尖圭コンジローマとは

結論ですが

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス「6型」「11型」による感染症であり、性器およびその周囲に腫瘍を形成する病気です。

この記事は「病気を指摘された」女性に向けて書いています。
病気に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「尖圭コンジローマ」についてわかります。

尖圭コンジローマと言われましたがどうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

陰部にできものができて受診すると、尖圭コンジローマだと判明する場合があります。

尖圭コンジローマって性感染症だったような?
治るのかしら?
他の人にうつしてしまわないかしら?

さまざまな疑問があるかと思います。

ということで、今回は「尖圭コンジローマ」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の「6型」「11型」による感染症であり、性器およびその周囲に腫瘍を形成する病気です。

ヒトパピローマウイルスにはさまざまな型がありますが「6型」「11型」のものに感染すると「尖圭コンジローマ」となります。

おもに性行為によって感染し、外陰部・会陰・肛門周囲などに感染をおこし病変をきたします。

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマは、おもに性行為や性行為に似た行為によって感染します。

尖圭コンジローマの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)は、ありふれたウイルスです。おもに性行為や性行為に似た行為によって、粘膜が接触することによって感染します。
また皮膚のキズ口から感染する場合もあります。

なお、性行為ではなくても自然にHPVに感染することはありますが、多くはご自身の免疫で排除されて症状が出ないことが多いです。
潜伏期間は「数週間から8ヶ月」と長く、感染源を特定するのが困難な場合が多いです。

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマでは、外陰部・会陰・肛門周囲などに先のとがったイボのような腫瘍がみられます。

ヒトパピローマウイルス「6型」「11型」のものに感染すると、外陰部・会陰・肛門周囲などに腫瘍がみられます。先のとがったイボのような形をしています。

痛みをともなわないですが、かゆみを来すことがあります。

尖圭コンジローマの治療

塗り薬

「イミキモドクリーム」が第一選択薬となっています。

使い方は、1日1回、週に3回、就寝前にイボの部分に塗布して、翌朝起きたら石鹸で薬剤を洗い流します。皮膚がただれる可能性があるため忘れずに薬剤を洗い流すようにしましょう。

ただし、腟の中や子宮頚部(子宮の入り口の部分)は粘膜障害が起こる場合があるため使えません。

焼灼

レーザーや液体窒素などによって病変を焼灼します。

病変が徐々に小さくなっていきますが何回か焼灼する必要となることがあったり、やけどの状態となるため痛みを伴います。

外科的切除

局所麻酔によってコンジローマの病変を浮かびあがらせて、メスや電気メスなどで切除します。コンジローマ病変が大きい場合や早く治療したい人に有効です。

なお、妊娠中の人は「イミキモドクリーム」の安全性が保証されていないため、外科的に切除することが第一選択の治療法になります。

まとめ

「尖圭コンジローマ」について説明しました。

陰部にできものが出来たら、何かわからないため不安になるかと思います。
じつは、尖圭コンジローマは特徴的な病変のため見た目で診断することが可能です。

陰部にできものが出来た場合、場所が場所だけに受診をためらうかもしれませんが、勇気をもって受診するようにしましょう。
婦人科は症状で困った人の味方です。

この記事によって「尖圭コンジローマ」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。