習慣づくりのコツ【5つのポイント】

結論ですが

「習慣づくり」が出来ると、健康習慣を身につけたり、人生における目標達成もしやすくなります。

この記事は「健康のために習慣を変えたい」ヒトに向けて書いています。
健康に関するのさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「習慣づくりのコツ」についてわかります。

よく言われるように健康的に過ごすには
「食事」「運動」「睡眠」「嗜好品を控える」などの「生活習慣」がとても重要です。

そして、「習慣づくり」というものは健康的に過ごすだけでなく、「ビジネス」「勉強」「スポーツ」などあらゆる場面で役に立ちます。

運動をしたいけど、三日坊主で終わってしまう!
ついつい食べ過ぎてしまう!?
早起きしたいけど、なかなか出来ないです!!
勉強する習慣をつけたいけど長続きしないです…

この記事によって、これらの問題を解決する手助けになります。

人生は習慣によって成り立っていると言われています。
「習慣作り」が出来ると、健康習慣を身につけやすくなりますし、人生における目標も達成しやすくなるのです。

ということで、今回は「習慣作りのコツ」について説明します。

この記事のまとめ

習慣とは

習慣とは、日々の生活の中で「無意識で繰り返して行動している状態」のことです。

たとえば、毎日の歯磨きは、意識をしなくても、当たり前のようにおこなっている人が多いかと思います。
このように何も考えなくても行動できる状態のことを「習慣」と呼ばれます。
一度ものごとを習慣化してしまえば、やる気の有無に関わらず行動することができるので、目標を達成しやすくなります。

習慣を変えるのが難しい理由

今までの習慣を変えるのが難しい理由は、「ヒトは安定を求める生き物」だからです。

あなたは「明日から早起きしよう」「毎日英語の勉強をしよう」など目標を立てて、長続きしなかった経験はありますか?
きっと多くの人が、三日坊主に終わってしまい、習慣を変えるのに失敗していることでしょう。

「ヒトは安定を求める生き物」なので、今までの習慣を変えるのに失敗しやすいです。
安定した日常生活を送るには「安定を求めるという性質」が重要ですが、新しい習慣を取り入れる時には「安定を求めるという性質」が妨げになってしまうのです。

ヒトは今までの習慣を変えるのが難しいということを理解した上で、新しい習慣を取り入れることを考えていきましょう。
実は、新しい習慣を取り入れるためのコツがあるので、順に説明していきましょう。

習慣作りのコツ1:ハードルを下げる

新しい習慣に対する「ハードル」をとにかく下げることが重要です。

「新しい習慣」を続けること自体を目標にして、それが達成できるように、とにかくハードルを下げた小さな目標を立てるようにします。

たとえば、外でランニングしたい場合には、いきなり「外で30分間ランニングする」という目標ではなく、まずは「5分間のウォーキング」でもいいですし、「運動する恰好で外に出てみる」から始めるでも良いです。
とにかく、「大きな目標」を立てて一度に大きく変えようとせず、「小さな目標」でいいのでとにかく続けるようにしましょう。

新しい習慣を取り入れるためには、「ハードル」をとにかく下げることが重要なのです。

習慣作りのコツ2:仕組化する

新しい習慣を「仕組化」することが重要です。

「新しい習慣」を、「いつ」「どこで」おこなうか具体的に決めましょう。
また、「すでにある別の習慣にくっつける」「何か起これば、新しい習慣をおこなう」(if then プランニング)などの工夫があります。
たとえば、運動習慣を身につけたい場合には「歯磨きをしたら、腕立て伏せを10回おこなう」、「テレビのCMになったら、腹筋を10回おこなう」などあります。

新しい習慣をおこなう条件となる状況を決めて、必ず新しい習慣をおこなう「仕組み作り」をしましょう。

新しい習慣を取り入れるためには、「仕組化」することが重要なのです。

習慣作りのコツ3:まわりを巻き込む

新しい習慣を作るために「まわりを巻き込む」ことが重要です。

「新しい習慣」を何でも自力で頑張るのではなく、まわりの人を巻き込むことが重要です。

たとえば、朝早く起きる習慣を身につけたい場合には「一緒に朝早起きする仲間をみつけて、朝7時に喫茶店で待ち合わせする」というような目標を決めましょう。
自分一人ではないため、仲間意識もあるし、強制力が働いて習慣化しやすくなります。

また、「周囲に目標を宣言する」ということを行うと、目標を絶対に達成するんだという強制力が働いて習慣化しやすくなります。

新しい習慣を取り入れるためには、「まわりを巻き込む」ことが重要なのです。

習慣作りのコツ4:「ごほうび」と「バツ」を活用する

新しい習慣を達成したときに「ごほうび」と、達成しなかったときの「バツ」を活用しましょう。

たとえば、運動習慣を作るときに「3週間連続して運動できたら、欲しかったカバンを買おう」など「ごほうび」を決めます。すると、目標を達成するモチベーションが上がります。

また、反対に新しい習慣が出来なかったときに「バツ」を作ると、目標を絶対に達成しようとする強制力が働きます。

新しい習慣を取り入れるために、「ごほうび」と「バツ」を活用することが重要なのです。

習慣作りのコツ5:長期的な目標をもつ

なんといっても「新しい習慣」に対する目標をもつことが重要です。

何事も目標がないと、「なんでこんなことやっているのだろう?」などふと思ってしまい、ものごとを継続することが難しくなってしまいます。

たとえば、「体重を〇kg減らしてモテたい!」「体を引き締めて、夏に海へ行くときに良い体を披露したい!」「運動習慣を身につけて健康的に生きたい!」などの長期的な目標をもつことで、新しい習慣に対する意味を見出されモチベーションが上がるのです。

ただし、長期的な目標を持つだけでは、実際に新しい習慣を行うの難しいです。長期的な目標をもつとともに、「習慣作りのコツ1」で紹介したような日々おこなえるようなハードルを下げた「新しい習慣」を設定することが重要です。
日々の習慣の先に、目標の達成が来るようになるのが理想的です。

新しい習慣を取り入れるためには、「長期的な目標をもつ」ことが重要なのです。

まとめ

「習慣づくり」というものを身につけると、本当に人生が変わります。
健康に過ごすだけでなく、「ビジネス」「勉強」「スポーツ」などあらゆる場面で役に立ちます。

なにか成果を出したいときには、「習慣の力」を活用してみてがいかがでしょうか。
きっと、あなたの人生がより良いものに変わるでしょう。

このブログでは、健康的に過ごせるために、「食事」「運動」「睡眠」「嗜好品を控える」など身につけたい健康習慣についての情報をこれからも発信していきたいと思います。

是非とも、今回説明した「習慣作りのコツ」を活用して、健康習慣を手に入れましょう。

この記事によって「習慣作りのコツ」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です