ランニングの楽しみ方【5つ】

結論ですが、

ランニングには、「通勤ラン」「旅ラン」「トレイルラン」「仲間と走る」「マラソン大会」などの楽しみ方があります。

この記事は「ランニング」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ランニングの楽しみ方」についてわかります。

なんで、走っているのですか?

このような質問をされることは多いです。

自分はランニングが趣味でして、機会があればマラソン大会に参加しています。
平日は通勤ラン、週末はランニングコースなどを走っており、ほぼ毎日ランニングをしています。

運動習慣がない人からすると…

なんでわざわざランニングなんて疲れることするの?

と疑問に感じている人は結構います。

自分だけでなく、社会人になってもランニングを趣味にしている人は実は多いです。

ランニングそれだけで十分楽しいのですが、
実は、ランニングにはただ単に走る以外にも楽しみ方があります。

今回は「ランニングの楽しみ方」について紹介します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

ランニングの楽しみ方1:通勤ラン

ランニングの楽しみ方として「通勤ラン」があります。

走って通勤することを「通勤ラン」といいます。
ちなみに、帰りは「帰宅ラン」といいます。

朝少し早く起きて、ランニングをすると、とても気持ちいいです。
空気も澄んでいて、人も少なく、いつも見ている景色が違って見えます。

電車など公共交通機関で通勤している人は、通勤ラッシュとは無縁になります。
さらに、定期代なども浮くことになります。

ただし、通勤ランは、職場や職場近くでシャワーを浴びることができないと厳しいかもしれません。汗のふき取りシートと、消臭スプレーで対応している人もいるようです。
ちなみに、自分は、ランニング用の軽いリュックに着替えを入れて、職場近くのスポーツジムでシャワーを浴びて、出勤しています。

ランニングには「通勤ラン」という楽しみ方があります。

ランニングの楽しみ方2:旅ラン

ランニングの楽しみ方として「旅ラン」があります。

旅行などで行った先でランニングすることを「旅ラン」といいます。

旅先でランニングをして、観光地をめぐると、色んな場所を見ることができます。
観光地に行くまでの道のりで隠れ家的なお店を発見したり、ディープなスポットを見つけたりします。

電車やバスでの移動では、そういった途中なにか発見しても急には降りることができませんが、ランニングでの移動だと、気軽に途中のお店などをゆっくりと見ることができます。
そして、写真も撮ることができます。

ちなみに、自分は、旅先では早く起きて早朝にランニングして、観光名所をめぐっています。朝早いので、人が少なく、写真をゆっくりと撮ることができます。
また、日中に行きたい観光地や行きたいお店の場所を予習しています。

ランニングには「旅ラン」という楽しみ方があります。

ランニングの楽しみ方3:トレイルラン

ランニングの楽しみ方として「トレイルラン」があります。

山道や整備されていない道などを走ることを「トレイルラン」といいます。

トレイルランでは、自然あふれた道を走ることになるため、非日常感を味わえることができます。マイナスイオンを感じられて、とても気持ちいです。
また、登山の要素も入ってくるため、地図で道を確認したり、方角を確認したり、天気の崩れに備えたり、持ち物をどうするか考えたり、戦略的な楽しみもあります。

ただし、トレイルランではゆっくりと登山している人もいるので、迷惑がかからないように走るようにマナーが大事になってきます。
また、とくに山道などでは道に迷ってしまうおそれがあったり、滑落の危険、熊など野生動物に遭遇するおそれもあるため、万が一のトラブルには事前に備えるようにしましょう。

ランニングには「トレイルラン」という楽しみ方があります。

ランニングの楽しみ方4:仲間と走る

ランニングの楽しみ方として「仲間と走ること」があります。

基本的には一人で走ることが多いランニングですが、仲間と一緒に走ると楽しいです。

ゆっくりと、話しながら、ジョギングしてもいいですし。
同じくらいの走力の仲間と、競い合ってもいいです。

とくに、キツイ練習メニューのときには、仲間がいると頑張れます。
そして、練習が終わった後の達成感を共有できることは何事にも代えがたいです。

ランニングをしている人は実は多く、実は仲間ができるチャンスが多いのです。

普段一人で走っている人は、ランニングのイベントや社会人チームなどに参加してみてはいかがでしょうか。

ランニングには「仲間と走る」という楽しみ方があります。

ランニングの楽しみ方5:マラソン大会

ランニングの楽しみ方として「マラソン大会」があります。

ランニングを続けていくと、だんだん長い距離が走れるようになってきます。
最初は、少し体を動かすだけでも息を切らしていたのが、楽に走れるようになります。

走れる距離が長くなり、速く走れるようになってくると「マラソン大会」に出場することをオススメします。

自分の今の実力がわかりますし、何回か大会に出てタイムが良くなっていくと、体力が向上したことが実感できます。
マラソンの自己ベストが更新されると、とてもうれしいですし、自信がつきます。

また、大きなマラソン大会では、色んなイベントや企画・出店などがあって、おまつり気分を味わえます。大会に参加しなくても、楽しめるでしょう。

ランニングには「マラソン大会」という楽しみ方があります。

まとめ

今回は「ランニングの楽しみ方」について説明しました。

ランニングにはまっている人は、楽しみを見つけるのが上手です。

走って汗をかいて温泉に入ったり。
ランニングの後の一杯を楽しみにして走ったり。
走った後のごはんは何食べても美味しいです。

運動習慣をつけたい人は、ランニングをオススメします。
一人ではじめられますし、他の運動をするにしても基礎体力がつくため役に立ちます。

ストレスがたまりやすく、運動不足になりがちな社会人こそ、気軽にはじめられるランニングをオススメします。

是非とも、楽しみがいっぱいな「ランニング」はじめてみてはいかがでしょうか。

この記事によって「ランニングの楽しみ方」について知って、一人でも多くの人がランニングを楽しんで頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。