熱中症予防とコロナ感染防止【5つのポイント】

結論ですが

熱中症予防とコロナ感染防止のために「屋外ではマスクをはずす」「暑さを避ける」「こまめな水分補給を」「エアコン使用中も換気を」「日頃の体調管理」などが重要です。

この記事は「夏の健康管理」について知りたいヒトに向けて書いています。
病気・健康・くすりに関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「熱中症予防とコロナ感染防止のポイント」についてわかります。

熱中症の対策をすると感染防止がおろそかになるのではないかと思いますが、どうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

最近は暑い日が続きますね。

ここ札幌でも暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。
北海道の人は、とくに暑さに弱いです。

夏の暑い日には、とくに「熱中症」に注意が必要です。

感染防止のためにマスクを着用しています。
しかし、マスクの着用によって熱中症のリスクが上がりますが、どうすればいいですか?

実は、厚生労働省では、その答えを示しています。

では、熱中症予防をするとコロナ感染防止のために、どうすればいいでしょう?

今回は「熱中症予防とコロナ感染防止のポイント」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

熱中症とコロナ対策1:屋外ではマスクをはずす

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「屋外ではマスクをはずす」ようにしましょう。

コロナ感染を防ぐために「マスク」が用いられるかと思います。
しかし、屋外ではマスク着用により、とくに暑い夏場では熱中症のリスクが高まります。

とくに運動をするときには忘れずに「マスク」をはずしましょう。
屋外での「散歩」「ランニング」「通勤」「通学」等もマスクの着用の必要はありません。

ただし、近距離(2m以内が目安)で会話をする場合には「マスクの着用」をするようにしましょう。夏に運動を行う場合には、「涼しい服装で」行うようにしましょう。

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「屋外ではマスクをはずす」ようにしましょう。

熱中症とコロナ対策2:暑さを避ける

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「暑さを避ける」ようにしましょう。

暑い環境下に長時間いると熱中症のリスクが高まります。
涼しい服装になって、日傘や帽子を利用して直射日光から守りましょう。
また、少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所に移動しましょう。涼しい室内に入れなければ、外でも日陰など涼しい場所を探しましょう。

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「暑さを避ける」ようにしましょう。

熱中症とコロナ対策3:こまめな水分補給を

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「こまめな水分補給を」するようにしましょう。

暑い日は知らず知らずのうちに汗をかいて水分が失われているものです。
のどが渇く前から、こまめに水分補給をしましょう。1日あたり1.2Lを目安に行いましょう。
とくに入浴前後や起床後は脱水になりがちなので、意識して水分補給をしましょう。
なお、水分とともに塩分も補給することで、効率的に体内に水分が吸収されます。

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「こまめな水分補給を」するようにしましょう。

熱中症とコロナ対策4:エアコン使用中も換気を

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「エアコン使用中も換気を」するようにしましょう。

一般的な家庭用のエアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気を行っていません。
エアコンを止める必要はありませんが、エアコン使用中もこまめに換気をしましょう。

窓とドアなど2カ所を開けるようにしたり、扇風機や換気扇を併用するようにしましょう。換気した後は、エアコンの温度を設定しなおして、適切な温度に調整しましょう。

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「エアコン使用中も換気を」するようにしましょう。

熱中症とコロナ対策5:日頃の体調管理を

熱中症予防とコロナ感染防止のために「暑さに備えた体づくり」と「日頃の体調管理」をしましょう。

「暑さに備えた体づくり」と「日頃の体調管理」がとても大切です。
「やや暑い環境」で「ややキツイ」と感じる強度で毎日30分程度を目安にしましょう。

毎日、決まった時刻に体温測定と健康チェックをしましょう。
そして、体調が悪いときは、無理をせず自宅で静養するようにしましょう。

熱中症予防とコロナ感染防止のために、「暑さに備えた体づくり」と「日頃の体調管理」をしましょう。

まとめ

今回は「熱中症予防とコロナ感染防止のポイント」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

夏の暑い日に運動する場合は「熱中症」に注意しましょう。
そして、感染防止の視点も忘れずに行動しましょう。

暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。この記事によって「熱中症予防とコロナ感染防止のポイント」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。