座りすぎを防ぐ【7つのコツ】

結論ですが

座りすぎを防ぐために「スタンディングデスク」「立って仕事をする」「立って会議をする」「用事があるときは直接歩いていく」「読書の合間で立つように」「テレビの合間で立つように」「ネットショッピングより買い物に出かける」などのコツがあります。

この記事は「座りすぎと健康への影響」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「座りすぎを防ぐコツ」についてわかります。

座りすぎって体に悪いって聞きましたが本当ですか?

このような疑問にお答えします。

デスクワークで座って仕事をする人が多いかと思います。
座りすぎてしまい、いつのまにか健康リスクが上がっているかもしれません…。

とくに日本人は座る時間が長いと言われています。

そして、座ることによって、さまざまな健康へのリスクが知られています。

では、座りすぎを防ぐためのコツを教えてください!

ということで、今回は「座りすぎを防ぐコツ」について説明していきます。

この記事のまとめ

座りすぎの健康リスク

座りすぎによって「腰痛」「生活習慣病」「心筋梗塞・脳卒中」「メンタルヘルス」「認知機能低下」「集中力低下」「死亡」などのリスクが上がります。

座りすぎの姿勢によって「腰痛」が起こったり、筋肉の代謝や血流が悪くなり「生活習慣病」「心筋梗塞・脳卒中」リスクが上がります。また、「メンタルヘルス」の不調が増加し、脳への血流が低下し「認知機能低下」「集中力低下」などにつながります。

「座りすぎ」には、このように様々な健康リスクがあります。
そして、じつは、座りすぎを防ぐにはコツがあります。
では、順にみていきましょう。

座りすぎを防ぐコツ1:スタンディングデスク

スタンディングデスクを使って「座りすぎ」を防ぎましょう。

仕事や作業をするとき、スタンディングデスクを使いましょう。ずっと立ちっぱなしだと、疲れると思うので、高さを変えることが出来て、座ったり、立ったりできるタイプのものがオススメです。

スタンディングデスクを使って「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ2:立って仕事をする

立って仕事をするようにして「座りすぎ」を防ぎましょう。

仕事や作業をするときはずっと座らないで、立って行うようにしましょう。ずっと座っていると、脳への血流が低下し、集中力など低下し作業効率が低下します。立って仕事をすることで作業効率も上がります。

立って仕事をするようにして「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ3:立って会議をする

立って会議をするようにして「座りすぎ」を防ぎましょう。

繰り返しですが、ずっと座っていると、脳への血流が低下し、集中力など低下し作業効率が低下します。立って会議をすることで、意見交換もより活発になることでしょう。そして、立ちっぱなしは疲れるため、早く会議を終わらせる効果もあります。

立って会議をするようにして「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ4:用事があるときは直接歩いていく

用事があるときは、内線などで済まさず、直接歩いていって伝えるようにして、「座りすぎ」を防ぎましょう。

用事があるときには出来るだけ「立つクセ」をつけましょう。伝えたい相手の所まで歩いて行って、用件を伝えましょう。

用事があるときは直接歩いていき「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ5:読書の合間で体を動かす

読書をしている時は、合間で体を動かすようにして「座りすぎ」を防ぎましょう。

本にはまってしまうと、長時間座ったままの姿勢になりがちです。本の1章を読み終えたなどキリがいいところで、一旦立ったりストレッチをしたりしましょう。そして、合間の時間で、積極的に体を動かすようにしましょう。

読書をしている時は、合間で体を動かすようにして「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ6:テレビの合間で立つように

テレビを見ている時は、合間で体を動かすようにして「座りすぎ」を防ぎましょう。

ついついダラダラと見てしまいがちなテレビ。まず、テレビを見ていない時には消すようにしましょう。そして、見ている番組でもCMなどの合間の時間には、立ち上がったりして積極的に体を動かすようにしましょう。

テレビを見ている時は、合間で体を動かすようにして「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

座りすぎを防ぐコツ7:ネットショッピングより買い物に出かける

買い物はネットショッピングより買い物に出かけるようにして「座りすぎ」を防ぎましょう。

とても便利なネットショッピングです。スマホでぽちぽちして、後は商品が届くのを待つだけです。とても便利な半面、体を動かさなくなってしまいます。お店に買い物に出かけるようにすると、体を動かすことになります。
買い物はネットショッピングより買い物に出かけるようにして「座りすぎ」を防ぐようにしましょう。

まとめ

今回は「座りすぎを防ぐコツ」について説明しました。

意識していなくても、普段なにげなく座りすぎてしまう人は多いものです。

とくに仕事でデスクワークや、自宅でスマホを触っている時、テレビをだらだらみている時は、座りすぎてしまいがちです。

日々の生活の中で、意識して「立つ習慣」をつけて、座りすぎを防いで、いつまでも健康的に過ごしましょう。

この記事によって「座りすぎを防ぐコツ」の理解が深まり、一人でも多くの人に役に立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です