暑さに備えた体づくりを【暑熱順化】

結論ですが

暑熱順化の方法として、「ジョギング」「サイクリング」「筋トレ・ストレッチ」「入浴」「サウナ」などがあります。

この記事は「暑さ対策」をしたい人に向けて書いています。
猛暑による熱中症を予防したい人にの解決方法を教えます。
この記事を読むことで「暑熱順化の方法」についてわかります。

最近は暑い日が続きますが、事前にできる暑さ対策はありますか?

このような悩みにお答えします。

ここ札幌では、連日の暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。

北海道の人は、とくに暑さに弱いです。
さらにエアコンを置いてある家庭は少ないため、「熱中症」が心配です。

本格的に暑くなる前に、出来ることはありますか?

あります。
「暑熱順化」というものです。

では具体的にどのようにおこなうのか?
今回は「暑熱順化の方法」について説明していきます。

この記事のまとめ

暑熱順化とは

暑熱順化とは

暑熱順化とは、体が暑さに慣れることをいいます。

暑さに体が慣れていないと、熱中症になる危険性が高まります。暑熱順化によって、体が暑さに慣れていき、暑さに強い体になっていきます。

暑熱順化による体の変化

暑熱順化によって、暑さに備えた体となります。

人は、運動や作業などで体を動かすと、体内で熱が作られて体温が上昇します。
汗をかくことによる「気化熱」、心拍数上昇や血管拡張によって外に熱を逃がす「放散熱」などによって体温を下げるように調整しています。

暑熱順化によって、この体温調整がうまくいき、暑さに強くなるのです。

暑熱順化の方法

暑熱順化によって、暑さに備えた体となります。

本格的に暑くなる前に、「暑熱順化」によって暑さに慣れておきましょう。そして、熱中症になりにくい体にしましょう。
では、順に「暑熱順化の方法」をみていきましょう。

暑熱順化の方法1:ジョギング

暑熱順化の方法として「ジョギング」があります。

暑熱順化には、軽い運動が効果的です。とくに、有酸素運動がオススメです。
ジョギングなどの有酸素運動をすることによって汗をかいて、体を暑さに慣れさせましょう。

普段運動習慣がない人では、「ウォーキング」などからはじめて、目安として1回15-30分程度、週5回程度おこないましょう。

暑熱順化の方法2:サイクリング

暑熱順化の方法として「サイクリング」があります。

繰り返しですが、暑熱順化には、負荷が軽い有酸素運動が効果的であり、オススメです。
目安として、1回30分程度、週3回程度おこないましょう。
通勤や買い物など日常生活で取り入れてみてはいかがでしょう。

暑熱順化の方法3:筋トレ・ストレッチ

暑熱順化の方法として「筋トレ」「ストレッチ」があります。

「筋トレ」や「ストレッチ」は屋内でも行うことができ、軽く汗をかくことができます。
目安として、1回30分程度、週5回程度おこないましょう。
ただし、屋内の温度には注意して、暑くなりすぎないように無理しないでおこないましょう。

暑熱順化の方法4:入浴

暑熱順化の方法として「入浴」があります。

湯舟にお湯をはって入浴をして、適度に汗をかくようにしましょう。

目安として、2日に1回程度おこないましょう。
入浴の前後には適度に水分・ミネラル分を補給して脱水にならないよう注意しましょう。

また、入浴には疲労回復などの効果もあります。シャワーのみで済ませず、湯舟にお湯をはって入浴する習慣をつけましょう。

暑熱順化の方法5:サウナ

暑熱順化の方法として「サウナ」があります。

サウナの暑い乾燥した環境に身をさらし、適度に汗をかくようにしましょう。

目安として、1-2週間に1回程度おこないましょう。
サウナの前後には適度に水分・ミネラル分を補給して脱水にならないよう注意しましょう。

また、危険ですので、無理をしてサウナでガマンしすぎないようにしましょう。

まとめ

今回は「暑熱順化の方法」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

暑さで外に出たくないと、家でだらだら過ごしてしまう人もいるかもしれません。
個人的には、夏の暑さは楽しんで乗り越えたいものです。

夏の暑さを楽しむためにも、本格的に暑くなる前に、暑さに強い体づくりをしておく必要があります。

是非とも「運動」や「入浴」を習慣化して、暑い時期を楽しく乗り切りましょう。

この記事によって「暑熱順化の方法」がわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です