妊娠していますがインフルエンザの予防接種を打ってもいいですか?

妊娠中の生活

結論ですが

妊娠中こそ、インフルエンザの予防接種を受けましょう。

この記事は「妊娠中の女性」に向けて書いています。
妊娠中のさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「妊娠中のインフルエンザの予防接種」についてわかります。

妊娠中だけど「インフルエンザの予防接種」を受けていいものか悩む人は多いかとおもいます。

  • 妊娠中に予防接種をうけて、おなかの中の赤ちゃんに影響がでないか、、
  • 妊娠経過に影響をあたえるのでないか、、

さまざまな心配をするかとおもいます。

とくに冬の流行時期前のこれからの時期に、インフルエンザの予防接種が盛んにおこなわれるようになります。

 今回は、「妊娠中のインフルエンザの予防接種」について説明していきます。
「妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けてもいいですか?」という疑問が解決出来ればと思います。 

この記事のまとめ

  • 妊娠中こそ、インフルエンザの予防接種を受けましょう。
  • インフルエンザの予防接種のメリットには「インフルエンザの予防・重症化予防」「不活化ワクチンの使用していること」などがあります。
  • インフルエンザの予防接種のデメリットには「インフルエンザ予防接種の副作用」「手間・費用など」などがあります。

妊娠中こそインフルエンザの予防接種を受けましょう

結論ですが、妊娠中こそインフルエンザの予防接種を受けましょう。
妊娠中でも妊娠していない時にも、予防接種を受けること・くすりを使うことなど何かしらの医療介入をおこなう場合には、その「メリット」と「デメリット」を考えて行うことが大事です。妊娠中のインフルエンザの予防接種は「メリット」が「デメリット」を上回るため是非とも受けましょう。
では、具体的に「メリット」と「デメリット」をみていきましょう。

メリット

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防接種によって、インフルエンザウイルスの感染予防や重症化予防することができます。
妊娠中にインフルエンザにかかってしまうと、妊婦さん自身に症状がおこります。インフルエンザの一般的な症状は、「発熱」「寒気」「関節痛」や「のどの痛み」「鼻水」「咳」などの感冒症状が多いです。重症化すると、「インフルエンザ肺炎」や「インフルエンザ脳症」など引き起こし、意識障害や場合によっては死に至る事もあります。妊婦さんは症状が重症化しやすいため注意が必要です。
また、妊娠中の場合はインフルエンザ感染による炎症によって子宮の収縮が誘発され、「流産」や「早産」につながる可能性もあります。
それらを予防するためにも、妊娠中こそインフルエンザの予防接種は受けたいところです。

「不活化ワクチン」を使用

予防接種には「生ワクチン」と「不活化ワクチン」を使うものがあります。
「生ワクチン」では、使われるウイルスがお腹の中の赤ちゃんに移行する危険性があるため、妊娠中に「生ワクチン」は基本的には使われません。
なお、インフルエンザの予防接種は「不活化ワクチン」を使用しており、お腹の中の赤ちゃんへの心配される影響はありません。

デメリット

インフルエンザ予防接種の副作用

妊娠中していない場合であっても、インフルエンザの予防接種を受けると副作用がおこる可能性があります。
とくに、「過去に重大なアレルギー反応を起こした人」「今現在重篤な急性疾患に罹っている人」「明らかに発熱をしている人」はインフルエンザ予防接種を受けることが適当でないとされています。
また、「卵アレルギー」を有する人は過去に重篤な副作用がなければ、基本的には予防接種は可能ですが、接種要注意者になっているので、アレルギー反応などの副作用に注意が必要です。

手間・費用など

インフルエンザの予防接種には、受けるための手間がかかります。インフルエンザの予防接種を受けることができる医療機関を探して、予約をして、受診をするなどの手間がかかります。
また、インフルエンザの予防接種の費用は高すぎるわけではないですが、基本的には自費でありお金がかかります。

まとめ

妊娠中こそ、インフルエンザの予防接種を受けましょう。

インフルエンザの予防接種のメリットには「インフルエンザの予防・重症化予防」「不活化ワクチンを使用していること」などがあります。

インフルエンザの予防接種のデメリットには「インフルエンザ予防接種の副作用」「手間・費用など」などがあります。

妊娠中にインフルエンザにかかった場合は、妊婦さん自身だけでなく、お腹の中の赤ちゃんへの影響も心配です。さらに、妊婦さんはインフルエンザが重症化しやすいため、インフルエンザの予防接種は妊娠中こそ受けたいところです。

また、インフルエンザの予防には、「予防接種」以外にも「手洗い」「うがい」「マスク着用」「乾燥予防」などの予防する方法があります。また、流行時期はとくに「人混みを避ける」ことも大切です。

新型コロナ感染によって、みなさんの感染症に対する意識が変わっていると思います。是非とも「インフルエンザ」にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

この記事によって「妊娠中のインフルエンザの予防接種」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。