熱中症予防のために【5つのポイント】 

結論ですが

熱中症の予防は、「水分補給」「涼しい環境をつくる」「部屋の温度を測る」「暑さに備えた体づくり」「体の異変に気づく」などがあります。

この記事は「猛暑」に悩んでいる人に向けて書いています。
猛暑による熱中症を予防したい人にの解決方法を教えます。
この記事を読むことで「熱中症の予防」についてわかります。

最近は暑い日が続きますが、暑さ対策はありますか?

このような悩みにお答えします。

ここ札幌では、連日の暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。

北海道の人は、とくに暑さに弱いです。
さらにエアコンを置いてある家庭は少ないため、「熱中症」が心配です。

では、熱中症にならないためにどうすればいいですか?

実は、「熱中症」は命を落としうる病気です。
とくに、小さいこどもや高齢者の方は注意が必要です。

そんな熱中症にならないための方法を教えましょう。
では、今回は「熱中症の予防法」について説明していきます。

この記事のまとめ

熱中症の予防法1:水分補給

熱中症を予防するために、のどが渇く前に水分補給をしましょう。

のどの渇きを感じ始めたら、脱水のサインです。のどが渇く前に、細めに水分補給をしましょう。目安は1日1Lから1.5L程度です。

また、汗などによって「電解質」(ミネラル分)も失われるため、あわせて補給するようにしましょう。出来れば、スポーツドリンクなどを活用しましょう。

熱中症を予防するために、のどが渇く前に細めに水分補給(あわせて電解質補給も)をするようにしましょう。

熱中症の予防法2:涼しい環境をつくる

熱中症を予防するために、涼しい環境をつくりましょう。

熱中症は暑い環境の中おこるため、体を涼しくするようにしましょう。
エアコンや扇風機を利用して、涼しい環境をつくりましょう。
また、風通しの良い、涼しい服装になりましょう。できれば、汗の蒸発を促してくれるような生地の衣類を選びましょう。さらに、帽子をかぶったり、日傘を利用して、直射日光から守るようにしましょう。

熱中症を予防するために、涼しい環境をつくり、体を涼しくするようにしましょう。

熱中症の予防法3:部屋の温度を測る

熱中症を予防するために、部屋の温度を測るようにしましょう。

熱中症を予防するためには、熱中症になるかもと…警戒することが大切です。
部屋の温度と湿度を測るようにしましょう。「暑さ指数」が21度以上になると(おおよそ気温24-28度以上)を越えると、熱中症に注意が必要になります。
気温が高い場合には、熱中症に対して警戒して、積極的に予防対策するようにしましょう。

熱中症を予防するために、部屋の温度を測り、熱中症に警戒するようにしましょう。

熱中症の予防法4:暑さに備えた体づくり

熱中症を予防するために、暑さに備えた体づくりをしましょう。

暑さに強い体づくりのために、暑くなりはじめの時期に適度な運動をするようにしましょう。水分補給は忘れずに、無理のない範囲のおこなうようにしましょう。
「やや暑い」「ややきつい」と感じる強度で運動をおこない、体が暑さに慣れるようにしましょう。

熱中症を予防するために、暑くなりはじめの時期に適度な運動をおこない、暑さに備えた体づくりをしましょう。

熱中症の予防法5:体の異変に気づく

熱中症を予防するために、熱中症の初期症状に注意するようにしましょう。

熱中症を予防するためには、熱中症が重症化する前の状態に気づくことが大切です。
熱中症の初期症状として「食欲が出ない」「口の中が渇く」「倦怠感」「脈が速い」「尿量が減る」「大量の発汗」などがあります。また、「めまい」「ふらつき」「吐き気」などが出ると、危険なサインです。そして、「おう吐」「けいれん」「意識障害」となり、最悪死亡してしまうケースがあります。

熱中症を予防するために、熱中症の初期症状に注意し、熱中症が重症化する前の状態に気づくようにしましょう。

まとめ

今回は「熱中症の予防」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

暑さで外に出たくないと、家でだらだら過ごしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、個人的には、夏の暑さは楽しんで乗り越えたいものです。

プールや海などに行って、涼しんで、夏の暑さを楽しみましょう。
くれぐれも、水の事故にはお気をつけて、無理をせず安全に楽しみましょう。

この記事によって「熱中症の予防」がわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です