更年期障害の症状は?

結論ですが、
更年期障害では、「自律神経症状」「精神神経症状」「運動器症状」などの様々な症状が起こります。

この記事は「更年期障害」について知りたい女性に向けて書いています。
「更年期障害」に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「更年期障害の症状」についてわかります。

最近イライラしやすい…
夜ぐっすり眠れないです…
腰がずっと痛いです…

これって更年期障害なのですか?
そして更年期障害にはどのような症状がありますか?

このような疑問にお答えします。

40歳後半になると、心身ともにさまざまな不調が起こりやすいです。
さまざまな症状が起こってくると…
「自分は更年期にさしかかっているかもしれない」と思うかもしれません。

更年期障害では、じつにさまざまな症状が起こります。

ということで、今回は「更年期障害の症状」について説明します。

この記事のまとめ

更年期障害とは

更年期障害とは、「更年期」に現れる様々な症状によって、日常生活に支障を来たす状態のことをいいます。

日本人の「閉経」の年齢は、平均で50歳であり、「閉経」の前後約5年間を「更年期」とよばれています。
更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、さまざまな症状が起こります。

また、ホルモンの変化だけでなく、子どもの自立、親の健康問題、介護問題など環境の変化も起こりやすい時期でもあり、発症に関わっています。

そんな様々な症状をきたす更年期障害ですが、
「更年期障害の症状」について順にみていきましょう。

更年期障害の症状1:自律神経症状

更年期障害では、自律神経の乱れが起こり「自律神経症状」が起こります。

具体的に言うと、体温を調節する機能が障害されて、「のぼせ」「ほてり」「発汗」などの「hot flush」とよばれる症状が起こります。また、「手足の冷え」が起こったり、心拍を調節する機能が障害されて、「動悸」「息切れ」などの症状が起こります。

更年期障害では、自律神経の乱れが起こり「自律神経症状」が起こるのです。

更年期障害の症状2:精神神経症状

更年期障害では、エストロゲンの低下によって「精神神経症状」が起こります。

具体的に言うと、「イライラしやすい」「感情のコントロールがつかない」、「抑うつ感」「不安感」「焦燥感」などの精神神経症状が起こります。さらに、「夜ねむれない」「途中でおきてしまう」「熟睡感がない」などの睡眠障害も起こります。

更年期障害では、「精神神経症状」が起こるのです。

更年期障害の症状3:運動器症状

更年期障害では、エストロゲンの低下による骨軟骨の障害によって「運動器症状」が起こります。

具体的に言うと、「腰痛」「関節痛」「肩こり」などの症状が起こります。
とくに「腰痛」では、閉経後の骨粗しょう症と関係している場合があり、骨密度の計測など必要な場合があります。

更年期障害では、骨軟骨の障害によって「運動器症状」が起こるのです。

更年期障害の症状4:その他

消化器症状

更年期障害では、エストロゲン低下によって消化管の機能が低下して、「吐き気」「食欲低下」などの「消化器症状」が起こります。

性器・泌尿器症状

更年期障害では、エストロゲン低下によって「萎縮性腟症」となり、「外陰部の違和感」「性交時痛」「排尿障害」などの「性器・泌尿器症状」が起こります。

その他

更年期障害では、その他に、「易疲労感」(疲れやすい)、「頭痛」「腹痛」「めまい」などの症状が起こります。

まとめ

今回は「更年期障害」について説明しました。

更年期障害の症状で悩まされているときに、
婦人科を受診するかどうか迷ってしまう場合があるかと思います。

更年期障害には、女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」や「漢方薬」、症状をおさえる「対症療法」など行われます。

あなたが悩まされている症状を和らげることが出来ます。

勇気を出して婦人科を受診して相談するようにしましょう。
婦人科は悩んでいる人の味方です。

この記事によって、「更年期障害の症状」についての理解が深まり、更年期障害の悩みが解決し、健康的に笑顔で過ごせる人が一人でも多くなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です