更年期はいつですか?

結論ですが、

更年期は、「閉経の前後約5年間」のことであり、おおよそ「45歳から55歳まで」の時期を指します。

この記事は「更年期」について知りたい女性に向けて書いています。
健康や医療に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「更年期」についてわかります。

更年期っていつですか?

このような疑問にお答えします。

最近イライラしやすい…
夜ぐっすり眠れないです…
腰がずっと痛いです…

このような症状に悩まされている場合、更年期障害なのかも!?
と心配される方は多いです。

「更年期」という名前がを耳にすることが多く、なんとなく不調があれば…

わたしって更年期かも!?

って考える方は多いです。

では、更年期っていつですか??

ということで、今回は「更年期」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

更年期とは

更年期は、「閉経の前後約5年間」のことであり、おおよそ「45歳から55歳まで」の時期を指します。

日本人の「閉経」する年齢は、平均で「約50歳」であり、「閉経」の前後約5年間を「更年期」とよばれています。

更年期の時期は、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、のぼせ・ほてり・発汗・手足の冷え・動悸など多彩な症状がおこります。

また、更年期の時期には、子どもの自立、親の健康問題など「まわりの環境の変化」も起こりやすい時期であり、心身ともに不調を来しやすいです。

さらに、さまざまな病気をしやすい時期でもあり、将来の健康問題が心配になる時期でもあります。

では、順にみていきましょう。

更年期とホルモンの変化

更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、多彩な症状がおこります。

たとえば、hot flush(のぼせ、ほてり、発汗など)・手足の冷え・動悸などの「自律神経症状」。怒りやすい・抑うつ感・焦燥感・不眠など「精神神経症状」。腰痛・関節痛・肩こりなど「運動器症状」。吐き気・食欲不振など「消化器症状」。その他、疲労しやすい、頭痛、めまい、排尿障害、外陰部違和感、性交痛などの症状を呈します。

つまり、更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、さまざまな症状に悩まされることになるのです。

更年期と環境の変化

更年期の時期には、「まわりの環境の変化」も起こりやすい時期であり、心身ともに不調を来しやすいです。

たとえば、子どもが進学で一人暮らしをするようになったり、就職をして独立することなどで、生活をともにする家族が減ってしまうことがあります。

また、親の健康状態が悪化したり、健康状態が悪くなり介護が必要になったりと、様々なライフイベントを経験する時期になります。

つまり、更年期は「まわりの環境の変化」も起こりやすい時期であり、心身ともに不調を来しやすいのです。

更年期と体の変化

女性の場合、更年期の時期から、体の健康問題が起こりやすくなります。

更年期の時期あたりから、加齢に伴う様々な病気にかかりやすくなる時期にさしかかります。とくに、女性ホルモン低下による自覚しにくい影響として「骨」と「血管」の病気にかかりやすくなります。

骨の健康

更年期以降、エストロゲンの低下によって「骨粗しょう症」になりやすくなります。

エストロゲンは、骨の健康にも関係しています。
エストロゲンの低下によって「骨量」が低下し「骨粗しょう症」となってしまいます。

エストロゲンの低下によって「骨量」が低下し「骨粗しょう症」となってしまいます。

健康な人であれば大丈夫なダメージでも、骨粗しょう症では骨折してしまうことがおこります。最悪、転んでしまうだけで「寝たきり」の状態につながることもあります。

血管の健康

更年期以降、エストロゲンの低下によって「血管の病気」になりやすくなります。

エストロゲンは「血管」の健康にも影響しています。
エストロゲンにはコラーゲンをつくるはたらきがあり、血管の弾力性が保たれています。

また、エストロゲンはコレステロールを下げる効果もあります。

エストロゲンが低下すると、血管の弾力性が低下したり、「高コレステロール血症」などをきたします。
すると、血管が詰まったり、破れてしまうことにつながります。

この記事のまとめ

今回は「更年期」について説明しました。

更年期障害の症状で悩まされているときに、婦人科を受診するかどうか迷ってしまう場合があるかと思います。

そして、「わたしって更年期なのかしら!?」と疑問に思うかもしれません。

もちろん更年期による症状の方がいれば、更年期ではない体調不良の方もいます。

婦人科を受診して、このような症状の悩みについて相談しましょう。

なかなか受診しにくいかもしれませんが、
勇気を出して婦人科を受診して相談するようにしましょう。
婦人科は悩んでいる人の味方です。

この記事によって、「更年期」についての理解が深まり、いつまでも健康的に過ごせる人が一人でも多くなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。