夏が旬の果物【5つ】

結論ですが、

夏が旬の果物には、「スイカ」「さくらんぼ」「マンゴー」「パイナップル」「ブルーベリー」などがあります。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「夏が旬の野菜」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

結論をいうと、「旬」の食材を選ぶといいでしょう。

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。

日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材には「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

では、夏が旬の果物って何ですか?

ということで、今回は「夏が旬の果物」について紹介していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

夏が旬の果物1:スイカ

夏の風物詩となっている通り「スイカ」の旬は夏です。

スイカは、そのほとんどが「水分」です。しかし、トマトに含まれる「リコピン」がスイカにも含まれており、シミ・シワ予防になり美容効果も期待できます。
「マンノシダーゼ」という糖質分解酵素もあるため、ダイエット効果につながります。
また、「カリウム」や「シトルリン」が含まれており、むくみ改善効果も期待できます。

夏が旬の果物2:さくらんぼ

「さくらんぼ」は、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器疾患に効果があることが知られ、古く「生薬」として使用されていました。

「さくらんぼ」は、栄養バランスが良く、糖質・ビタミンA・B・C、葉酸・リン・カリウム・鉄分などが含まれており、利尿作用がありむくみ改善効果、消炎作用、食欲不振、疲労回復効果などが期待できます。

夏が旬の果物3:マンゴー

「マンゴー」は、世界三大美果(マンゴスチン・チェリモヤ)の一つであり、その味わいは世界で愛されています。

「マンゴー」には、糖質・ベータカロテン・ビタミンB2・C・E、食物繊維・葉酸・カリウムなどが含まれています。カリウムによる利尿作用でむくみ改善効果、ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果などが期待できます。

夏が旬の果物4:パイナップル

「パイナップル」は、しっかりとした甘み・酸味、たっぷりの果汁や特有の香りが魅力的な果物です。原産地はブラジルです。

「パイナップル」には、鉄分・マグネシウム・カリウムなどのミネラル、糖質、ビタミンB1・C・食物繊維などが含まれています。
とくに夏の暑い時期に汗で失われるミネラル分を補給することができますし、カリウムによる利尿作用でむくみ改善効果、ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果、食物繊維による便通改善などの効果が期待できます。

夏が旬の果物5:ブルーベリー

「ブルーベリー」は、視力が良くなる果物として有名かと思います。

「ブルーベリー」には、ビタミンA・C・E、ミネラル、食物繊維、アントシアニンなどが含まれています。
とくに、「ビタミンA」が粘膜保護に役立っており、「アントシアニン」が視力回復効果があるのではないかと言われています。

ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果、食物繊維による便通改善などの効果が期待できます。

「ブルーベリー」は、そのまま食べても美味しいですが、ジャムなども良いです。

まとめ

今回は、「夏が旬の果物」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。
そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。
食事によって摂取されたものによって、われわれの体が出来上がるのです。

「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。
この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「夏が旬の果物」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。