食中毒とは【夏の健康管理】

結論ですが

食中毒とは、病原性のある「細菌」「ウイルス」「有毒な物質」などがついた食品を食べることによって、さまざまな症状が起こる病気のことです。

この記事は「暑い日も健康に過ごしたい」人に向けて書いています。
夏の暑さによる健康管理のポイントを教えます。
この記事を読むことで「食中毒」についてわかります。

最近は暑い日が続きますが、健康管理で注意することはありますか?

このような悩みにお答えします。

ここ札幌では、連日の暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。
北海道の人は、とくに暑さに弱いです。
暑い日には「熱中症」が心配ですが、他にも注意しなければならないことがあります。

それが「食中毒」です。

夏の暑い日も健康で過ごせるポイントを解説したいと思います。
その中でも、今回は「食中毒」について説明します。

この記事のまとめ

食中毒とは

食中毒とは、病原性のある「細菌」「ウイルス」「有毒な物質」などがついた食品を食べることによって、さまざまな症状が起こる病気のことです。

「サルモネラ菌」「大腸菌(O-157,O-111など)」「カンピロバクター」「ノロウイルス」などの病原体によって起こります。
とくに暑い夏場は、細菌が増えやすい環境となるため食中毒の発生に注意が必要です。

食中毒の症状

食中毒の症状は、「吐き気」「おう吐」「下痢」「腹痛」「発熱」などがあります。

体に有毒な物質を取り入れてしまった食中毒では、吐いて出そうとしたり、下痢が起こったりして、体外に出そうとする反応が起こります。
つまり、食中毒では「おう吐」「下痢」などの症状によって有害物質を排出する防衛反応が起こるのです。

食中毒の治療

食中毒の治療は、「水分・ミネラル分補給」「点滴」「制吐剤」「整腸剤」などがあります。

食中毒では、根本的な治療は基本的にはなく対症療法が中心となります。
「おう吐」や「下痢」で水分やミネラル分を喪失するため、十分に補う必要があります。
口から飲めない場合には、点滴が必要となります。
また、吐き気が強い場合には「制吐剤」、下痢がひどければ「整腸剤」は処方されます。
ただし「下痢止め」は食中毒を悪化させる可能性があるため基本的には使いません。

食中毒の予防

食中毒予防の3ポイント

食中毒の予防は、原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」という3つがポイントです。

食中毒を防ぐためには、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことがポイントになります。

つけない

原因菌を「つけない」ために、「手洗い」をしましょう。
手には様々な細菌が付着しています。食品に触る前には必ず手洗いを行い、食品に細菌を付けないようにしましょう。

増やさない

原因菌を「増やさない」ために、食品を低温で保存するようにしましょう。
低温になると細菌の増殖はゆっくりになります。食品や購入後できるだけ早めに冷蔵庫に入れて保管するようにしましょう。

やっつける

原因菌を「やっつける」ために、食品を加熱調理しましょう。
ほとんどの細菌やウイルスは熱に弱いです。肉・魚・野菜などの食品を十分加熱して食べるようにしましょう。また、「ふきん」「まな板」「包丁」などの調理器具は、使用した後は、十分に洗って、加熱殺菌するようにしましょう。

まとめ

今回は「食中毒」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

夏場の暑い日には「食中毒」に注意しましょう。
食品の管理には十分注意して「食中毒」を未然に予防しましょう。

暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。

この記事によって「食中毒」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です