飲泉について

結論ですが、

飲泉とは、病気を回復させる目的などで、温泉を飲むことです。

この記事は「健康的に過ごしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「飲泉」についてわかります。

飲泉ってなんですか?

このような疑問にお答えします。

普段、旅行などでつかる温泉ですが、じつは温泉を飲むこともあるのです。
あまり馴染みがないかとおもいますが「飲泉」として知られています。

たまに温泉街で蛇口から飲泉用の温泉が出ていたり
温泉の注ぎ口に専用のコップが置いてあるのを見たことがあるかもしれません…。

では、飲泉ってなんですか?

ということで、今回は「飲泉」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

飲泉とは

飲泉とは、病気を回復させる目的などで、温泉を飲むことです。

温泉の注ぎ口にコップや杓子が置いてあったり、温泉が出てくる専用の蛇口などがあって、飲泉ができるようにしている場所があります。

古く湯治においては、温泉に入るだけでなく、温泉を飲むことによって病気の回復効果を高めるという考え方がありました。

日本において、古く持統天皇の時代に、飲泉によって多くの病人を治療したとする記述が日本書紀に残されています。

また、海外、とくにヨーロッパにおいても、温泉医の処方によって飲泉が行われている国もあります。

飲泉の効果

飲泉によって、胃腸や肝臓などの局所に作用する効果と、温泉に漬かった時の全身への効果が期待できます。

また、温泉の成分によって以下のようなさまざまな効能が期待できます。

  • 塩化物泉:萎縮性胃炎、便秘
  • 炭酸水素塩泉:胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、糖尿病、痛風
  • 硫酸塩泉:胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘
  • 二酸化炭素泉:胃腸機能低下
  • 含鉄泉:鉄欠乏性貧血
  • 含ヨウ素泉:高コレステロール血症
  • 硫黄泉:糖尿病、高コレステロール血症

飲泉の方法と注意点

飲泉は、正しい方法で注意点を守って行いましょう。

飲泉は、専用の清潔なコップを使って、温泉を飲みます。
病気の回復を目的とした飲泉では、食事の前に、同じ時刻に、決まった量を飲むようにします。海外では、温泉医の処方で「朝食前に、〇〇温泉を、〇〇ml飲む」なんていう場合もあります。
そして、以下の注意点を守って飲泉するようにしましょう。

  1. 療養のために飲む場合は専門の医師の指導を受ける
  2. 飲泉の許可の出ている温泉を
  3. 清潔なコップなどを使う
  4. 適量を飲む(1回100-150ml、1日200-500ml程度)
  5. 15歳以下は原則、飲泉しない
  6. 成分が変化しやすいので、その場で飲泉する
  7. 禁忌症に注意する

まとめ

今回は、「飲泉」について説明しました。

普段つかることが多い温泉ですが、
たまには飲むことにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

その場合には、
清潔なコップを使用したり
必ず飲泉が可能かどうか確認したり
持病がある場合には、飲泉してもいいかなど確認したり
して安全に飲泉を行うようにしましょう。

この記事によって「飲泉」についてわかり、温泉を楽しむ人が一人でも増え、楽しく日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。