運動による健康への【9つの効果】

結論ですが

運動による健康への効果があります。

この記事は「健康を増進したい」人に向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「運動による健康への効果」についてわかります。

おそらく皆さんは、健康のために「適度な運動」「栄養バランスの良い食事」「規則正しい生活」が健康に良いということは、何回も耳にしていることと思います。
この中でも、適度な運動習慣がある人は少ないかと思います。

運動が健康に良いのはわかっているが…
仕事で忙しくて運動できない!
運動する時間がない!?

忙しい現代人は、運動習慣がない人が多いです。
運動が健康に良いとわかっていても、なかなか運動ができない人が多いのです。

なんとなく運動が健康に良いと思っている人が多いですが、その具体的な効果をみると実に様々な有益な効果があります。現代人に必要な効果がたくさん含まれています。
実際の運動の効果について知ると、運動をやりたくなってくるかと思います。

今回、「運動の健康への影響」について説明していきます。

この記事のまとめ

〈運動の健康効果〉

  1. 減量効果
  2. 生活習慣病予防
  3. メンタルの安定
  4. 骨の強化
  5. ロコモ予防
  6. 免疫力アップ
  7. がん予防
  8. 認知機能の向上
  9. 睡眠の質の向上

減量効果

運動によって、体重が減少する「減量効果」があります。

皆さんごぞんじのように、食事などによる「摂取カロリー」と、日常動作・運動などによる「消費カロリー」による差が体重として現れます。
運動によって、消費カロリーが増えると、減量効果が期待できます。さらに、運動をして筋肉量が増えると基礎代謝が上がって、より消費カロリーが増えることになります。
ダイエットに励む場合には、食事だけでなく運動を取り入れるようにしましょう。

生活習慣病予防

運動によって「生活習慣病の予防効果」があります。

糖尿病・高血圧・脂質代謝異常症などの生活習慣病は、食事・運動・生活様式などの生活習慣と密接に関わりがあります。適度な運動を行うことによって、血糖・血圧・脂質(血中のコレステロール)の値を改善させることができます。つまり、適度な運動によって「生活習慣病」を予防することが出来るのです。

メンタルの安定

運動によって「メンタルの安定」につながります。

具体的に言うと、適度な運動は「気分転換」になり、「ストレス解消効果」があり、気持ちを元気にしてくれます。運動習慣によって、「うつ病」「気分障害」などの病気をおさえることにつながります。さらに、運動によって脳への血流が上がり「集中力アップ」する効果もあり、作業効率が上がったりします。
運動によって「メンタルの安定」だけでなく、「日常の作業効率の向上」にもつながるのです。

骨の強化

運動によって「骨の強化」につながります。

適度な運動による「骨」に対する刺激によって、「骨」は強くなります。適度な運動習慣によって、「骨粗しょう症」を予防することにつながり、さらには「骨折予防」につながります。
運動によって、体を動かすと「骨」への刺激によって、「骨」が強化されるのです。

ロコモ予防

運動によって「ロコモティブシンドローム」が予防されます。

「ロコモティブシンドローム」とは、加齢などによって運動機能が低下して歩行困難などで介護が必要となるリスクが高まる状態のことです。
適度な運動によって、筋力・持久力などの身体機能の低下を防ぐことができます。さらに「筋肉」や「関節」の痛みを改善したり、血流が上がり「肩こり」「腰痛」などにも効果があります。
運動によって身体機能は維持され、「ロコモティブシンドローム」の予防につながるのです。

免疫力アップ

運動によって「免疫力アップ」します。

私たちの体には、ウイルスをはじめとした異物から体を守ってくれる「免疫機能」が備わっています。適度な運動をおこなうと、体の免疫細胞の働きが活発になり、免疫力がアップします。すると、ウイルス感染による風邪や、さまざまな感染症にかかりにくい体になります。
運動によって「免疫力アップ」をして、感染症にかかりにくい体になるのです。

がん予防

運動によって「がん予防」につながります。

適度な運動をおこなうと、体の免疫細胞の働きが活発になり、免疫力がアップします。すると、ウイルスなどの感染源を排除するだけでなく、「がん細胞」も排除してくれます。そのため、がん予防にもつながりますし、データとしても、運動習慣によって全般的にがんのリスクが低下することが知られています。
運動によって、免疫力が上がり、「がん予防」につながるのです。

認知機能の向上

運動によって「認知機能」が向上します。

適度な運動によって、脳への血流が良くなります。すると、「メンタルの安定」「日常の作業効率の向上」だけでなく、「認知機能の向上」する効果もあります。
すると、加齢などによって認知機能することを予防することができます。
運動によって「認知機能障害」を予防することにつながるのです。

睡眠の質の向上

運動によって「睡眠の質」が向上します。

日中の適度な運動によって、体への適度な疲労感が生じます。すると、夜睡眠しやすい状態になるとともに、睡眠の質も上がります。
さらに、睡眠の質が向上すると、日常の生活における作業効率は上がり、メンタル安定、免疫力アップなどさまざまな健康効果につながります。
「運動と睡眠の相乗効果」は健康増進にとって、とても重要になるのです。

まとめ

〈運動の健康効果〉

  1. 減量効果
  2. 生活習慣病予防
  3. メンタルの安定
  4. 骨の強化
  5. ロコモ予防
  6. 免疫力アップ
  7. がん予防
  8. 認知機能の向上
  9. 睡眠の質の向上

運動には本当に様々な効果があります。
忙しいビジネスマンの人で、

夜寝つきが悪い…
肩こりがひどい!
作業に集中できない!?

などで悩んでいる場合には、少しでもいいので運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。
適度な運動習慣が、現代人の処方箋になるはずです。
そして、将来の健康への投資にもなるので運動をやらない手はないです。

この記事によって「運動による健康への効果」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です