レルミナとは?

結論ですが、

レルミナとは、女性ホルモンを低下させることによって、子宮筋腫にともなう様々な症状を改善する効果があります。

この記事は「処方されるくすり」について知りたいヒトに向けて書いています。
くすりの疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています
この記事を読むことで「レルミナ」についてわかります。

「レルミナ」という薬をもらいましたが何ですか?

このような疑問にお答えします。

子宮筋腫と言われました…
月経の痛みがひどいです!
月経の量が多いです!!

そんなときに処方されるのが「レルミナ」です。

では、「レルミナ」ってなんだろう?

ということで、今回は「レルミナ」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

レルミナとは

レルミナとは、女性ホルモンを低下させることによって、子宮筋腫にともなう様々な症状を改善する効果があります。

レルミナは、脳の中の下垂体という部分のGnRH受容体に作用して、GnRHの作用をおさえます。すると、脳から分泌される「FSH」や「LH」というホルモンの分泌が低下して、卵巣から分泌される「女性ホルモン」である「エストロゲン」や「プロゲステロン」というホルモンの分泌が低下します。

すると、女性ホルモンの分泌が低下するため、月経が来ない「閉経と同じような状態」となるため、子宮筋腫にともなう「月経痛」や「過多月経」などの症状を改善することになります。

レルミナの効果

レルミナは、子宮筋腫にともなう「過多月経」「下腹部痛」「腰痛」「貧血」に対して使用されます。

レルミナは、女性ホルモンの分泌が低下する作用があります。そのため、子宮筋腫にともなう「過多月経」「下腹部痛」「腰痛」「貧血」などの症状を改善します。

つまり、レルミナは、子宮筋腫にともなう「過多月経」「下腹部痛」「腰痛」「貧血」などの諸症状が適応症です。

レルミナの使い方

レルミナは、月経1-5日目から内服開始します。
そして、1日1回40mgを食前に内服します。

レルミナの注意点

レルミナの使用に関して、いくつか注意点があります。

  • レルミナの使用は、6ヶ月を超えないこと(骨量低下リスク、安全性が確立されていない)
  • レルミナは根治療法でないため、手術までや閉経前までの保存的療法としての使用を原則とすること
  • レルミナによる治療中は、ホルモン剤を使用しない方法で避妊をおこなうこと
  • 更年期障害による「うつ症状」に注意すること

レルミナの慎重投与

「レルミナ」を慎重に使用しなくてはならない場合があります。

  • 粘膜下子宮筋腫
  • 診断のつかない異常性器出血
  • 妊娠または妊娠している可能性がある、授乳中
  • 過去にレルミナによる過敏症状

レルミナの副作用

「レルミナ」には、いくつか副作用が起こる場合があります。

閉経に似た状態となるため、「ほてり」「多汗」「頭痛」などの更年期障害の症状がおこります。また、「性器出血」や「一時的に過多月経」となることがあります。
また、くすり全般的にいえることですが、アレルギー反応が起こる可能性があります。とくに重篤な「アナフィラキシーショック」は頻度は少ないですが注意が必要です。

他にも、吐き気・嘔吐、発疹・かゆみなどの副作用もあります。

まとめ

今回は「レルミナ」について説明しました。

レルミナは、子宮筋腫に対する手術を行う前に使用されることが多いです。
また、閉経前に悪化する月経症状を改善する目的で、閉経まで逃げ切るためによく使われます。

ただし、レルミナは、「6ヶ月」を超えた使用は原則できません。
かならず、担当医と相談して、使用期限を守って計画的に使用するようにしましょう。

また、くすりを使用する場合には、用法用量を守って正しく使いましょう。

くすりはリスクという言葉があります。
くすりを正しい方法で使用して、安全に使うようにしましょう。

この記事によって「レルミナ」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。