婦人科疾患「卵巣腫瘍」【診療の流れ】

結論ですが

卵巣腫瘍は「問診」「検査」「治療」という流れで診療が行われます。

この記事は「卵巣腫瘍で受診したい」女性に向けて書いています。
婦人科受診への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「卵巣腫瘍の診療の流れ」についてわかります。

卵巣腫瘍で受診をしたいですがどうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

以前に卵巣腫瘍と診断されましたが大丈夫かしら…
最近、下腹部が痛いです!
内科のCTで卵巣が腫れていると言われました!!

このような「卵巣腫瘍に関する悩み」があるときに、婦人科を受診しようか悩むことがあるかと思います。

婦人科を受診したいけれど、なかなか勇気が出ないです…

そんな人が、婦人科受診のハードルが少しでも下がるように、実際にどのような診療が行われるのか説明します。

では、今回は当クリニックで行う「卵巣腫瘍の診療の流れ」を紹介したいと思います。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.問診

症状

卵巣腫瘍にともなう症状がないか確認します。
基本的には卵巣が腫れているだけでは症状はないです。しかし、「腹部圧迫感」「腹痛」「腰痛」「頻尿」、「不妊」などの症状を来たす場合があり、症状を確認します。

いつ指摘

卵巣腫瘍を指摘されたことがある場合には、いつ指摘されたか確認します。
また、覚えていれば卵巣腫瘍の種類・大きさ・場所(左右いずれか)などを伝えましょう。

既往歴

今までにかかったことのある病気について確認します。
中でも「入院が必要な病気」や「手術を行った病気」があれば記載しましょう。
とくに、以前に「卵巣腫瘍」の手術などの治療を行ったことのある場合には伝えるようにしましょう。

妊娠分娩歴

今までに妊娠や分娩したことがあるか確認します。

妊娠したことがある場合は、「妊娠した回数」、また「流産」や「中絶」をしたことがある場合はその回数も含めて書きましょう。
分娩は「経腟分娩」(自然分娩)なのか「帝王切開」なのかも伝えるようにしましょう。

2.検査

内診

両手を使って、「お腹」からの腹診と「腟口」からの内診指の両方から挟み込むようにして「子宮」や「卵巣」などを診察します。「卵巣腫瘍」がどの程度腫れているのか確認します。

エコー

「エコー検査」では、子宮や卵巣が腫れていないか検査します。
基本的には、腟口からエコーを挿入する「経腟エコー」で検査がおこなわれます。
とくに「卵巣腫瘍」の場合には、卵巣腫瘍の大きさ・種類・場所(左右)・部屋の数・血流などを確認します。
また、「卵巣がん」の可能性がある場合には、「MRI検査」や「CT検査」などの追加検査を行います。

血液検査

血液検査では、「腫瘍マーカー」を検査します。
「腫瘍マーカー」が高値の場合、「卵巣がん」の可能性があります。
ただし、ごく初期の卵巣がんでは「腫瘍マーカー」が上昇しないことがあります。また、「腫瘍マーカー」が高くても卵巣がんではないこともあり、評価が難しい場合があります。

子宮がん検診

「子宮頸がん検診」や「子宮体がん検診」を行います。
20歳以上の女性すべてに「子宮頸がん検診」をすすめています。また、「卵巣がん」の場合子宮の中にも病状が進行している場合があるため、念のため「子宮体がん検診」も行う場合があります。

3.治療

卵巣腫瘍の治療は、卵巣腫瘍の種類によって治療方針が違います。
また、痛みなどの症状の程度、病変の部位、今後の子供の希望、年齢など総合的に判断して行われます。

経過観察

明らかな良性の卵巣腫瘍であり、サイズは大きくなく、無症状であれば経過観察をすることがあります。ただし、経過をみて大きくなってきたり、症状が現れてくるようであれば、手術ふくめ治療を行います。

対症療法

卵巣腫瘍にともなう症状があれば、それを落ち着かせる「対症療法」を行われます。

とくに「チョコレートのう腫」では、子宮内膜症にともなう痛みなど症状があれば、症状を落ち着かせるための「対症療法」をおこないます。

たとえば、月経痛や下腹部痛など「痛み」があれば「痛み止め」や「漢方」などで対応します。

ホルモン治療

卵巣腫瘍の種類によっては、「ホルモン剤」を使った治療が行われます。

とくに「チョコレートのう腫」では、ベースにある子宮内膜症を「ホルモン剤」によって改善する効果が期待できます。
たとえば、「低用量ピル」や「黄体ホルモン」、「GnRHアゴニスト」による「偽閉経療法」などがあります。

手術

卵巣腫瘍の種類や、症状の程度、病変の部位、年齢、今後の子供の希望など総合的に判断して術式が決まります。
明らかに良性腫瘍である場合には、基本的には卵巣腫瘍の病変のみを摘出する「卵巣腫瘍核出術」がおこなわれます。ただし、卵巣自体は残るため、再発する可能性があります。

子供を希望しない場合や閉経後である場合などでは「付属器摘出術」(卵巣と卵管を摘出する手術)がおこなわれます。
悪性腫瘍(卵巣がん)の場合には、手術によって「子宮」と「両側の付属器」(卵巣と卵管)、「所属リンパ節」「大網」などを摘出したり、病変の広がりを判断したりします。

当院では卵巣腫瘍に対する手術を行っていないため、手術が必要な場合には、連携している医療機関に紹介させていただきます。

まとめ

今回は「卵巣腫瘍の診療の流れ」について説明しました。

卵巣が腫れていると言われたけれど、どうしよう…
受診したいけれど、婦人科を受診するのに一歩踏み出せない!
なんだかんだで放置してしまっている…

そんな人は、結構多いです。

婦人科を受診すれば、症状が改善する可能性があります。
気軽に婦人科を受診して相談するようにしましょう。
婦人科は困った人の味方です。

この記事によって「卵巣腫瘍の診療の流れ」についての理解が深まり、受診に対する不安が解消し、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です