婦人科疾患「月経痛」【診療の流れ】

結論ですが

月経痛は「問診」「検査」「治療」という流れで診療が行われます。

この記事は「月経痛で受診したい」女性に向けて書いています。
婦人科受診への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「月経痛の診療の流れ」についてわかります。

月経の痛いがひどいので受診をしたいですがどうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

生理痛がひどいですが大丈夫かしら…
何か原因がありますか?
とにかく生理の痛みを何とかして欲しい!

このような「月経痛に関する悩み」があるときに、婦人科を受診しようか悩むことがあるかと思います。

婦人科を受診したいけれど、なかなか勇気が出ないです…

そんな人が、婦人科受診のハードルが少しでも下がるように、実際にどのような診療が行われるのか説明します。

では、今回は当クリニックで行う「月経痛の診療の流れ」を紹介したいと思います。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.問診

症状

月経痛がいつから気になるようになったか、そのきっかけや、痛みの程度など確認します。
また、「腹部膨満感」「腹痛」「腰痛」「頭痛」、「抑うつ」「イライラ」「疲労感」などの症状で悩まされていないか確認します。

月経

月経に関する情報を確認します。

とくに、「月経の量」、「初潮」(初めての月経)、「月経の周期」(何日型か?)「月経が規則的かどうか」「最後の月経日」「次の月経予定日」などを確認します。

既往歴

今までにかかったことのある病気について確認します。

中でも「入院が必要な病気」や「手術を行った病気」があれば記載しましょう。
とくに、以前に「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの月経痛の原因となる病気を指摘されてことのある場合には伝えるようにしましょう。

妊娠分娩歴

今までに妊娠や分娩したことがあるか確認します。

妊娠したことがある場合は、「妊娠した回数」、また「流産」や「中絶」をしたことがある場合はその回数も含めて書きましょう。
分娩は「経腟分娩」(自然分娩)なのか「帝王切開」なのかも伝えるようにしましょう。

2.検査

内診

内診では、両手を使って、「お腹」からの腹診と「腟口」からの内診指の両方から挟み込むようにして「子宮」や「卵巣」などを診察します。
とくに、「子宮の大きさ」を評価して子宮筋腫・子宮腺筋症などの可能性、「子宮の動きやすさ」を評価して子宮内膜症・癒着などの可能性を判断します。

エコー

「エコー検査」では、子宮や卵巣が腫れていないか検査します。
基本的には、腟口からエコーを挿入する「経腟エコー」で検査がおこなわれます。
とくに、「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの可能性を判断します。

血液検査

月経困難症の原因として、「感染症」や「炎症」などがないか血液検査で評価します。
とくに「白血球」(WBC)や「CRP」などの炎症反応をみて評価します。

おりもの検査

「おりもの検査」では、子宮の入り口から粘液を採取して、そこに病変がないか確認します。とくに、「クラミジア」「淋菌」など腹痛を来すような感染症がないか確認します。
ただし、結果が出るまでに時間がかかるので後日結果が判明する場合が多いです。

3.治療

鎮痛剤

月経痛に対して「NSAIDs」という種類の「痛み止め」が使われることが多いです。
これは、月経痛の原因である「炎症」をおさえることで痛みをおさえます。

鎮痙薬

「鎮痙薬」によって月経痛が改善します。
これは、月経痛の原因として「子宮のけいれん」がありますが、「鎮痙薬」によっておさえられます。なお、「鎮痙薬」は「腸のけいれん」による「腸のぜん動痛」に対してよく使われます。

低用量ピル

「低用量ピル」によって、月経痛などの月経に関する症状が改善します。

もともと「低用量ピル」は、「経口避妊薬」(OC)として使われていました。しかし、「避妊効果」だけでなく「月経痛の改善」「月経量の減少」効果などもあることが判明しました。そのことを利用して、「低用量ピル」は月経痛などの月経症状に対して使われるようになりました。

漢方

「漢方薬」は、月経痛などの月経症状を改善するために使われます。

とくに、女性の3大漢方である「当帰芍薬散」「加味逍遙散」「桂枝茯苓丸」や「芍薬甘草湯」などが使われます。
とくに、「芍薬甘草湯」には「子宮のけいれん」を抑える効果があり、月経痛を改善する効果があります。

子宮内避妊具

月経痛に対して、子宮の中に挿入する「子宮内避妊具」が使われることがあります。
中でもノボノルゲストレルとよばれる黄体ホルモンを放出するタイプのものがあり、月経痛をやわらげる効果や、月経の量を少なくする効果などがあります。

その他

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの月経痛を来たす病気がある場合には、「対症療法」と並行して、それらの病気への治療を考慮します。

まとめ

今回は「月経痛の診療の流れ」について説明しました。

月経の痛みがひどいがどうしよう…
受診したいけれど、婦人科を受診するのに一歩踏み出せない!
なんだかんだで放置してしまっている…

そんな人は、結構多いです。

婦人科を受診すれば、症状が改善する可能性があります。
気軽に婦人科を受診して相談するようにしましょう。
婦人科は困った人の味方です。

この記事によって「月経痛の診療の流れ」についての理解が深まり、受診に対する不安が解消し、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です