子宮頸管ポリープってなんですか?

結論ですが

子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口近くの子宮頸管内に粘膜が隆起してできる良性の腫瘍のことです。

この記事は「病気を指摘された」女性に向けて書いています。
女性特有の病気に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「子宮頸管ポリープ」についてわかります。

婦人科を受診して、検査をおこなって「子宮頸管ポリープ」と言われる場合があります。

そもそも子宮頸管ポリープってなんだろう?
ポリープって「できもの」のこと?
とくに症状はないのに…

など疑問や不安が出てくるかと思います。

子宮頸管ポリープは頻度が多いです。子宮頸管ポリープはとくに症状がなくても、たまたま見つかるケースが多いのです。

ポリープっていうと、胃や大腸などの消化器にできるイメージが多いかと思います。
実は粘膜のある部分であれば、ポリープは出来るのです。
子宮の内側にも粘膜があり、子宮頸管に出来るポリープのことを「子宮頸管ポリープ」とよばれます。

今回は「子宮頸管ポリープ」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口近くの子宮頸管の部分に粘膜が隆起してできる「良性の腫瘍」のことです。
  • 子宮頸管ポリープのほとんどが「無症状」ですが、「不正性器出血」「帯下異常」などの症状を認める場合があります。
  • 子宮頸管ポリープでは、「腟鏡診」「細胞診」「組織診」「エコー」などの検査が行われます。
  • 子宮頸管ポリープの治療は、基本的に「子宮頸管ポリープ切除術」が行われます。

子宮頸管ポリープってなんですか?

子宮頸管ポリープとは

子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口近くの子宮頸管の部分に粘膜が隆起してできる「良性の腫瘍」のことです。
大きさは米粒くらい(2-3mm程度)のものから、親指くらい(1-3cm程度)のものまでさまざまあります。ポリープは1つだけできることが多いですが、中には2つ以上のポリープが出来ることもあります。

子宮頸管ポリープの原因

子宮頸管ポリープの原因として、「子宮頸管の慢性炎症」「子宮頸管の感染」「出産時のダメージ」「女性ホルモンの影響」などが挙げられます。
しかし、子宮頸管ポリープが形成されるはっきりとした原因がわからない場合が多いです。

子宮頸管ポリープの症状は?

ほとんどが無症状

子宮頸管ポリープのほとんどが無症状です。
症状がないため、全く他の症状で婦人科をした時や「子宮頸がん検診」「妊婦健診」の時などに、子宮頸管ポリープがたまたま見つかる場合が多いです。

不正性器出血

子宮頸管ポリープでは、月経以外に出血が起こる「不正性器出血」をみとめることがあります。子宮頸管ポリープの部分からの出血によるものです。
とくに、性交渉を行った時や、激しい運動をした時に、子宮頸管ポリープが擦れてしまい、性器出血が起こることが多いです。

帯下異常

子宮頸管ポリープの部分が炎症している場合には、黄色がかった「おりもの」(帯下)が量が増えて認めることがあります。とくに、子宮頸管ポリープに感染している場合には、膿の混じったおりものが出ることもあります。

子宮頸管ポリープはどのような検査を行いますか?

腟鏡診

「クスコ」(腟鏡)という器械を使って、子宮の入り口の部分を観察して、ポリープがないか確認します。ポリープの表面・形状、出血の有無、感染の有無などを見て確認します。

細胞診

細胞診では、まず子宮の入り口の部分を擦って細胞を採取します。そして、顕微鏡でのぞいて、細胞に異常がないか確認します。
「子宮頸管ポリープ」は良性の腫瘍ですが、まれに「子宮頸がん」だと判明する可能性もあります。子宮頸がんの可能性を考慮して、「細胞診」の検査が行われます。

組織診

子宮頸管ポリープの部分の組織を採取します。そして、顕微鏡でのぞいて、組織の異常がないか確認します。
基本的には治療も兼ねて、「子宮頸管ポリープ切除術」をおこなって、併せて組織診をおこないます。しかし、巨大な子宮頸管ポリープの場合は、すべてを切除するのが難しい場合もあります。その時には、診断のために子宮頸管ポリープの組織の一部を採取して組織診が行われる場合があります。

エコー

エコー検査によって、子宮頸管ポリープがどこまでつながっているのか、その大きさや血流などを確認します。
とくに子宮頸管ポリープだと判断していたが、子宮の奥の方から発生する「子宮内膜ポリープ」や妊娠中であれば「脱落膜ポリープ」である可能性もあります。

子宮頸管ポリープの治療は?

子宮頸管ポリープ切除術

基本的には手術によって「子宮頸管ポリープ切除術」をおこないます。
切除による治療をおこなうとともに、子宮頸管ポリープの組織が問題ないかの組織の診断も行います。

切除術は入院が必要な場合も

「子宮頸管ポリープ切除術」は基本的には外来での処置で切除することが出来ます。
ただし、子宮頸管ポリープが大きすぎる場合や、摘出しにくい形状をしている場合には、手術室での手術が必要となり、入院(日帰り入院が多い)が必要になることもあります。

定期的なフォロー

子宮頸管ポリープによる症状がなく、明らかな良性腫瘍だと診断される場合には、治療は行わないで定期的なフォローをする場合があります。
ただし、経過をみていく過程で、ポリープが大きくなってきたり、症状が出てくる場合、悪性が否定できない場合などでは、子宮頸管ポリープの治療を考慮します。

再発の可能性

「子宮頸管ポリープ切除術」による治療をした後に、子宮頸管ポリープが再発する場合があります。定期的な診察を受けるとともに、「不正出血」や「おりもの異常」などの症状がある場合には早めに受診することをオススメします。

まとめ

  • 子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口近くの子宮頸管の部分に粘膜が隆起してできる「良性の腫瘍」のことです。
  • 子宮頸管ポリープのほとんどが「無症状」ですが、「不正性器出血」「帯下異常」などの症状を認める場合があります。
  • 子宮頸管ポリープでは、「腟鏡診」「細胞診」「組織診」「エコー」などの検査が行われます。
  • 子宮頸管ポリープの治療は、基本的に「子宮頸管ポリープ切除術」が行われます。

「子宮頸管ポリープ」と言われた場合、とくに症状はないのに大丈夫なのだろうかと心配になるかと思います。
子宮頸管ポリープは基本的には良性の腫瘍であり、症状もない場合が多く、日常生活で支障がないことがほとんどです。

ただし、まれに「子宮頸がん」が隠れている場合もあります。
「定期的な子宮頸がん検診」を受けるとともに、不正性器出血や帯下異常など何か気になる症状があれば早めに受診するようにしましょう。

この記事によって「子宮頸管ポリープ」の理解が深まり、一人でも多くの人の役に立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です