プロテインをオススメする場面【5つのシーン】

結論ですが、
タンパク質を効果的に補給するために「プロテイン」を利用することをすすめます。

この記事は「食と健康に関心のある」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「プロテインをオススメする場面」についてわかります。

おそらく皆さんは、健康のために「栄養バランスの良い食事」「適度な運動」「十分な睡眠」「規則正しい生活」が健康に良いということは、何回も耳にしていることと思います。

この中でも、日々の生活の中で食事に関して気にされる人は多いかと思います。

ついつい食べ過ぎてしまう…
忙しくて規則的な食事ができない!
どのような食事が健康にいいですか?

このような悩みや疑問にお答えします。

忙しい現代人は、食生活が乱れてしまう人が多いです。
とくに仕事が忙しすぎて、食事を抜いてしまったり、簡単なインスタント食品・コンビニ弁当で済ませるなんてことも…。

食事は人の口から体に入ってくる大切なものです。
食事によって摂取された栄養によって、われわれの体が出来上がるのです。

「医食同源」という言葉があるのように、「食」というものはとても重要です。

普段の食事で「タンパク質」を必要な量を摂取することが基本です。
しかし、不規則な食生活や、運動習慣がある人にとっては「タンパク質」は不足しがちになってしまうこともあります。

そのときに「タンパク質」を効果的に摂取するために「プロテイン」をオススメしています。プロテインは栄養補助食品として、とても優秀です。
ただし、実際にどのような時に「プロテイン」を使うのかわからないことがあるかと思います。

ということで、今回は「プロテインをオススメする場面」について説明していきます。

この記事のまとめ

プロテインとは

「タンパク質」を効果的に補給するために「プロテイン」を利用することをすすめます。では「タンパク質はどのような栄養素なのか」についてはじめに説明します。

タンパク質は3大栄養素の一つ

「タンパク質」は、「炭水化物」「脂質」とならんで3大栄養素の一つです。
「肉」や「魚介類」「乳製品」「卵」「大豆」などの食品に「タンパク質」は多く含まれています。しかし、日々の忙しい現代人では栄養バランスがかたよってしまい、十分にタンパク質を摂取できないなんてことも…。また、運動習慣がある人や、スポーツを本気で行っている人、筋トレをしてしている人、とくに一流アスリートでは、体を動かさない人よりも「タンパク質」の必要量が多くなります。
健康のためには運動習慣が重要ですが、運動習慣がある人はとくに意識して「タンパク質」をとるようこころがけるようにしましょう。

タンパク質は体をつくる

ヒトの体の構成(成人の体組成)は、以下の通りです。

  • 水分:約65%
  • タンパク質:約15%
  • 脂質:約15%
  • ミネラル:約5%
  • 糖質:1%未満

「水分」を除くと、体の組成は「タンパク質」と「脂質」で大部分を占めています。

また、タンパク質は、「筋肉」「皮膚」「臓器」「毛髪」「骨」など体のあらゆる場所に存在しています。また、体の機能を調整している「ホルモン」「酵素」「抗体」などの材料にもなっています。つまり、「タンパク質」は「体をつくる材料」と言えます。

タンパク質はエネルギー源

「タンパク質」は、「炭水化物」や「脂質」とともにエネルギーをつくる栄養素の一つです。
ヒトの体を動かしたりするときなどエネルギーが必要となった場合には、「炭水化物」が優先的にエネルギー源として使われます。しかし、「炭水化物」が不足すると「タンパク質」や「脂質」がエネルギー源になるのです。タンパク質「1g」当たり「4kcal」のエネルギーとなります。

タンパク質の摂取基準量

では、タンパク質はどのくらいの量をとればいいのか?

日本人の食事摂取基準によると、1日に必要なタンパク質は「摂取エネルギーの13-20%」が理想とされています。推奨量は成人男性で「1日60g」、成人女性で「1日50g」となっています。

ただし、運動を多くするような人、アスリート、筋肉をつけたい人は、それより多くのタンパク質をとる必要があります。
運動習慣がある人(運動レベルⅢ)で「体重あたり約2g」(体重60kgで120g程度)、一流アスリートやボディビルダーなどで「体重あたり約3g」(体重60kgで180g程度)と通常より多くのタンパク質が必要であるとされています。

タンパク質が不足すると

では、タンパク質は不足するとどうなるのか?

タンパク質が不足すると、「体の材料」が減ってしまうことになり「筋肉量の減少」「肌や毛髪のトラブル」などにつながります。
とくに「一流アスリート」や「ボディビルダー」などでは、タンパク質が足りないと「筋肉量の減少」からパフォーマンスレベルが下がってしまうことにつながります。
また、「ホルモン」「酵素」「抗体」などの体の機能を調整している物質も不足することになり、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなったり、体の不調の原因にもなってしまいます。

プロテインをオススメする

プロテインによって「タンパク質を効率よく摂取できる」だけでなく、「脂質・カロリーを抑えられる」「カラダづくり」「トレーニング前後の栄養補給」「手軽に摂れる」といった理由から、「プロテイン」を活用することをすすめています。

しかし、「プロテイン」を使ったことがない人は、実際に「プロテイン」をいつ使えばいいのかわからない場合が多いかと思います。「プロテインをオススメする場面」について順に説明していきます。

プロテインをオススメする場面1:食事量が少ない場合

食事する量が少ない場合、プロテインを使うことをオススメします。

「プロテイン」は「タンパク質」を含めさまざまな栄養素を効率的に摂取することができます。たとえば、食欲が低下して食事をする量が少なくなってしまった場合、少ない食事の量でも、より効率的に栄養素を摂取する必要が出てきます。
そのときに、「プロテイン」が活躍します。食事に加えて、「プロテイン」を使うことで、「タンパク質」含めさまざまな栄養素が効率的に摂取することができます。最悪の場合は食事の代わりに「プロテイン」を用いても良いでしょう。
以前と比べて、美味しい味のプロテインが多くあります。食欲が低下していても、飲みやすかったり食べやすい「プロテイン」を使ってみましょう。

食事する量が少ない場合、栄養素を効率的に摂取するために「プロテイン」を活用してみてはいかがでしょうか。

プロテインをオススメする場面2:食事をする時間が少ない場合

食事する時間が少ない場合、プロテインを使うことをオススメします。

忙しい現代人は、食事をする時間が少ない場合があるかと思います。とくに働いている人であれば、弁当などを買いに行く時間すらも惜しい場合があるかと思います。
また、食事するための準備に時間がとられてしまうことも…
そのときに「プロテイン」があれば短時間でサッと栄養補給することが出来ます。
以前からあるような、牛乳や水に溶かして飲む「プロテイン」の他、「プロテインバー」や「プロテインヨーグルト」などさまざまな種類のプロテインがあります。
手元にプロテインがあれば、短時間で手軽に栄養補給することが出来ます。

食事する時間が少ない場合、短時間で手軽に栄養補給するために「プロテイン」を活用してみてはいかがでしょうか。

プロテインをオススメする場面3:トレーニングの前後

運動習慣がある人は、トレーニングの前後にプロテインを使うことをオススメします。

トレーニングをおこなっている人は、体の筋肉などを非常に使っており、その修復などでタンパク質が必要になります。運動していない人と比べると、タンパク質の必要量が多くなります。
すると、普段の食事では、十分な「タンパク質」がまかなえないこともあるため、効率的にタンパク質を摂取すことができる「プロテイン」を活用するといいでしょう。

とくに「一流アスリート」や「ボディビルダー」などでは、タンパク質が足りないと「筋肉量の減少」からパフォーマンスレベルが下がってしまうことにつながります。

運動習慣がある人は、タンパク質が不足しないように、トレーニングの前後にプロテインを使うことをオススメします。

プロテインをオススメする場面4:ダイエットしたい場合

ダイエットしたい人は、プロテインを使うことをオススメします。

プロテインにはさまざまな種類があります。そのうち「カゼインプロテイン」や「ソイプロテイン」という種類のものは、消化されるのがゆっくりであるため、腹持ちが良いです。
すると、食欲をおさえることができて、食べ過ぎを防いでくれます。
また、「プロテイン」はタンパク質含め体に必要な栄養素が多く含まれているにも関わらず、カロリーが抑えられているものが多いです。プロテインを利用することで、カロリーの摂りすぎも防いでくれます。

食事などで減量・ダイエットをしたい人は、プロテインを使うことをオススメします。

プロテインをオススメする場面5:美容面を磨きたい場合

美容面を磨きたい人は、プロテインを使うことをオススメします。

プロテインにはさまざまな種類があります。
そのうち「ソイプロテイン」という種類のものは、「大豆イソフラボン」が含まれており、さまざまな健康効果も期待できます。
具体的にいうと、「更年期症状を改善する」「骨粗しょう症を予防する」「コレステロールを改善する」「がんのリスクを下げる可能性がある」「美しい肌を作る」などの効果があります。体の外見だけでなく、内面から美しくする効果が期待できます。

外見だけでなく内面の美を磨きたい人は、プロテインを使うことをオススメします。

まとめ

健康に過ごすために「日々の食生活」がとても大切です。

今回は、「食」を「栄養素」の視点でみていきました。
とくに三大栄養素の一つである「タンパク質」を効果的にとるために「プロテイン」を活用することをオススメしています。

「プロテイン」は栄養補助食品としてとても優秀であるため、日々忙しく十分に食事を摂れない人、不規則な食生活になっている人や、運動習慣がある人には是非とも活用してみてはいかがでしょうか。そして、ダイエットしたい人、美容面を磨きたい人なども「プロテイン」を使ってみてはどうでしょうか。

この記事によって「プロテインをオススメする場面」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的な生活を送ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です