ASC-USってなんですか?

結論ですが

ASC-USとは、子宮頸がん検診の検査結果であり、「HPV検査」や「コルポパンチ」「子宮頸部細胞診のフォローアップ」が必要です。

この記事は「子宮頸がん検診」の結果について知りたい女性に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ASC-US」についてわかります。

「ASC-US」ってなんですか?

このような疑問にお答えします。

子宮頸がん検診を受けると、検査結果が郵送されるか、検査結果の説明があるかと思います。

この検査結果に、ふだん見なれないようなアルファベットの略語が書いてあります。
たとえば、「NILM」「ASC-US」「ASC-H」「LSIL」「HSIL」など書かれています。

何のことか、さっぱりわからないと思います。

では「ASC-US」ってなんだろう?

今回は子宮頸がん検診の結果のうち「ASC-US」について説明していきます。

この記事のまとめ

ASC-USとは

ASC-USとは

「ASC-US」とは、Atypical Squamous Cells of Undetermined Significanceの略であり、「意義不明な異型扁平上皮細胞」というものであり、子宮頸がん検診の検査結果の一つです。

子宮頸がんとHPV感染

子宮頸がんの原因のほとんどは、「HPV」(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因です。
「HPVに感染している細胞」が存在しているかどうかは、子宮頸がんや、その前がん病変(異形成)を見つけるために重要な判断材料となります。

ASC-USとHPV感染

「ASC-US」は、「正常な細胞が少し形を変えた細胞」なのか「HPVに感染している細胞」なのか区別が付きにくい場合に判定されます。

つまり、「ASC-US」とはHPV感染があるかどうか分からない細胞が存在していると判定されたものです。

ASC-USと子宮頸がん検診

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診では、子宮の入り口の部分の細胞を採取して、顕微鏡でのぞいて、細胞の形態を確認する検査(子宮頸部細胞診)が行われます。

つまり、顕微鏡でのぞいて、採取した細胞の形態が正常なのか異常なのか判断します。
また、異常な形態の細胞があれば、異常の程度がそのくらいなのか判断します。

子宮頸がん検診の結果

子宮頸がん検診の結果は、細胞の形態の異常な程度によって分類されます。

たとえば、全く問題ない「NILM」から、少し怪しい「ASC-US」「ASC-H」「LSIL」「HSIL」、がん細胞を認める「SCC」などあります。

ASC-USの時に行われる検査

「ASC-US」は少し怪しい細胞が認められている状態であり、「HPV検査」「子宮頸部組織診」の二次検査、もしくは「子宮頸部細胞診」のフォローアップが必要です。

HPV検査

ASC-USのときには、「HPV検査」が行われます。

ASC-USは、「正常な細胞が少し形を変えた細胞」なのか「HPVに感染している細胞」なのか区別が付きにくい場合に判定されます。

ASC-USでは、HPVに感染しているかどうか検査が行われます。

子宮頸部組織診

ASC-USのときには、「子宮頸部組織診」(コルポパンチ)が行われる場合があります。

「子宮頸部組織診」では、コルポスコピーという拡大鏡で病変を確認(コルポ)して、組織を採取(パンチ)する検査が行われます。

「ASC-US」では、「HPV検査が陽性」の場合に「コルポパンチ」が行われますが、HPV検査なしで「コルポパンチ」をおこなう場合もあります。

子宮頸部細胞診

「ASC-US」のときには、「子宮頸部細胞診」のフォローアップがされる場合があります。

6ヶ月後と12ヶ月後に「子宮頸部細胞診」が行われます。「ASC-US」以上の結果が1回でも出るようであれば、「コルポパンチ」が必要になります。

また、「ASC-US」でHPV検査が陰性の場合は、12ヶ月後に「子宮頸部細胞診」のフォローアップがされます。

まとめ

今回は「ASC-US」について説明しました。

子宮頸がん検診の結果が届いても、専門用語が書いてあり、よくわからないかと思います。

検査結果を理解することは大切ですが、検査結果を無視せずに、忘れずに受診することが何よりも大切です。

指示通りに、追加の検査を受けたり、定期的にフォローアップしましょう。

「子宮頸がん検診を受けること」に加えて、「指示通りに行動すること」で、検診の効果が発揮されます。
逆に、指示通りに行動しないと、子宮頸がん検診を受けたとしても意味がなくなってしまいます。

子宮頸がんは、「定期的ながん検診」で予防することができます。
「定期的ながん検診」を受けることで「子宮頸がんがない世界」を実現できます。

この記事によって「ASC-US」について理解が深まり、子宮頸がんで苦しむ人が一人でも少なくなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です