフマン療法とは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンを補う治療法です。

この記事は「カウフマン療法」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「カウフマン療法」についてわかります。

カウフマン療法って何ですか?

このような疑問にお答えします。

「カウフマン療法」って名前を聞いただけで、拒絶反応が起こる人は多いかと思います。
医療において、人の名前がついた治療法は多いです。

そして、人の名前がついているがために、治療内容がよくわからない…
なんてことも多々あります。

婦人科を受診して「カウフマン療法」をやりましょう!

って言われる場合があります。

では、カウフマン療法って何ですか?

ということで、今回は「カウフマン療法」について説明していきます。

この記事のまとめ

カウフマン療法とは

カウフマン療法とは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンを補う治療法です。

月経周期が規則的に保つには、卵巣から分泌される「エストロゲン」や「プロゲステロン」というホルモンが重要な役割をしています。
「エストロゲン」や「プロゲステロン」の分泌に異常があると、月経が不規則、月経周期が長い(月経が来る頻度が少ない)、無月経などの症状が起こります。
そのようなホルモンが分泌に異常がある場合に、「エストロゲン」や「プロゲステロン」のホルモンを補う治療が行われます。
「エストロゲン」や「プロゲステロン」のホルモンを補うことで、自然なホルモンの変化を作ることができ、その一つの方法として「カウフマン療法」があります。

月経とエストロゲン・プロゲステロン

月経周期が規則的に保つには、「エストロゲン」や「プロゲステロン」というホルモンが卵巣から周期的に分泌されることが重要です。

月経周期が規則的な場合、1回の月経周期のうち「エストロゲン」が分泌されるピークが2回あります。そして、「プロゲステロン」が分泌されるピークは後半に1回あります。
カウフマン療法では、「エストロゲン」や「プロゲステロン」を薬で補い、自然なホルモンの変化を作り出すのです。

なお、「エストロゲン」は女性ホルモンであり、当院では「プレマリン」という薬を使っています。「プロゲステロン」は黄体ホルモンであり、当院では「デュファストン」という薬を使っています。

カウフマン療法の内服方法

カウフマン療法では、エストロゲン(プレマリン)とプロゲステロン(デュファストン)を周期的に内服します。

カウフマン療法では、月経が来たタイミングに合わせて「プレマリン」と「デュファストン」の内服を開始します。以下、具体的な内服方法をみていきましょう。

プレマリン(エストロゲン)

「プレマリン」は月経5日目から内服開始して月経25日目に内服を飲み終えます。そして、7日間の休薬期間をおいて、「プレマリン」の内服を開始します。それ以降は、「21日間の内服」と「7日間の休薬」を周期的に繰り返します。

デュファストン(プロゲステロン)

「デュファストン」は月経15日目から内服開始して月経25日目に内服を飲み終えます。ちょうど「プレマリン」と同じタイミングで内服を飲み終えることになります。
そして、17日間の休薬期間をおいて、「デュファストン」の内服を開始します。それ以降は、「11日間の内服」と「17日間の休薬」を周期的に繰り返します。

※医療機関によって内服方法は多少異なる場合があります。

カウフマン療法の効果

月経周期

カウフマン療法によって、月経が周期的に起こるようになります。

カウフマン療法によって、エストロゲンやプロゲステロンが補うことによって、自然なホルモン周期に整います。すると、月経が規則的に起こるようになるのです。

排卵障害

カウフマン療法によって、排卵障害が改善し、卵巣機能が改善することがあります。

カウフマン療法によって、卵巣から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンが補うことによって、卵巣を休めることができます。すると、カウフマン療法を行った後に、排卵障害が改善したり、卵巣機能が改善することがあるのです。

不妊治療

カウフマン療法によって、排卵誘発剤の反応がよくなります。

カウフマン療法によって、卵巣から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンが補うことによって、卵巣を休めることができます。すると、卵巣機能が改善し、排卵誘発剤の反応がよくなります。

まとめ

今回は「カウフマン療法」について説明しました。

「カウフマン」って名前を聞くだけで抵抗感が出るかと思います。

月経が規則的に来るには、ホルモンバランスが必要です。

月経が不規則、月経が来ない、月経の頻度が少ないなどの症状で困っている場合には、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

勇気をもって、婦人科を受診するとともに、必要があれば今回紹介した「カウフマン療法」の治療を受けるかもしれません。

この記事によって「カウフマン療法」の理解が深まり、一人でも多くの人に役に立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です