イソフラボンを摂ろう【5つの効果】

結論ですが

「イソフラボン」をしっかりと摂るようにしましょう。

この記事は「健康について関心のある」人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「イソフラボンの効果」についてわかります。

日々の食事には気を付けたい!
健康のために食事が大事なのはわかる!!
どのような食事をすればいいのですか?

今回はこのような疑問にお答えします。

健康に過ごすためには、食事・栄養について考えることがとても大切です。
食事の内容によっては病気につながることがあります。

逆に食事を活用することによって、病気の予防をすることが出来たり、運動能力が上がったり、作業能力・集中力などが上がり生産性アップにつながることもあります。

「医食同源」という言葉がある通り、食事というものはとても重要なのです。

食事・栄養というテーマの中で、今回は「イソフラボンの効果」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た構造、似た作用をします。
  • イソフラボンは、「更年期症状を改善する」「骨粗しょう症を予防する」「コレステロールを改善する」「がんのリスクを下げる可能性がある」「美しい肌を作る」などの効果があります。
  • イソフラボンは、1日「40mg-50mg」を目標に摂取しましょう。

イソフラボンとは

「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た構造をしております。

「イソフラボン」は体内に摂取されると、腸内細菌によって「エクオール」という物質に変わり、腸から吸収されて、女性ホルモンと似たような働きをします。
加齢とともに「エストロゲン」が低下すると、「更年期障害」「骨粗しょう症」「脂質異常症」などが現れやすくなりますが、イソフラボンの摂取によって予防効果が期待されます。

では、イソフラボンの効果について順に説明していきます。

イソフラボンの効果1:更年期症状を改善する

イソフラボンを摂ることによって、更年期症状が改善します。

日本人の「閉経」の年齢は、平均で50歳であり、「閉経」の前後約5年間を「更年期」とよばれています。更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、多彩な「更年期症状」がおこります。
更年期症状は、「hot flush」(のぼせ、ほてり、発汗など)・手足の冷え・動悸などの「自律神経症状」。怒りやすい・抑うつ感・焦燥感・不眠など「精神神経症状」。腰痛・関節痛・肩こりなど「運動器症状」。吐き気・食欲不振など「消化器症状」。その他、疲労しやすい、頭痛、めまい、排尿障害、外陰部違和感、性交痛など様々あります。
イソフラボンを摂ることによって、これら「更年期症状」が改善する効果が期待できます。

イソフラボンの効果2:骨粗しょう症を予防する

イソフラボンを摂ることによって、骨粗しょう症の予防につながります。

骨は、「骨形成」と「骨吸収」によって常に新しく作り変えられています。女性ホルモンである「エストロゲン」の働きによって、「骨吸収」がおさえられ、「骨形成」と「骨吸収」のバランスを整えることで、骨を強くして「骨粗しょう症」を予防しています。
「イソフラボン」を摂ることによって、エストロゲンの働きをサポートされて、「骨粗しょう症」の予防につながるのです。

イソフラボンの効果3:コレステロールを改善する

イソフラボンを摂ることによって、血液中のコレステロールが改善します。

血液中には、「LDLコレステロール」(悪玉コレステロール)・HDLコレステロール(善玉コレステロール)などがあります。女性ホルモンである「エストロゲン」の働きによって、「悪玉コレステロール」を低下し、「善玉コレステロール」を増加する効果があります。
「イソフラボン」を摂ることによって、エストロゲンの働きをサポートされて、血液中のコレステロールが改善するのです。すると、「脂質代謝異常症」を予防し、心筋梗塞などの「心臓血管の病気」を防ぐことにつながります。

イソフラボンの効果4:がんのリスクを下げる可能性がある

イソフラボンを摂ることによって、がんのリスクを下げる可能性があります。

食事・栄養とがんに関する研究は様々おこなわれています。
「イソフラボン」にがんの予防効果の可能性があることが明らかになってきています。
とくに、男性であれば「前立腺がん」、女性であれば「子宮がん」「卵巣がん」「乳がん」などの発生率が低くなる可能性が示されております。
確定的ではないところもありますが、「イソフラボン」を摂ることによって、がんのリスクを下げる可能性があるのです。

イソフラボンの効果5:美しい肌を作る

イソフラボンを摂ることによって、美しい肌につながります。

女性ホルモンである「エストロゲン」の働きによって、肌の弾力を保つ「コラーゲン」が増えます。すると、肌のハリが保たれ、細胞の新陳代謝を高め、肌の生まれ変わりを促進し、保湿力を高め、若々しい美しい肌につながります。
「イソフラボン」を摂ることによって、エストロゲンの働きをサポートされて、美しい肌につながるのです。

イソフラボンをどの程度摂ればいいか?

イソフラボンの摂取量

イソフラボンの摂取量は1日「40mg-50mg」を目標にしましょう。
日本人のイソフラボンの1日平均摂取量は「20mg前後」と言われています。食の欧米化によって、大豆を摂る人が少なくなっているようです。
イソフラボンは不足しがちなので、意識して摂るようにしましょう。

イソフラボンを毎日摂取しましょう

「イソフラボン」は体内に摂取されると、腸内細菌によって「エクオール」という物質に変わり、女性ホルモンと似たような働きをします。
この「エクオール」をつくる腸内細菌をもつ日本人は「50%」と言われています。「エクオール」をつくる腸内細菌には食生活が関係しており、大豆をよく食べる人ほどエクオールを作れることが知られています。
とくに幼少期から大豆をよく食べる習慣がある人は、「エクオール」をつくる腸内細菌をもつ割合が多いようです。
「イソフラボン」を毎日摂取する習慣を作り、より効果を高めましょう。

イソフラボンを含む食事は?

イソフラボンは、大豆・大豆製品に含まれています。
食材と、イソフラボンの含有量は以下の通りです。

  • 大豆(煮豆) 50g:30mg
  • 納豆 1パック(50g) :65mg
  • 豆腐 1/2丁(110g):55mg
  • みそ おおさじ1(18g):7.2mg
  • きな粉 おおさじ1(18g):15.6mg

まとめ

  • イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た構造、似た作用をします。
  • イソフラボンは、「更年期症状を改善する」「骨粗しょう症を予防する」「コレステロールを改善する」「がんのリスクを下げる可能性がある」「美しい肌を作る」などの効果があります。
  • イソフラボンは、1日「40mg-50mg」を目標に摂取しましょう。

日本食の中心として活躍している「大豆」…
「納豆」「みそ」「豆腐」「きな粉」「しょうゆ」などなど
日本人にとって馴染みのある食材だらけです。

その大豆の中に含まれている「大豆イソフラボン」には、さまざまな健康効果があるのです。
世界的にも日本食が健康に良いとされ、健康志向の人々から注目されているのです。

近年の食事の欧米化などにより、「イソフラボン」の摂取量は減っています。
これを機会に日本食を見直し、意識的に「大豆」や「大豆製品」を摂るようにしてみてはいかがでしょう。

人生100年時代です。

年齢を重ねても、健康的に過ごせるように、「自分の体への投資」は怠らないようにしましょう。若い時から、自分の健康について考えておくことが大切です。

「食事や栄養」を意識して、いつまでも健康に笑顔で過ごせますように。

この記事によって「イソフラボンの効果」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です