オキナゾール腟錠とは?

結論ですが、
オキナゾール腟錠は、「抗真菌薬」が入っている腟錠のくすりであり、カンジダによる腟炎や外陰腟の治療で使われます。

この記事は「処方されるくすり」について知りたいヒトに向けて書いています。
くすりの疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています
この記事を読むことで「オキナゾール腟錠」についてわかります。

「オキナゾール腟錠」というくすりって何ですか?

このような疑問にお答えします。

腟錠を出された場合、どのように、どのタイミングで使っていいものか疑問になるかと思います。
そして、くすりの使い方を教えてもらっても…
いざ、くすりを使おうとした場合に忘れてしまっていたり、本当にこれで合っているのか心配になるかと思います。

では、「オキナゾール腟錠」ってなんだろう?

ということで、今回は「オキナゾール腟錠」について説明します。

この記事のまとめ

オキナゾール腟錠とは

オキナゾール腟錠は、「抗真菌薬」が入っている腟錠のくすりです。

オキナゾール腟錠は、「オキシコナゾール」という「抗真菌薬」が入っています。
膣の中にいれて使用する「腟錠」のくすりです。処方されたら、ご自身で腟の中に挿入して使用します。浅いとすぐに腟錠が出てきてしまうため、腟の奥の方に入れて使うようにします。

オキナゾール腟錠の効果

オキナゾール腟錠は、「抗真菌薬」が入っている腟錠のくすりであり、カンジダによる腟炎や外陰腟炎の治療で使われます。

「オキシコナゾール」という成分が、「カンジダ」の細胞膜に対して殺菌作用・発育阻止することによって、炎症やかゆみをおさえます。
カビの一種である「カンジダ」の感染にともなう「腟炎」や「外陰腟炎」の治療で使われます。

オキナゾール腟錠の使い方

腟錠の使い方

オキナゾール腟錠は、腟の奥の方に入れるように使います。

まずは、手を洗い清潔にします。そして、足を開いて、指先で腟錠を奥の方に挿入します。
浅いと腟錠がすぐに出てしまうため注意が必要です。
また、挿入後は激しい運動は控えるようにしましょう。寝る前に挿入することをオススメします。

100mgと600mg

オキナゾール腟錠は、「100mg」と「600mg」のタイプがあり、それぞれ使い方が違います。

オキナゾール腟錠「100mg」タイプでは、約1日効果があるため、「毎日」使います。
オキナゾール腟錠「600mg」タイプでは、約1週間効果があるため、「1週間」毎に使います。症状や治療効果に応じて、使用する期間は違ってきます。

飲まない

腟錠のくすりは飲まないようにしましょう。

オキナゾール腟錠は、腟に挿入して使うくすりです。絶対に飲まないようにしましょう。
たくさん薬を使っている人は、腟錠を普段のくすりとは別に管理して、一緒に飲んでしまうのを防ぐようにしましょう。

オキナゾール腟錠の副作用

オキナゾール腟錠は、腟に入れる薬であり比較的安全なくすりではありますが、副作用が起こる場合があります。

局所の赤み、刺激感、ひりひり感、痛み、かゆみ・発疹などの過敏症などの副作用が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師や薬剤師に相談してください。

まとめ

今回は「オキナゾール腟錠」について説明しました。

腟錠を出された場合、どのように、どのタイミングで使っていいものか疑問になるかと思います。
そして、くすりの使い方を教えてもらっても…
いざ、くすりを使おうとした場合に忘れてしまっていたり、本当にこれで合っているのか心配になるかと思います。

わからない時は、この記事を参考にしていただき、くすりの効果を知った上で、くすりを正しく使って頂ければ幸いです。

この記事によって「オキナゾール腟錠」というくすりについての理解が深まり、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です