くすりと副作用について

結論ですが

「副作用」とは、医薬品を使用したときに起こる、目的とする効果以外の作用のことをいいます。

この記事は「副作用」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「副作用」についてわかります。

副作用って何ですか?

このような疑問にお答えします。

病院を受診したときに、くすりを処方されるかと思います。
治療効果をねらって、くすりが使われますが、くすりには「副作用」が起こる可能性もあります。

「くすりの添付文書」をみると、たくさんの副作用がずらーっと書いてあります。
副作用をみると、くすりを使うのがコワイと思うかもしれません。

では「副作用」ってなんだろう?

ということで、今回は「副作用」について説明していきます。

この記事のまとめ

副作用を防ぐために

副作用とは

「副作用」とは、医薬品を使用したときに起こる、目的とする効果以外の作用のことをいいます。

くすりを使うときには、何かしらの効果を期待して使います。
その目的とする効果や作用のことを、「主作用」とよばれます。
しかし、くすりには「主作用」以外の作用が起こる場合があり、「副作用」と呼ばれます。

つまり、「副作用」とは、医薬品を使用したときに起こる、目的とする作用「主作用」以外の作用のことをいうのです。

副作用の原因

くすりの性質

くすりを使うと、その薬効(薬の作用)によって、目的と違う部位で効いてしまったり、目的以外の効果が出てしまう場合があります。

くすりの使い方

くすりの飲む時間・間隔・量などの間違いや、他の薬・食品などとの飲み合わせによって起こる場合があります。

患者さんの体質

患者さんの年齢・性別・体重・嗜好品・体質などの影響で起こる場合があります。

患者さんの病状

患者さんの体調が良くないときは、薬の影響を受けやすいです。

副作用の具体例

鎮痛剤

鎮痛剤によって「胃腸障害」「腎障害」「アレルギー」などの副作用が起こる場合があります。

胃腸薬

胃腸薬によって「眠気」「のどの渇き」などの副作用が起こる場合があります。

精神安定剤

精神安定剤によって「眠気」「ふらつき」「めまい」などの副作用が起こる場合があります。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬によって「眠気」「発疹」などの副作用が起こる場合があります。

抗生剤

抗生剤によって「胃腸障害」「腎障害」「下痢」「アレルギー」などの副作用が起こる場合があります。

副作用を防ぐために

正しい薬の飲む方を

くすりの飲む時間・間隔・量、飲み合わせ、生活の注意点などについて、よく理解した上で正しい飲み方をしましょう。

薬の作用を理解する

薬の効果と副作用を天秤にかけたうえで、薬が出されている場合があります。

くすりの作用や、そこから得られる治療効果やどうしても出てくる副作用などについて理解した上で薬を飲みましょう。

薬の副作用を理解する

どんな副作用が現れる可能性があるのか知っておきましょう。

少し様子をみてもいい軽度の副作用なのか、緊急の対応が必要な重度の副作用なのか、対処法について事前に知っておきましょう。

自分の体調を観察する

薬を使ったあとの体調の変化に注意しましょう。また、不安になって自己判断で薬を飲むのを止めてしまったり、量を変えてしまうと病状が悪化する場合があります。
体調の変化に気づいたら、担当の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

まとめ

今回は「くすりと副作用」について説明しました。

「副作用」という言葉を聞くと、薬を使うときにこわくなってしまうかもしれません。

しかし、薬の性質でほぼ必ずおこる「副作用」などもあります。

医療行為すべてに言えることですが、効果などの「メリット」があれば、副作用などの「デメリット」もあります。

それらを天秤にかけた上で、実際にくすりを使うかどうか相談するようにしましょう。

この記事によって「副作用」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立てれば幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です