便秘に運動をすすめる【3つの理由】

結論ですが

便秘のときには、適度な運動をおすすめします。

この記事は「健康について関心のある」人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「便秘のときに運動をすすめる理由」についてわかります。

便秘気味ですが、何かいい方法ありますか?

このような疑問にお答えします。

便が出ないで、お腹が張る…
トイレに行っても便が出ない…
便が出るのに時間がかかる…

このような便秘に悩まされている人は少なくないかと思います。

便秘の薬が手離せない人も、じつは生活習慣を見直すと便秘が解消されることもあります。
とくに「運動」というものが便秘を解消する上で重要になります。

ということで、今回は「便秘に運動をすすめる理由」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

便秘に運動をすすめる理由1:腸の動きを促す

適度な運動によって「腸の動き」を促してくれます。

腸管は蠕動(せんどう)という動きをすることによって、食べ物やその消化されたものを運んでくれています。この腸の動きのおかげで、口から入った食べ物は、胃や腸を通過して、最終的に肛門から便が排出されるのです。

運動によって、体に振動が加わると、腸に刺激が入って腸の動きが活発化します。

とくにウォーキングやジョギングなどの体の振動がともなう運動がおこなわれると、腸への物理的な刺激が入ります。すると、腸の動きが促されて、食べ物などがスムーズに運ばれるようになり、便秘が改善されます。

つまり、適度な運動によって、腸の動きが促されて、便秘が改善するのです。

便秘に運動をすすめる理由2:排便力がつく

適度な運動によって「排便力」がつきます。

排便するときには、横隔膜や腹筋などの筋力をつかって、肛門に向かって絞り出すような「排便力」が必要です。

運動によって、横隔膜や腹筋などの筋力がつくと、排便時のいきむ力が強くなり、便がスムーズに出てくるようになります。
ただし、いきみ過ぎてしまうと、血圧が急上昇して心筋梗塞や脳出血など引き起こすことがあります。また、慢性的にいきむことがクセになると、「痔」や「骨盤臓器脱」につながることがあるので、いきみ過ぎには注意が必要です。

つまり、適度な運動によって、排便に関する筋力がついて、排便がスムーズにいくため、便秘が改善するのです。

便秘に運動をすすめる理由3:自律神経のバランスが整う

適度な運動によって「自律神経のバランス」が整います。

腸の動きは、自律神経(交感神経と副交感神経)によって調整されています。
つまり、交感神経(興奮状態)のはたらきで腸の動きはおさえられ、副交感神経(リラックスした状態)のはたらきで腸の動きは活発化します。

適度な運動によって、ストレスが解消されて、自律神経のバランスが整います。
とくに、運動した後はリラックスした状態となり、腸の動きが活発化して自然な排便へとつながります。

つまり、適度な運動によって、自律神経のバランスが整い、自然な排便へとつながり、便秘が改善するのです。

まとめ

今回は「便秘に運動をすすめる理由」について説明しました。

ストレスが多い現代人、便秘で悩まされている人は多いです。

便秘は食習慣や運動習慣などの生活習慣やストレスが原因であることが多いです。

便秘で悩んでいる人は、くすりだけでなく、是非ともご自身の生活習慣を見直すきっかけにしましょう。
とくに、運動習慣のない人は、適度な運動を取り入れて、快便生活を目指しましょう。

この記事によって「便秘に運動をすすめる理由」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に過ごすことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。