人工授精の流れ

結論ですが、

人工授精とは、排卵のタイミングに合わせて、夫の精液を調整したものを子宮の中に注入する方法です。

この記事は「こどもが欲しい」と思っているヒトに向けて書いています。
妊活に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「人工授精の流れ」についてわかります。

人工授精の流れについて教えてください!

このような意見にお答えします。

ここ最近、晩婚化の影響を受け、妊娠・出産する年齢が高くなってきております。

加齢に伴って妊娠率は低下するという事実があるため、

「自分は妊娠する体なのだろうか…」と心配して「不妊症」に関して相談する人は多いです。

なお、2022年4月から不妊治療が「保険適応」となります。

こどもが欲しいと思っている人のサポートをしたいと思い、当クリニックも不妊治療に対応したいと思います。

今回は、「人工授精の流れ」について説明したいと思います。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.人工授精とは

人工授精とは、排卵のタイミングに合わせて、精液を調整したものを子宮の中に注入する方法です。

女性側の「排卵のタイミング」に合わせて、「人工授精」が行われます。

「人工」という言葉から、自然ではないという印象を持つかと思います。

しかし、医療介入としては子宮の中に精子を注入する操作が行われるのみであり、それ以外の「受精」「着床」などの妊娠に至るまでのプロセスは自然妊娠と同じとなります。

では、人工授精がどのようにおこなわれるのか、具体的にみていきましょう。

2.人工授精の流れ

人工授精では、女性側の「排卵のタイミング」に合わせて、「精液」を調整したものを子宮の中に注入します。

人工授精の当日に、男性側は精液を採取して、持ってきて頂きます。
精液を採取した後はできるだけ早め(2-3時間以内)に持参するようにします。

採取された精液は、妊娠しやすいように洗浄・濃縮処理を行い調整してから、子宮の中に注入して「人工授精」がおこなわれます。

3.人工授精の女性側の流れ

①人工授精を行う日を決める

「排卵のタイミング」を見定めて人工授精をおこなう日を決めます。
エコーで卵胞(卵巣の中にある卵の入っている袋)の大きさを確認して「排卵のタイミング」を見定めます。
個人差があったり、排卵誘発剤などの条件によって変わりますが、おおよそ卵胞が「20mm」の大きさになると排卵します。その「排卵のタイミング」にあわせて人工授精が行われます。

②人工授精をする

子宮の中にカテーテルという細長いチューブを挿入して、そこから調整した精液を注入します。

エコーで卵胞の大きさを最終確認し、子宮の傾き具合などを確認してから、人工授精が行われます。
子宮の中に細長いチューブを挿入して、そこから調整された精液を注入します。
精液を注入した後は、精液が子宮内に行くように、「3-5分間程度」安静の姿勢をとります。

③排卵誘発剤

人工授精のタイミングで排卵をより確実にするために「hCG」という排卵を誘発する注射剤を使うことがあります。

人工授精のときに、エコーで排卵がされていない状態のときには、排卵を促す注射を使用します。「hCG」という排卵を促す筋肉注射の薬が使用されます。

4.人工授精の男性側の流れ

①精液を採取します

人工授精の当日に、精液を採取して持ってきて頂きます。

精液は「用手法」(マスターベーション)で採取します。
精液を採取する前は手洗いをして清潔にしましょう。
「コンドーム」や「潤滑剤」などには精子を殺してしまう成分が入っていることがあるため、採取するときには使用しないでください。
採取した精液は、「専用の容器」に入れて「名前ラベル」を貼り付けます。
そして、精液はできるだけ早め(2-3時間以内)に持参するようにしましょう。

②精液を調整する

持参した精液は、洗浄・濃縮処理を行い、妊娠しやすいように調整します。

採取された精液は妊娠しやすい状態にするため調整します。
遠心分離をかけて洗浄・濃縮処理する方法や、専用の調整液に浸して運動率の高い活きの良い精子を選別する方法などが行われます。
また、人工授精する精液がどのような状態か精液検査も同時に行われます。

③人工授精をする

子宮の中にカテーテルという細長いチューブを挿入して、そこから調整した精液を注入します。

まとめ

今回は「人工授精の流れ」について説明しました。

今の時代、こどもはとても貴重です。

こどもがいないと、将来の日本が衰退してしまいます。

こどもが欲しいと思っている人をクリニックをあげて全力でサポートしたいと思います。

この記事によって、「人工授精の流れ」についての理解が深まり、一人でも多くの人が子どもを授かり喜ぶことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。