子宮頸がんを予防するためにできる【2つのこと】

結論ですが

子宮頸がんを予防するために「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」を受けましょう。

この記事は「子宮頸がんの予防」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「子宮頸がんを予防する方法」についてわかります。

子宮頸がんを予防するために何をすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

結論をいうと、「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」を受けましょう。

子宮頸がんは、若い女性に多くみられます。

そして、子宮頸がんの治療によって子宮を摘出する必要があったり、残念ながら若くして亡くなられる人もいます。

じつは、子宮頸がんは、予防することのできるがんなのです。
正しい知識と行動をすることによって、子宮頸がんは防ぐことができます。

なぜ、「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」で子宮頸がんを予防できるのか?

今回は「子宮頸がんを予防する方法」について説明していきます。

この記事のまとめ

子宮頸がんとHPV

子宮頸がんのほとんどは「HPV」(ヒトパピローマウイルス)による感染が原因です。

性交渉などによって「HPV」が子宮の入り口近い部分(子宮頸部)に感染します。多くはご自身の免疫によって自然排除されます。しかし、「HPV」が持続感染してしまうと、子宮頸部は「異形成」という前がん病変を経て、「子宮頸がん」に進行します。
HPVの感染から子宮頚がんになるまでは、比較的ゆっくりと進行し「数年から十数年」かかります。

定期的な子宮頸がん検診

定期的ながん検診で、「異形成」(前がん病変)の早期発見・早期治療をして子宮頸がんを予防します。

くりかえしですが、子宮頸部(子宮の入り口に近い部分)にHPVが持続感染すると「異形成」という前がん病変を経て、「子宮頚がん」に進行します。HPVの感染から子宮頚がんになるまで、「数年から十数年」かかります。
「定期的な子宮頸がん検診」によって「異形成」と呼ばれる前がん病変のうちに見つけることができ、「円錐切除術」や「レーザー蒸散術」などの比較的小さな治療で済みます。

つまり、「定期的な子宮頸がん検診」によって前がん病変を「早期発見」「早期治療」することによって子宮頸がんを予防することができるのです。

HPVワクチン

「HPVワクチン」によって、HPVの感染自体を防ぐことによって「子宮頸がん」を予防することができます。

子宮頸がんのほとんどは「HPV」(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染が原因です。おもに性交渉などによって「HPV」が子宮の入り口近い部分(子宮頸部)に感染します。そして、HPVが持続感染すると、子宮頸がんにつながります。

つまり、「HPVワクチン」によって「HPV」の感染自体を予防することによって、子宮頸がんを予防することできるのです。

まとめ

今回は「子宮頸がんを予防する方法」について説明しました。

子宮頸がんは、「定期的な子宮頸がん検診」と「HPVワクチン」で予防することができます。

子宮頸がんに対する正しい知識を身につけて、勇気をもって行動することで、「子宮頸がん」を予防することができるのです。

婦人科への受診はためらうかもしれませんが、是非とも「子宮頸がん検診」を受けましょう。

そして、副反応問題が心配かと思いますが、効果とリスクを正しく理解した上で「HPVワクチン」を接種するか判断しましょう。

この記事によって「子宮頸がんを予防する方法」について理解が深まり、子宮頸がんのない世界を目指していきましょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です