腟カンジダ症とは?

結論ですが、

腟カンジダ症とは、腟の中でカンジダ菌が増殖して、かゆみ・帯下異常などの症状を起こす病気をいいます。

この記事は「症状で困っている」女性に向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「腟カンジダ症」についてわかります。

腟カンジダ症ってなんですか?

このような疑問にお答えします。

「カンジダ」というと、夏場に多いです。
カビの一種である「カンジダ」は、夏場の暑くてジメジメした環境を好むので、カンジダには絶好の季節となります。

ただし、意外と冬や季節の変わり目にも「腟カンジダ症」は多い印象があります。
陰部がむずむずかゆいと、とても不快な気分になります。
夜眠れなかったり、イライラしやすくなったり、作業に集中できなかったり…
生活の質がとても下がります。

そんな、悩みの種となるような「腟カンジダ症」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

腟カンジダ症とは

腟カンジダ症とは、腟の中でカンジダ菌が増殖して、かゆみ・おりもの異常などの症状を起こすことをいいます。

カンジダ菌は、真菌でありカビの一種であり、感染して増殖すると、かゆみなどの症状が起こります。
カンジダが感染する体の部位によって病名が異なります。
たとえば、カンジダ菌が腟の中で増殖して症状を起こすものを「腟カンジダ症」
外陰部にも症状を起こすものを「外陰腟カンジダ症」などといいます。

では、腟カンジダ症について詳しくみていきましょう。

腟カンジダ症の症状

腟カンジダ症では以下のような症状が起こります。

・かゆみ:腟およびその周囲のかゆみ
・帯下異常:おりもの増加、ヨーグルト・お粥・カッテージチーズのような性状
・痛み:腟のヒリヒリ、熱感、刺激感
・腫れ:外陰や腟の発赤・腫脹
・排尿時痛、性交時痛など

腟カンジダ症の検査

視診

診察の基本は病変部をみることであり「視診」は大切です。

まずは、かゆい部分である「外陰部」や「腟内」を観察します。腟内は「腟鏡」(クスコ)という器具を用いて観察します。おりものの量や性状を確認します。

腟カンジダ症では、特徴的なおりものになるので、視診のみでほとんどの場合わかってしまいます。

顕微鏡検査

診断を確定するために、その場ですぐにできる「顕微鏡検査」をおこないます。

顕微鏡で拡大することで、おりものの中に「カンジダ」や「白血球」(カンジダをやっつけるために現れる)などが存在しているか確認します。また、他の病原体がいないかも併せて確認します。

培養検査

顕微鏡検査でははっきりと病原体がわからない場合には、培養検査が行われます。

これは、おりものの中に病原体が存在していれば、培養することによって病原体が増殖することになります。すると病原体が何なのかわかりますし、その病原体に効果のある「抗真菌薬」や「抗生剤」が何なのかわかります。

腟カンジダ症の治療

抗真菌薬

 治療は、カンジダをやっつける薬である「抗真菌薬」が使われます。

これは腟内に挿入する「腟錠」、軟膏やクリームなどの「塗り薬」、「飲み薬」や「注射」などがあります。

腟洗浄

おりものが多すぎる場合には「腟洗浄」や「腟消毒」をおこなうことがあります。ただし、腟内を消毒する場合は「腟内の常在菌」(腟内を他の悪い菌から守っている存在)もやっつけてしまうため最近ではあまり行われないです。

消毒液は用いず、水で洗浄して「おりもの」をキレイに流す感じで行われます。

無症状の場合

陰部がかゆくなく、とくに無症状がなくても「カンジダ」を保菌している人がいます。

とくに症状がなければ基本的には治療は必要ないです。ただし、妊娠中の場合には、経腟分娩のときに赤ちゃんに産道感染することがあるので、無症状でも治療することがあります。

その他

カンジダはジメジメした環境を好むため、通気性の良い下着を着用しましょう。

また、陰部は清潔に保つようにしましょう。ただし、腟内を頻繁に洗浄したり、ゴシゴシ洗ったり、刺激性のつよい石鹸を使ったりすると「腟内の自浄作用」が低下するため控えましょう。

まれに性行為によってカンジダがうつることがあるので、治療が完了するまでは性行為は控えるようにしましょう。

まとめ

今回は「腟カンジダ症」について説明しました。

かゆみによる生活への影響は測かりしれないです。

・夜眠れない…
・作業に集中できない…
・ひっかいてしまってキズが…

などが起こります。

かゆみという症状は意外と深刻です。

少しでも早く「かゆみ」から解放されるために婦人科の受診をすすめます。

婦人科の受診はハードルが高いかと思いますが、勇気をもって婦人科を受診するようにしましょう。婦人科は困った人の味方です。

この記事によって「カンジダ腟症」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。