睡眠による健康効果【7つの効果】

結論ですが

睡眠による健康への効果がさまざまあります。

この記事は「健康を増進したい」人に向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「睡眠による健康への効果」についてわかります。

おそらく皆さんは、健康のために「十分な睡眠」「適度な運動」「栄養バランスの良い食事」が健康に良いということは、何回も耳にしていることと思います。

その中でも、忙しい現代人は、睡眠不足しがちであり「十分な睡眠」をとれていない人が多いかと思います。

忙しくて寝る時間がない!
寝つきが悪い…
途中で起きてしまう!?

など睡眠に関する悩みも多いかと思います。

じつは「十分な睡眠」をとれると、現代人が抱えている悩みの多くは解決できます。
今回は「睡眠の健康への効果」について説明していきます。

この記事のまとめ

1.一日のリズムの形成

睡眠によって、「日中に活動」・「夜に休息」という一日のリズムが形成されます。

睡眠には、日中の活動によって蓄積された疲労を回復させる効果があります。睡眠をおこなうことによって、「日中に活動」・「夜に休息」という一日のリズムが作られるのです。
ただし、隔離された環境下では、ヒトの体内時計のリズムは実は「1日約25時間」です。なので、「1日約24時間」になるようにズレを修正する必要があるのです。朝起きたら、日光を浴びて体内時計を「1日約24時間」に調整することが重要です。

2.疲労回復

睡眠には、蓄積された疲労を回復させる効果があります。

睡眠のリズムの中で、深い睡眠である「ノンレム睡眠」において、成長ホルモンの分泌が促されます。すると、「体内の代謝」が促進されて、「体内の修復・回復」などの効果が得られます。また、睡眠によって、脳も休まり、自律神経の働きが整います。
つまり、睡眠には、心身ともに蓄積された疲労を回復させる効果があるのです。

3.記憶の定着

睡眠には、記憶を定着させる効果があります。

日中に体験したことや、学習したことなどが、睡眠によって頭の中で整理されます。
深い睡眠である「ノンレム睡眠」において、体験したことや体験から得た感情を整理されます。また、浅い睡眠である「レム睡眠」において、記憶として定着させるリズムをつくります。
つまり、睡眠には、体験したことや学習したことを整理し、記憶を定着させる効果があるのです。

4.ストレス軽減

睡眠には、ストレスを軽減させる効果があります。

睡眠によって、自律神経の働きが整い、体内のホルモン分泌も整います。とくに、睡眠によって副交感神経が優位にはたらき、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌をおさえてくれます。
つまり、睡眠によって自律神経の働きやホルモン分泌などが整うため、ストレスが軽減させる効果が得られるのです。

5.メンタルの安定

睡眠によって「メンタルの安定」につながります。

繰り返しになりますが、睡眠には「1日のリズムの形成」や「疲労回復」「ストレス軽減」効果があります。それらの作用によって、心身ともに安定した状態となり、メンタルの安定につながります。
逆に十分な睡眠がとれないと、不規則な生活リズムとなり、心身ともに疲労がたまり、ストレスを多く抱え込んでしまうため、「うつ病」などに進展するリスクがあります。
十分な睡眠によって、心身ともに安定した状態となり、メンタルの安定につながるのです。

6.生活習慣病の予防

睡眠によって「生活習慣病の予防効果」があります。

「糖尿病」「高血圧」「脂質代謝異常症」などの生活習慣病は、食事・運動・生活様式などの生活習慣と密接に関わりがあります。
十分な睡眠によって、生活リズムが整うとともに、ストレスからくる「過食」「過度の飲酒」「喫煙」などの「生活習慣の乱れ」を抑えることができます。
つまり、十分な睡眠によって「生活習慣病」を予防することにつながるのです。

7.免疫力アップ

睡眠によって「免疫力アップ」します。

私たちの体には、ウイルスをはじめとした異物から体を守ってくれる「免疫機能」が備わっています。十分な睡眠によって、体の免疫細胞の働きが活発になり、免疫力がアップします。すると、ウイルス感染による風邪や、さまざまな感染症にかかりにくい体になります。
十分な睡眠によって「免疫力アップ」をして、感染症にかかりにくい体になるのです。

まとめ

睡眠には本当に様々な効果があります。

忙しい現代人は、日々の生活の中で睡眠時間を犠牲にしがちです。
睡眠不足を放置すると、睡眠による効果を得られず、健康を大きく害することになります。
一度、ご自身の生活習慣を見直してみて、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

寝つきが悪い
寝てもスッキリした感じがしない
途中で起きてしまう

などの睡眠に関する悩みを抱えている場合には、かかりつけ医もしくは睡眠の専門医に受診して相談するようにしましょう。

この記事によって「睡眠による健康への効果」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です