婦人科がん検診ツアーの流れ【患者説明】

結論ですが

婦人科がん検診ツアーは、「オリエンテーション」「コース選択」「受付」「診察」「会計・予約」「結果確認」の流れです。

この記事は「すべての女性」に向けて書いています。
婦人科を受診することへの疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「婦人科がん検診ツアーのながれ」についてわかります。

婦人科がん検診ツアーってなんだろう?

このような疑問を解決します。

「婦人科がん検診ツアー」は、宮の沢スマイルレディースクリニックで行われているツアーです。
一番の特徴は、実際に検診を受ける前にオリエンテーションで説明があります。

子宮頸がんとは何なのか?
なぜ、がん検診を受けるのか?
実際のがん検診の流れは?

など説明します。

ただ、がん検診を受けるのではなく、がん検診の必要性・重要性などを理解した上で、がん検診を受けることが出来ます。
そして、ご自身の体について改めて考えるきっかけとなります。
では、今回は「婦人科がん検診ツアーのながれ」について説明していきたいと思います。

この記事のまとめ

①オリエンテーション

一番初めに、「婦人科がん検診ツアー」とは何なのかについての説明をします。
そもそも「子宮頸がん」とは何なのか?
なぜ、がん検診を受けるのか?
当クリニックでの実際の「がん検診の流れ」について説明します。

この説明を受けることで、がん検診の必要性・重要性などを理解した上で、がん検診を受けることが出来ます。

②コースの確認

婦人科がん検診ツアーにはいくつかコースがあります。

「子宮頸がん検診」は、20歳以上のすべての女性に受けて欲しいです。希望があれば「子宮体がん検診」もセットで行えます。

また、婦人科の診察はなかなか受けるきっかけがないかと思いますので、併せて「エコー検査」で子宮や卵巣が腫れていないか確認することをオススメしております。
さらに、希望者には子宮頸がんの原因と言われている「HPV」(ヒトパピローマウイルス)の検査を行うことが出来ます。

③受付

コースが決まったら、受付をして頂きます。

実際には、「問診表」を記載して頂き、「保険証」を提出して頂いて受付します。
問診表では、名前・住所などの基本情報に加えて、今までにかかったことのある病気に関する情報、妊娠・分娩した回数、アレルギーなどの医療情報などを書いて頂きます。

④診察

順番に診察が行われます。

内診

内診は、「腹部」からと「腟口」から両手を使って挟み込むように診察します。
「子宮」や「卵巣」などが腫れていないか確認します。

エコー

エコーの器械を腟口から挿入します。腟口が狭い人は、肛門からもしくはお腹の上からエコー検査を行います。エコー検査では「子宮」や「卵巣」などに病変がないか確認します。

腟鏡診

「腟鏡」(クスコ)という器械を用いて、子宮の入り口の部分(子宮頸部)を観察して明らかな病変がないか確認します。

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診では、子宮の入り口の部分(子宮頸部)の細胞を擦って採取します。
そして、採取した細胞は、顕微鏡で観察して、異常な細胞がないか検査します。

HPV検査

希望する人には、子宮頸がん検診と一緒にHPV検査も行うことができます。
HPV検査は、子宮頸がん検診と同時に検査することが出来ます。

子宮体がん検診

子宮体がん検診では、子宮の奥の部分(子宮体部)の細胞を擦って採取します。
そして、採取した細胞は、顕微鏡で観察して、異常な細胞がないか検査します。

⑤会計・予約

診察が終わったら、会計と予約になります。

検査結果が出るのが、おおよそ1週間から10日くらいかかります。
検査を受けてから、2週間後くらいに予約して頂きます。
その場で、スケジュールが分からない場合には、ご自宅で「電話」か「インターネット」で予約することが出来ます。
また、希望者には結果を郵送で受け取ることも出来ます。

⑥結果確認

がん検診では結果を確認することが重要です。

問題ない場合には、1年から2年毎の定期的ながん検診をすすめます。
異常がある場合には、必ず指示通りに対応するようにしましょう。
すぐに受診して精密検査が必要であったり、定期的なフォローアップが必要だったりします。

たまに、がん検診の結果をみて怖くなって受診しない方がいますが、それではがん検診を受ける意味がなくなってしまいます。
がん検診を受けたら、必ず指示の通りに対応するようにしましょう。

まとめ

今回は「婦人科がん検診ツアーのながれ」について説明しました。

女性のデリケートな部位の診察になるので、受診のハードルは高いかと思います。
しかし、病状によっては、気がついたときには手遅れになってしまうこともあります。

勇気をもって婦人科を受診しましょう。
産婦人科は困った人の味方です。

この記事によって「婦人科がん検診ツアーのながれ」についての理解が深まり、女性のみなさんが「がん検診」を受けて、「子宮頸がん」で苦しむ人がない世界を目指していきたいです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です