緊急避妊の注意点【3つのポイント】

結論ですが

緊急避妊には「副作用」「避妊に失敗する可能性」「必ずしも緊急受診する必要はない」という注意点があります。

この記事は「緊急避妊をしなければならない」女性向けに書いています。
「緊急避妊」に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「緊急避妊の注意点」についてわかります。

望まない妊娠を防ぐために「避妊法」が重要です。

望んでいないときに子供ができてしまった場合、自分のライフプランが大きく変わってしまうだけでなく、パートナー・家族含め周囲にも重大な影響を与えることになります。

とくに未成年である中学生・高校生が望まない妊娠をすると、学校に行けなくなってしまったり、子供が生まれた後の養育環境などふくめ大変なことになってしまうケースが多いです。
また中絶を選択した場合も、体への負担だけでなく、こころにもダメージを負います。

基本的には「普段の避妊法」が大事ですが、「緊急避妊」が必要になることもあるかと思います。
たとえば、コンドームが破損していたり、ピルを飲み忘れていたり、さまざまな避妊に失敗する場合があります。
そういった場合に「緊急避妊法」があります。

「望まない妊娠」は正しい知識と行動で防ぐことが可能です。
今回は「緊急避妊」が必要になった場合、「緊急避妊の注意すべき点」について説明します。

この記事のまとめ

 

緊急避妊について

緊急避妊の方法は、「LNG単回投与法」「ヤッペ法」という飲み薬を使う方法、「銅付加子宮内避妊具」という「子宮内避妊具」を挿入する方法が主にあります。

緊急避妊を使うとき、使った後、はたまた緊急避妊を希望して受診するときに注意したい点があります。

それでは、緊急避妊に関して注意すべき点を3つに絞って説明していきます。

 

緊急避妊の注意点①副作用

緊急避妊薬を内服した場合、副作用に注意します。

くすり全般的に言えることですが、副作用が全くゼロのものはありません。
くすりには「作用」(良い影響を与える効果)と「副作用」(悪い影響を与える効果)があります。

 緊急避妊薬の副作用には、「吐き気」が多いです。薬を飲んですぐに吐き出してしまった場合には、どのように対応するか担当医と相談しましょう。

他にも、「頭痛」「腹痛」などの副作用があります。
稀ですが、呼吸が苦しくなったり、全身に発疹ができたり、血圧が下がり、意識を失ってしまうことのある「アナフィラキシーショック」が起こる場合があります。
緊急の対応が必要なので、早めに伝えるようにしましょう。

緊急避妊の注意点②避妊に失敗する可能性

緊急避妊は、まれに避妊に失敗する可能性があります。

理論的には、約90%以上の避妊効果がありますが、まれに緊急避妊に失敗するケースがあります。

緊急避妊薬を飲んでから「3週間以内」に月経のような出血が認められます。この出血を確認できたら、避妊が成功したサインとなります。

反対に、緊急避妊薬を飲んでから「3週間以上」経っても出血がない場合には、避妊に失敗して妊娠している可能性があります。

そのような場合には、かならず産婦人科を受診して、診察を受けるようにしましょう。

緊急避妊の注意点③必ずしも緊急受診する必要はない

緊急避妊では、実は必ずしも緊急受診する必要はありません。

「緊急避妊」には緊急という名前がついているので、夜に性行為をして避妊に失敗してしまった場合に、夜中にあわてて救急外来を受診する人がいます。
しかし、その必要はないです。むしろ、救急外来では緊急避妊薬の処方に対応していない所が多いので注意が必要です。

緊急避妊には、性行為から「72時間(もしくは120時間)以内」という時間の猶予があります。
なので、夜に性行為をおこなった場合には、その翌日の診療時間に受診して緊急避妊の方法を相談してください。
翌朝にのむことがおおいので「緊急避妊薬」は「モーニングアフターピル」「アフターピル」とも言われているくらいです。

まとめ

望まない妊娠を防ぐために「避妊に関する知識」はとても大切です。

また、避妊をうまく活用することで、安全・安心に性生活を楽しむことが出来ます。

日本では、性生活に関することは、あまり公にしない流れがあり、我慢を美徳とする文化であると言われています。
その影響もあり、小学校・中学校では性教育が十分に行われていない現状があり、性に関する正しい知識が乏しい現状にあります。

さまざまな価値観があるかと思いますが、望まない妊娠を防ぐためにも、性生活を安全に楽しむためにも、「避妊に関する知識」をぜひとも知っておいて欲しいと思います。

この記事によって「緊急避妊の注意点」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。