冬の不眠の原因と対策【3つ】

結論ですが

冬の不眠の原因と対策について「寒さ・冷え」「日照時間の短さ」「運動不足」の3つに絞って説明します。

この記事は「不眠」で悩まされている女性向けに書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬の不眠の原因と対策」についてわかります。

夜眠れないですがどうすればいいですか?

このような悩みにお答えします。

ここ最近の寒い季節、睡眠で悩むひとは多くなります。

寒くて、なかなか寝付けない…
朝ふとんから出るのがしんどい…
朝起きても外は真っ暗…

実は、冬には不眠になりやすいのです。

では、冬の不眠はどのようにすればいいですか?

ということで、今回は「冬の不眠の原因と対策」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

冬の不眠の原因1:寒さ・冷え

冬の寒さによる体の冷えによって「不眠」を来します。

人は眠りに入るときに、手や足先から放熱して、深部体温を下げることに眠りにつきます。しかし、寒さによって手足が冷えてしまうと、放熱がうまくいかず、眠りが妨げられます。
さらに、朝起きた後にフトンの外が寒いと、どうしても起きるのがおっくうになってしまいます。

冬の寒さによって、入眠がうまくいかなかったり、朝うまく起きられず、不眠につながるのです。

対策としては、暖房やエアコンを利用して、部屋の中の温度や湿度などを調整するようにしましょう。朝のタイマー設定を利用することもオススメです。

冬の不眠の原因2:日照時間の短さ

冬になると日照時間が短くなるため「不眠」を来します。

冬になると、日の出の時間が遅くなります。
すると、朝目覚めるときの太陽光の刺激が少なく、目覚めが悪くなります。
また、朝の光刺激が少ないと、体内時計のリセットがうまくいかなくなり、夜の寝付きも悪くなってしまいます。

冬の日照時間が短さのため、朝の目覚めが悪くなり、体内時計のリセットがうまくいかず、「不眠」につながるのです。

対策としては、朝に少しでも出ている太陽の光を積極的に浴びるようにしましょう。

冬の不眠の原因3:運動不足

冬の気温の低さや雪などによって、運動不足になりがちで、「不眠」を来します。

良質な睡眠のためには、「適度な疲労感」も必要です。
冬になると、寒さや雪の影響から、どうしても家の中に引きこもりがちになり、運動不足になりがちです。すると、日中の活動量が少なくなり、適度な疲労感を得ることが難しくなります。

冬は運動不足になりがちであり、適度な疲労感を得ることが難しく、「不眠」につながるのです。

対策としては、日中に少しでもいいので、意欲的に体を動かすようにしましょう。

まとめ

今回は「冬の不眠の原因と対策」について説明しました。

「良質な睡眠」は、心身の健康にとても重要です。

「体の冷えを避けること」「出来るだけ日光を浴びること」「積極的に運動を行うこと」を意識して、良い睡眠につなげましょう。

もし、ご自身で生活状況を改善しても、睡眠がよくならないようであれば、睡眠の専門家に相談するようにしましょう。
夜の睡眠を妨げている「病気」がみつかるかもしれません…。

この記事によって「冬の不眠の原因と対策」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に、笑顔で日常を過ごすことが出来れば頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。