中絶手術後の性行為について

結論ですが、

中絶手術後の性行為は、術後の診察で問題なく、次の月経が来たら可能としています。

この記事は「中絶手術を受ける」女性に向けて書いています。
医療・健康に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「中絶手術後の性行為」についてわかります。

中絶手術を受けましたが、性行為はいつから出来ますか?

このような疑問にお答えします。

望まない妊娠をして中絶手術を受けました。

中絶手術を受けた後は、体はどのように変化していきますか?
手術後は、どのような注意点がありますか?
性行為はいつから出来ますか?

さまざまな疑問があるかと思います。

今回は、「中絶手術後の性行為」について説明したいと思います。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.中絶手術後の体の変化

中絶手術を受けた後は、子宮が徐々に元の大きさに戻っていき、術後「1-2か月程度」で月経が来て、子宮内環境が回復していきます。

中絶手術を受けた後、妊娠で大きくなった子宮は元の大きさに戻っていきます。
その間、子宮の中に貯留している血液や子宮内膜の断片などが排出されて、多少の出血を認めますが、徐々に量は減っていきます。

そして、妊娠にともなうホルモン変化の影響を多少受けますが、順調にいけば、術後「1-2か月程度」で月経が来ます。
月経が来ると、子宮の中の環境は回復し、ホルモン環境も整い、排卵機能も戻り、妊娠する前の体の状態になっていきます。

ただし、中絶手術の後、最初の月経が来るまでに、排卵する場合がありますので、望まない妊娠を繰り返さないためにも「避妊」が必要となります。

2.中絶手術後の性行為

中絶手術後の性行為は、術後の診察で問題なく、「次の月経」が来たら可能としています。

中絶手術後、子宮が回復していないうちに性行為をすると、細菌などが子宮の中に入り感染症を起こす場合があります。
当院では、中絶手術を受けた「1-2週間後」に診察を行っており、術後の出血が落ち着いており、診察で問題なければ「入浴」の許可を出しております。

術後診察で問題なければ、「性行為」自体は可能な状態と判断されます。
しかし、中絶手術後の月経が来る前に排卵する場合がありますので、望まない妊娠を繰り返さないためにも「避妊」という観点も重要となります。

そのため、中絶手術後は、「次の月経」が来るまでは性行為を控えるよう指導しております。

3.中絶手術後の避妊

中絶手術を受けた後は、望まない妊娠を繰り返さないための「避妊」が重要になります。

日々診療している中で、中絶手術を何回も繰り返している方がいます。

手術を繰り返すと、手術によって体へ負担がかかりますし、決して安くない料金を払うことになり経済的な負担もかかります。

一度、中絶手術を受けられた方は、ご自身の体を守るためにも「望まない妊娠」を繰り返さないように「避妊」が必要になります。

低用量ピル

低用量ピル(経口避妊薬)は、エストロゲン・プロゲステロンというホルモンを含んだ薬を飲む方法です。

排卵を抑制する効果と子宮内膜を薄くして着床を防ぐ効果があります。

女性主体の避妊が可能であり、避妊以外の副効用(月経痛が軽くなる、月経の量が少なくなる、にきびが改善するなど)もあります。

中絶手術後であれば、術後月経が開始してから飲み始めるようにしましょう。

子宮内避妊具

子宮内避妊具(IUD)は、子宮の中に避妊具(避妊リング)を留置する方法です。

「レボノルゲストレル放出子宮内システム」「銅付加IUD」などあります。

子宮の入り口から子宮内避妊具を挿入するので、外来で挿入することができます。
避妊効果が高く、使用期限は5年間であり、長期間の避妊に向いています。

中絶手術後であれば、術後月経が開始してから子宮内避妊具を挿入します。
月経7日目以内に挿入することになっていますが、当院では月経量が少ない「月経4-7日目」に挿入するようにしております。

禁欲法

禁欲法で、性行為を行わなければ、妊娠することもありません。

中絶手術後の月経が来るまでの時期は、ピルや子宮内避妊具(IUD)などの「確実な避妊法」を使うことができません。

コンドームを着用して性行為を行う場合も、コンドームが破けたり、着用に失敗して、望まない妊娠を繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

中絶手術後に低用量ピルや子宮内避妊具(IUD)などのより確実な避妊をおこなうまでは、「禁欲法」で確実な避妊をするようにしましょう。
中絶手術後は体への負担もかかっているので、しっかりと休むようにしましょう。

まとめ

今回は「中絶手術後の性行為」について説明しました。

中絶手術は、体だけでなく心にもかなりの負担がかかります。

望まない妊娠を繰り返さないためにも中絶手術後は「避妊」が重要となります。
中絶手術後の性行為によって、妊娠を繰り返してしまう人もいるため、注意しましょう。

中絶手術後の性行為の許可に関しては、担当医によって分かれるところでもあります。
感染予防の観点で、術後の診察で問題なければ性行為の許可を出している場合もあります。

術後の性行為など生活上のことで、わからないことがあれば気軽に担当医に相談するようにしましょう。

この記事によって、「中絶手術後の性行為」について知ることができ、一人でも多くの人の役に立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。