疲労とは? 疲労の正体は何ですか?

結論ですが、
疲労とは、「過度の肉体的および精神的活動または疾病によって生じた不快感と休養の願望を伴う身体活動能力の減退状態」のことです。

この記事は「疲労をなんとかしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「疲労とは何なのか」についてわかります。

そもそも疲労とは何ですか?

このような疑問にお答えします。

忙しい日々の中、常に疲れた状態でいる人も多いかと思います。
デスクワークが中心で、肩のコリがひどかったり。
目の疲れ、腰が痛かったり、何かと不調を抱えている人も少なくないです。

うまく疲労回復ができずに、慢性的に疲労を抱えていては、日々の仕事のパフォーマンスを落としてしまいますし、家事・育児・介護など日常の生活にも影響を与えます。

そもそも疲労って何なのだろう?

今回は、「疲労とは何なのか」「疲労の正体」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 疲労とは「過度の肉体的および精神的活動または疾病によって生じた不快感と休養の願望を伴う身体活動能力の減退している」状態のことです。
  • 疲労の診断は難しいですが、「心電図異常」「血中活性酸素」「潜在するウイルス」「睡眠の質」などで客観的に診断しようとする流れがあり、診断基準があります。
  • 疲労の原因には、「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」「病気による疲労」「環境による疲労」などがあり、それぞれ対処しましょう。

疲労とは

疲労の定義

疲労とは「疲れ」のことです。

「過度の肉体的および精神的活動または疾病によって生じた不快感と休養の願望を伴う身体活動能力の減退状態」であると「日本疲労学会」では定義されています。

疲労は生体アラーム

疲労は「これ以上、運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びます」という生体アラームの一つです。
疲労は、体から発せられる危険信号なのです。つまり、疲労を感じることで、活動をしすぎてしまって、体に害がおよぶことを防いでくれているのです。

生体アラーム

「疲労」の他にも、「痛み」や「発熱」などの生体アラームがあります。
活動をしすぎてしまって、身体の状態や機能が異常を来さないために、「疲労」「痛み」「発熱」などの生体アラームの存在が必要不可欠です。

疲労の診断

疲労の診断は難しい

疲れを訴えた人は、会社や学校を休む状況に追い込まれたときに「診断書」の提出が求められます。
「疲れ」だけであれば、検査をしても異常を示すことはなく、明らかな原因がわからない場合が多いです。疲労はあくまで本人の訴えであり主観的なものであり、客観的な証拠に基づいて診断することは難しいのです。

疲労を数値化する

疲労というものを数値化して客観的に評価しようとする流れがあります。

検査には「心電図異常」「血中活性酸素」「潜在するウイルス」「睡眠の質」などがあります。
具体的にいうと、疲れを感じたときに、自律神経のバランスが乱れて「心電図異常」がみられます。疲労がたまると、血液中の「活性酸素」が増え、唾液中のヒトヘルペスウイルス6型という「潜在するウイルス」が増え、「睡眠の質」が低下します。

これらを検査することで、「疲労」というものを評価することができます。

慢性疲労症候群の診断基準

大基準

  1. 生活が著しく損なわれるような強い疲労が6ヶ月以上続く
  2. 病歴・身体所見・検査所見で別表にある疾患(省略)が除外される

小基準

  1. ア.症状基準:微熱・咽頭痛・リンパ節腫脹・筋力低下・筋肉痛・全身倦怠感・頭痛・関節痛・精神神経症状・睡眠障害など
  2. イ.身体所見基準:微熱・非滲出性咽頭炎・リンパ節腫大

疲労の原因

肉体的疲労

肉体的疲労とは、筋肉を使いすぎているために起こる「肉体の疲れ」のことです。
ヒトの体を動かすには、筋肉の働きが必要です。
その筋肉を使いすぎてしまったため、エネルギーが不足し、疲労物質が溜まってしまい、「肉体的疲労」が起こります。「筋肉のだるさ」「筋肉痛」「筋肉のハリ」といった症状が現れます。

精神的疲労

精神的疲労とは、精神的なストレスが原因とする「心の疲れ」のことです。
体の調子は悪くないのに、緊張感・悩み・不安・プレッシャーなどの精神的なストレスによって元気が出ない状態となります。
「抑うつ感」「不安感」「イライラしやすい」「食欲低下」「不眠」といった症状が現れます。

神経的疲労

精神的疲労とは、神経が緊張した状態が続くことによって起こる「脳の疲れ」のことです。
たとえば、長時間のデスクワークや細かい作業などによって、神経が緊張した状態が続くと脳が疲れます。すると、「集中力低下」「記憶力低下」「眼精疲労」「作業効率の低下」といった症状が現れます。

病気による疲労

病気によって、もたらさせる疲労があります。
たとえば、「がんによる疲労」は、がんの進行によって悪液質と呼ばれる状態になると全身倦怠感が出現し疲労がもたらされます。さらに「がんの治療」「がんに伴う精神状態」などで疲労を感じます。他にも「感染症」「貧血」「呼吸器疾患」「循環器疾患」「睡眠障害」などの病気が疲労の原因となります。

環境による疲労

環境によって、もたらさせる疲労があります。
たとえば、夏場の海水浴などで浴びる「紫外線」によって疲労がもたらされます。紫外線を皮膚に浴びると日焼けや起こります。また、活性酸素が発生したり、目からの刺激などによって、疲労感がもたらされます。
他にも、暑すぎる「熱帯環境」、寒すぎる「寒冷環境」、夜でも明るい状態、日中でも暗い状態などの環境が疲労の原因となります。

疲労の対処法

肉体的疲労

肉体的疲労は、筋肉を使いすぎているために起こります。
日常的に「適度な運動」をおこない体力をつけておくとともに、栄養バランスの良い食事・入浴・マッサージなどを行って肉体的疲労を解消することが重要です。

精神的疲労

精神的疲労は、精神的なストレスが原因で起こります。
悩み事を短期間で何とかしようとせず、長い期間でゆっくりと構えるようにするなどストレスを溜めないようにしましょう。また、自分が楽しいと思えることを行う、リラックスできることを見つけるなどストレスを解消することが重要です。

神経的疲労

神経的疲労は、神経が緊張した状態が続くことによって起こります。
定期的に休む時間を確保して目や脳を休ませること、作業から一旦離れ長時間の作業を避けること、光刺激を遮断すること、脳のエネルギー源であるブドウ糖を適量とることなどが重要です。

病気による疲労

病気によって、疲労感がもたらせることがあります。
病気を患った場合には、担当医と相談して治療していくことが重要です。

環境による疲労

紫外線・熱帯環境・寒冷環境・光刺激などの環境によって、疲労が起こります。
紫外線を浴びない、適度な温度調節、光刺激の調整などによって、疲労の原因を回避することが重要です。

まとめ

  • 疲労とは「過度の肉体的および精神的活動または疾病によって生じた不快感と休養の願望を伴う身体活動能力の減退している」状態のことです。
  • 疲労の診断は難しいですが、「心電図異常」「血中活性酸素」「潜在するウイルス」「睡眠の質」などで客観的に診断しようとする流れがあり、診断基準があります。
  • 疲労の原因には、「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」「病気による疲労」「環境による疲労」などがあり、それぞれ対処しましょう。

今回は、「疲労とは何なのか」について説明しました。

忙しい現代人、日々の仕事や家事・子育てなどで疲労がたまっている人は多いです。
疲れのせいで体調を崩してしまうことも…

日頃から自分の体と向き合い、自分の疲労具合を把握するようにしましょう。
そして、疲労の原因に応じて、効果的に対処するようにしましょう。

疲労がうまく回復すると、仕事のパフォーマンスが上がり、毎日が充実した時間をすごせるはずです。

この記事によって「疲労とは何か」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です