食中毒の予防【5つのポイント】

結論ですが

食中毒を予防するために、「手洗い」「低温保存」「加熱調理」「健康管理」「消毒・清掃」を心がけましょう。

この記事は「暑い日も健康に過ごしたい」人に向けて書いています。
夏の暑さによる健康管理のポイントを教えます。
この記事を読むことで「食中毒の予防法」についてわかります。

最近は暑い日が続きますが、健康管理で注意することはありますか?

このような悩みにお答えします。

ここ札幌では、連日の暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。
北海道の人は、とくに暑さに弱いです。
暑い日には「熱中症」が心配ですが、他にも注意しなければならないことがあります。

それが「食中毒」です。

暑い日は、病原体が活発となり、食中毒の発生に注意が必要です。

食中毒を予防して健康的に過ごせるよう、
今回は「食中毒予防のポイント」について説明します。

この記事のまとめ

食中毒とは

食中毒とは

食中毒とは、病原性のある「細菌」「ウイルス」「有毒な物質」などがついた食品を食べることによって、さまざまな症状が起こる病気のことです。

とくに暑い夏場は、細菌が増えやすい環境となるため食中毒の発生に注意が必要です。

食中毒予防の原則

食中毒の予防は、原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」という3つの原則があります。

つまり、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが食中毒を防ぐために重要です。

食中毒予防のポイント

では、実際に食中毒を予防するために何をすればいいのか?
「食中毒予防のポイント」について順にみていきましょう。

食中毒予防ポイント1:手洗い

病原体を「つけない」ために、「手洗い」をしましょう。

手には様々な細菌が付着しています。食品に触る前には必ず手洗いを行い、食品に細菌を付けないようにしましょう。
とくに「調理をはじめる前」「生モノ(肉・魚・卵など)を扱う前後」「残った食品を扱う前」「お手洗いの前後」などには必ず手洗いをするようにしましょう。

食中毒予防ポイント2:食品の低温保存

病原体を「増やさない」ために、食品を低温で保存するようにしましょう。

多くの細菌は、高温多湿の環境で活発に増殖します。しかし、低温になると細菌の増殖はゆっくりになります。
食品を購入した後は、できるだけ早めに冷蔵庫に入れて保管するようにしましょう。

食中毒予防ポイント3:加熱調理

病原体を「やっつける」ために、食品を加熱調理しましょう。

ほとんどの細菌やウイルスは熱に弱いです。肉・魚・野菜などの食品は、十分加熱して食べるようにしましょう。
火を使っての調理では、食品の中心部まで加熱されているか確認しましょう。
また、電子レンジを使用する場合には、均一に加熱されているか注意しましょう。

食中毒予防ポイント4:健康管理

病原体を「持ち込まない」ために、食中毒にかからないようにするとともに、食中毒にかかった場合は調理場に入らないようにしましょう。

普段から感染しないように「食べ物の管理」や「家族の健康状態」に注意しましょう。
そして、症状があるときには、食品を直接扱う作業は控えるようにしましょう。

食中毒予防ポイント5:消毒・清掃

病原体を「広げない」ために、細めに調理器具を消毒したり、調理場を清掃しましょう。

万が一、調理場に病原体が持ち込まれても、それが食品に付着しなければ食中毒に至ることはありません。
使用後の「ふきん」「まな板」「包丁」などの調理器具は、十分に洗いましょう。
とくに、生ものを調理した後は、熱湯消毒や消毒剤を使って、しっかりと殺菌するようにしましょう。

まとめ

今回は「食中毒予防のポイント」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。

温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

夏場の暑い日には「食中毒」に注意しましょう。
食品の管理には十分注意して「食中毒」を未然に予防しましょう。

暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。

この記事によって「食中毒予防のポイント」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です