陰部の皮膚がただれています【陰部びらん】

結論ですが

陰部の皮膚がただれた場合は、恥ずかしがらず勇気をもって婦人科を受診するようにしましょう。

この記事は「症状で困っている」女性に向けて書いています。
女性特有の症状の悩みが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「陰部びらん」についてわかります。

陰部がただれていますが、どうすればいいですか?

このような悩みにお答えします。

陰部に「病変」が出来た場合は、部位が部位だけに恥ずかしいかと思います。

どこの科を受診すればいいのだろう?
皮膚の病変だけれども、部位的にみてもらうのは恥ずかしい…
婦人科でみてもらうのがいいのだろうか?

など悩むことでしょう。

では、陰部がただれた場合どうすればいいのか?

陰部がただれた状態を「陰部びらん」といいます。
正確にいうと、皮膚の表面の部分が失われた状態のことをいいます。
では、今回は「陰部びらん」について説明していきます。

この記事のまとめ

陰部びらんとは


「陰部びらん」は、陰部の皮膚表面の部分が失われ、陰部がただれた状態のことをいいます。

陰部をみて、皮膚表面の部分が失われて、ただれていた場合「陰部びらん」の可能性があります。ただれている部分は赤くなっており、痛みやかゆみを伴います。
なお、皮膚が深くむけて表皮の奥の方の真皮や皮下組織まで達した場合「潰瘍」(かいよう)とよばれます。

「陰部びらん」の原因はさまざまあります。とくに、「感染症」であれば性行為などによって感染したり、他の人に感染させて病気を広げてしまう恐れがあります。
全身の症状を呈する病気も隠れていることもあり、放置すると病変が広がってしまうおそれがあります。

では、「陰部びらん」について順にいきましょう。

陰部びらんの原因

ヘルペス

ヘルペス感染は、単純ヘルペスウイルス(1型,2型)とよばれるウイルスによる感染症です。おもに性行為によって性器や口唇などに感染をおこし「性器ヘルペス」や「口唇ヘルペス」となります。

女性の場合は性行為をした「2-10日後」あたりから発症し、外陰部に「みずぶくれ」「びらん」、進行すると「潰瘍」などの病変がみられ、ピリピリした痛みをともなう場合が多いです。

梅毒感染

梅毒は「梅毒トレポネーマ」という病原体が原因の感染症です。
おもに、性行為(セックス・オーラルセックス・アナルセックスなど)の際に、血液・精液・腟分泌液などの体液を介して感染します。
梅毒の感染によって全身にさまざまな皮膚の病変が出来ます。
梅毒感染から3-6週間の第1期梅毒の時期に、痛みを伴わない「びらん」や「潰瘍」ができます。また、「初期硬結」「硬性下疳」、「バラ疹」「扁平コンジローマ」などさまざまな皮膚症状を呈します。

ベーチェット病

ベーチェット病は、全身の臓器におこる粘膜の炎症をともなう「全身性炎症性疾患」です。症状は慢性的におこり、再発することが特徴です。おもに「陰部」「口の中」「皮膚」「眼」の4つの部位に、「びらん」や「潰瘍」などの皮膚症状をきたします。

軟性下疳

軟性下疳とは、「軟性下疳菌」による感染症です。
おもに性行為によって感染します。性器の皮膚または粘膜に「痛みをともなう潰瘍」や「鼠径リンパ節の腫れ」などの症状を呈します。

陰部びらんの検査

視診・触診

陰部の病変を見たり触ったりして診断します。

まずは、病変をみることによって、「陰部びらん」なのかどうか、その範囲はどこまで広がっているかなど判断します。そして触って「できもの」の「硬さ」や「動きやすさ」「痛みがおもなうか」など確認します。
また、鼠径リンパ節が腫れているか、痛みをともなうかなど確認します。

陰部の「できもの」は、視診や触診だけで8割程度は診断することができると言われています。

プライムチェック

プライムチェックは、陰部びらんや潰瘍などの病変に単純ヘルペスウイルスの抗原が含まれているか迅速に検査することができます。

陰部の潰瘍などの病変を擦って検体を採取して、検査キットで検査します。その場で検査結果が判明しますが、ヘルペス感染であっても検査結果が「陰性」となる可能性もあるため結果の判断は慎重におこないます。

血液検査

血液検査でおもに梅毒感染・炎症性疾患・細菌感染などの可能性を判断します。

梅毒抗体(RPR法やTPHA法など)の検査や、CRP・白血球などの炎症反応を検査して、「梅毒感染」や「ベーチェット病」、軟性下疳などの「細菌感染」の可能性を判断します。

陰部びらんの治療

ヘルペス

ヘルペス感染の治療として、抗ウイルス薬である「バラシクロビル」「アシクロビル」などの薬が使われます。
再発を何度も繰り返す場合は、再発予防のために「抗ウイルス薬」を毎日継続的に飲んでもらうことがあります。

梅毒感染

梅毒感染の治療は、ペニシリン系の「抗生剤」が使われます。

ベーチェット病

ベーチェット病の治療は、「ステロイド」の塗り薬、「プロスタグランジン」の塗り薬など使います。また、病変が大きく、治療に苦慮する場合には「ステロイド」の全身投与も行います。

軟性下疳

軟性下疳の治療は、「抗生剤」が使われます。

まとめ

今回は「陰部びらん」について説明しました。

陰部に何かできものが出来た場合、受診をして診察を受けましょう

陰部に「病変」が出来た場合は、部位が部位だけに恥ずかしいかと思います。
しかし、病気を他の人にうつしてしまう可能性や、病変が悪化して取り返しのつかないことになる場合があります。

勇気をもって婦人科を受診するようにしましょう。
婦人科は困っている人の味方です。

この記事によって「陰部びらん」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です