夏に運動を行うポイント【5つ】

結論ですが

夏に運動を行うには、「涼しい服装で」「日焼け止めを塗る」「朝や夕夜に運動を」「日陰や室内を利用する」「こまめな水分補給」などのポイントがあります。

この記事は「夏の健康管理」について知りたいヒトに向けて書いています。
病気・健康・くすりに関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「夏に運動を行うポイント」についてわかります。

夏の暑い日に運動したいのですが、どうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

最近は暑い日が続きますね。

ここ札幌でも暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。
北海道の人は、とくに暑さに弱いです。

夏の暑い中で運動をおこなうときには、とくに「熱中症」に注意が必要です。

では、夏に運動をおこなう場合、どのようなポイントがあるでしょう?

ということで、今回は「夏に運動を行うポイント」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

夏に運動を行うポイント1:涼しい服装で

夏に運動を行う場合には、「涼しい服装で」行うようにしましょう。

薄手のTシャツに、短パンなど涼しい格好で運動しましょう。
外からの熱の吸収をおさえ、体内の熱を逃すような服装が理想です。
素材は、汗の吸収性や通気性の高い「綿」や「麻」などがいいでしょう。また「メッシュ構造」のものもオススメです。

また、晴れた日には「帽子」をかぶって直射日光から守りましょう。

夏に運動を行う場合には、「涼しい服装で」行うようにしましょう。

夏に運動を行うポイント2:日焼け止めを塗る

夏に運動を行う場合には、「日焼け止めを塗る」ようにしましょう。

暑い日には、Tシャツ・短パンなど肌の露出が多くなり、直射日光の肌へのダメージを受けることになります。
肌へのダメージをおさえるため、日焼け止めを塗るようにしましょう。

なお、日焼け止めの種類は、汗で日焼け止めが落ちてしまうこともあるため、発汗に強いスポーツ用の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

夏に運動を行う場合には、「日焼け止めを塗る」ようにしましょう。

夏に運動を行うポイント3:朝や夕夜に運動を

夏に運動を行う場合には、「朝や夕夜に運動を」行うようにしましょう。

夏の日中は、とても暑いです。
比較的涼しい朝方や夕夜に運動を行うようにしましょう。
ただし、夕方はアスファルトにこもっている熱の影響を受けるため、一日の予定にもよりますが出来れば日が落ちた夜に運動を行うようにしましょう。

夏に運動を行う場合には、比較的涼しい「朝や夕夜に運動を」行うようにしましょう。

夏に運動を行うポイント4:日陰や室内を利用する

夏に運動を行う場合には、「日陰や室内を利用する」ようにしましょう。

「日陰」が多い道を選んで直射日光に当たらず涼しい場所で運動するようにしましょう。
ランニングする場合は、山道や林道がオススメです。
公園の木陰になっているスペースなどで運動しましょう。

また、あまりにも暑い日には室内での運動もオススメです。
体育館やジムなど空調が整っている環境で、涼しく運動しましょう。

夏に運動を行う場合には、「日陰や室内を利用する」ようにしましょう。

夏に運動を行うポイント5:こまめな水分補給を

夏に運動を行う場合には、「こまめな水分補給」を心がけましょう。

暑い日は知らず知らずのうちに汗をかいて水分が失われているものです。
のどが渇く前から、こまめに水分補給をしましょう。
なお、水分とともに塩分も補給することで、効率的に体内に水分が吸収されます。

夏に運動を行う場合には、「こまめな水分補給」を心がけましょう。

まとめ

今回は「夏に運動を行うポイント」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

夏の暑い日に運動する場合は「熱中症」に注意しましょう。
また、猛暑日には外での運動は控えて、室内で今までやっていないスポーツに挑戦するのもいいでしょう。
熱中症で死に至る場合もあるため、ときには運動をしない勇気も必要です。

暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。

この記事によって「夏に運動を行うポイント」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。