冬の健康管理のポイント【5つ】

結論ですが、

冬の健康管理として「寒さ対策」「乾燥対策」「冬の感染症」「冬季うつ病」「ヒートショック」などに注意しましょう。

この記事は「健康的に過ごしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬の健康管理のポイント」についてわかります。

冬も健康に過ごしたいですがどうすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

冬は寒いですね。ここ最近は一段と寒くなっています。

冬は冷たく乾燥した空気のため、ウイルスが活性化しやすい時期です。

冬も健康に過ごすために、冬になりやすい健康上のリスクを知っておく必要があります。

そして、適切に予防対策をすることで病気を未然に防ぐことができます。

では、冬の健康管理のポイントって何ですか?

ということで、今回は「冬の健康管理のポイント」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

冬の健康管理1:寒さ対策

冬の健康管理のポイントとして「寒さ対策」を意識しましょう。

寒いと、「低体温症」となって不調を来したり、ひどい場合だと「凍傷」を起こします。室内における温度変化が激しいと「ヒートショック」を起こす可能性もあります。

冬の寒さ対策として、「防寒着」を着用したり「温めるグッズ」を活用して温かい格好をしましょう。また、室内は「暖房器具」を活用して、「断熱の工夫」を行ったりして、とくに「お風呂・脱衣所・トイレ」など寒くなりがちな場所を温めましょう。

冬の健康管理2:乾燥対策

冬の健康管理のポイントとして「乾燥対策」を意識しましょう。

空気が乾燥すると、ウイルスが活発化して風邪を引きやすくなります。
また、気道粘膜にダメージを与え、のどの痛み・咳・鼻水などの症状を引き起こします。皮膚の表面にダメージを与え、乾燥肌など皮膚トラブルにつながります。
さらに、乾燥して脱水傾向となると、ドロドロ血液から「心筋梗塞」や「脳卒中」「血栓症」などの命を落としうる病気を引き起こすこともあります。

冬の乾燥は、体にさまざまな影響を及ぼすのです!

冬の乾燥対策として、加湿器・やかんの蒸気などを利用した「部屋の加湿」、スキンケアによる「肌の保湿」、十分な「水分摂取」、「マスク着用」による鼻・口・のどなどを保湿しましょう。

冬の健康管理3:冬の感染症

冬の健康管理のポイントとして「冬の感染症」に注意しましょう。

冬には、「風邪のウイルス」(季節性インフルエンザウイルスなど)「胃腸炎のウイルス」などウイルスによる感染症が流行ります。

冷たく乾燥した空気では「風邪のウイルス」が活性化します。
室内は、適切な温度・湿度を保つように意識しましょう。
さらに、適度な運動をおこない、しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事をこころがけて、免疫力をしっかりとつけて、感染症に負けない体作りをしましょう。

また、冬になると、ノロウイルス・ロタウイルスなど「胃腸炎のウイルス」による感染症に注意しましょう。
予防対策のため、取り扱う食品・食材はしっかりと十分加熱するようにしましょう。
さらに、外出から帰った後やトイレの後などのタイミングで「手洗い」や「手指消毒」を徹底しておこないましょう。
万が一、「おう吐・下痢」が発生した場合には、アルコール消毒ではなく、塩素系の消毒剤や熱湯を使って処理するようにしましょう。

冬の健康管理4:冬季うつ病

冬の健康管理のポイントとして「冬季うつ病」に注意しましょう。

冬季うつ病とは、「冬にうつ病になること」をいいます。
とくに日照時間が短くなる秋から冬にかけてみられることから「季節性うつ病」「冬季うつ病」(ウインター・ブルー)などとも呼ばれます。

冬季うつ病を予防するために、冬でも日があるときには「日光にあたる」、「栄養バランスの良い食事」をこころがける、「規則正しい生活リズム」、「適度な運動」をおこなう、「ストレスをためない」ことが重要です。

冬の健康管理5:ヒートショック

冬の健康管理のポイントとして「ヒートショック」に注意しましょう。

ヒートショックとは、「急激な温度差によってからだにダメージを受けること」をいいます。

ヒートショックでは、急激な温度変化によって、血圧が急激に上下して、心臓や血管の病気が引き起こされます。
とくに、冬場での浴槽でのヒートショックが代表的です。ヒートショックは、入浴中に亡くなる原因で最も多く、とくに65歳以上の高齢者は要注意です。

ヒートショックを予防するために、室内(とくに「お風呂・脱衣所・トイレ」など寒くなりがちな場所)は「暖房器具」を活用して温めましょう。また、「入浴」はぬるま湯でつかり、長湯は避けましょう。風呂から出るときはゆっくりと出るようにしましょう。さらに、「脱水予防」のため水分補給を意識するようにしましょう。

まとめ

今回は、「冬の健康管理のポイント」について説明しました。

冬は寒いです。空気は乾燥します。
そして、朝起きても外は暗かったり、日が落ちる時間が早かったりします。

冬は、生活のリズムが乱れやすく、雪や寒さで運動をするのがおっくうになる季節です。

しかし、冬こそ病気に負けないよう意識しましょう。
十分な睡眠を心がけ、生活のリズムを整え、適度な運動をおこない、栄養バランスのとれた食事を心がけるようにましょう。

冬も病気しらずに楽しく乗り切っていきたいものです。

この記事によって「冬の健康管理のポイント」についての理解が深まり、一人でも多くの人が、冬も快適に健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。